2012.08.29 (Wed)

孔雀王 (85-9)

集英社「週刊ヤングジャンプ」(以下「YJ」)に連載された「孔雀王」(作者:荻野 真さん)。
120829-1.jpg
「YJの部数を伸ばした」と言われるほど当時の青年漫画で最高の人気を誇り、
88年から90年代初頭に掛けて映画、ゲーム、OVA化とメディアミックス展開されました

当時の管理人は親戚の家で何気なくYJを読んだ時に「幽姫」(ゆき)という
明らかに斉藤由貴さんをモデルにしたキャラが目に留まり、この作品にハマりました。
にほんブログ村 テレビブログへ人気ブログランキングへ

More・・・

管理人は84年に「少年漫画」にハマりましたが「エロ漫画」は読み飛ばしてました。
知識はありましたが「嫌悪感」を強く感じたんですね。「潔癖症」だったのかな…

「孔雀王」は裏高野・孔雀が退魔業をする基本的に一話完結の作品でした。
86年「ハレー彗星」(計都)接近により闇の密法集団・六道衆との長い戦いが始まります。
120829-2_convert_20120826222110.jpg
「倶摩羅」(クマラ)は「黄幡星」(羅睺、インド神話で日蝕や月蝕を起こす悪星)の子。
「幽姫」はその巫女として登場しますが、最後には妹になり兄に殺されてしまいます。
その後、世界の歴史&神話を舞台にした壮大なストーリを展開して大人気を得ました。

殺されてしまうのは正直言って腹が立ったんですが、非常に惹かれるモノを感じて
YJも立ち読みするようになり次第に「エロ(がある)漫画」もOKになりました。
(あんまりエロばっかり、バイオレンスばっかりの作品は好みませんでした)


80年代漫画にはアイドルが実名か、明らかにモデルにしたキャラで頻繁に登場しました。
斉藤さんがモデルと一目で分かる「ポニテでデカ目」キャラは特に多かったです。
120829-3.jpg

「優&魅衣」(84-7)第2巻に登場した「浅宮トキ」通称「スケパン刑事」
(AVで同タイトルの作品があることは知ってます。 観てみたいと思わないけどw)
右のページでそう名乗ってますが、左の犯人逮捕に失敗した後のページでは
「ノーパン刑事」wに進化しました。 どこかの待合室で見つけて「しょうもない」
と思いましたが、この巻だけ古本屋で探して¥100円で購入して所有しましたw


左はアニメ「ドテラマン」(86-7)第7話「かわいいアイドルにはツノがある!?」に
登場した「サイコーユ鬼」(声:水谷優子さん)。 アニメーターの後藤隆幸さんが
デザインされました(画像は何らかのアニメに”伝説アイドル”として登場した時のモノ)
120829-4.jpg
右は「サイレントメビウス」(88)の「彩弧 由貴」。 作者のペンネーム「麻宮騎亜」は
「麻宮サキ」からだそうです。 どちらの作者も斉藤さんの大ファンだそうです。

FCソフト「桃太郎電鉄」(88)などに登場する「ユキだるま」。
120829-5.jpg
イラストを担当された土居孝幸さんが斉藤さんの大ファン。
「ジャンプ放送局」(82-95)にアイドルのイラストをよく描かれました。

桃太郎と一定の距離を保とうとするので、ひたすら追い掛け回すプレイがあるようですw
管理人が(家庭用)テレビゲームにハマったのは、ずっと遅く95年からでした。


「孔雀王」は単行本を購入するくらい大好きでした。
第4巻で登場する本作のヒロイン「阿修羅」(12歳)は六道衆の「大聖歓喜天」
(象頭人身の神、ガネーシャ)の連れ去られて、掲載時には「犯されて」
しまったようですが、単行本では「無かった事」になりました。 よくある事ですw
120829-6.jpg
第7巻では「美童」の”触手”に精気を吸われそうになりましたが「寸止め」でした。
「ガツーン」と来るくらい物凄かったです! 読んだことがある方だけ分かってw

孔雀が呪禁道の王仁丸、黄家仙道の黄海峰と3人で行動すると更に面白くなります。

OVA「孔雀王2 幻影城」(89)でも阿修羅は触手に囚われてますが、エロくないです。
管理人の中では彼女は「エロい目に遭うヒロイン」として刷り込まれてますw


2作目の映画「孔雀王アシュラ伝説」(90)は日本と香港での共同制作。
ファイブイエロー早瀬恵子(現:成嶋涼)さんが三輪尼の一人「輪月尼」(右端)役でした。
(撮影時期は「仮面ノリダー」の”女ジョッカー”以後「ターボレンジャー」ゲスト出演前)
120829-7.jpg
「魔界の鬼」と戦って衣装が破れた後に自称”天才科学者”の口車に乗って、
120829-8.jpg
尼さんなのに”ハイレグ水着”を着てしまいますw 3人とも世間知らずでした。
(成嶋さんはユン・ピョウさんと憧れのジャッキー・チェンさんとお会いできたそうです)

「孔雀」役は阿部寛さん、「アシュラ」役はグロリア・イップさん。
120829-9.jpg
グロリアさんは「香港パラダイス」(90、主演:斉藤由貴さん)に1シーンだけ出演され、
斉藤さんと雑誌で対談されました。 管理人的には「幽姫&アシュラの2ショット」でした。

”バブル絶頂期”ならではの豪華なキャスティングが話題を呼びましたが、
個人的に見所は「水着シーン」だけw 緑の水着はロレッタ・リーさん。
(動画の後にアシュラが「戯鬼」に精気を吸われるシーンがありますが、全然エロくない)

「孔雀王 退魔聖伝」(90-2)の連載が終了すると管理人はYJを読まなくなり、
「少年ジャンプ」も93年頃から離れて行き「漫画熱」は冷めて行きました。
その頃には「アイドルをモデルにしたキャラ」は全然見かけなくなってましたね。

「オールナイトフジ・リターンズ」(94)に三井ゆりさんが出演された回。

三井さんは「スーパーサッカー」(94-02)のアシスタントをされたので当時から知ってます。
(マリノスユース(4人)VS「コモエスタ赤坂」(TBS、6人)のハンデフットサルの”賞品”にされ、
勝ったマリノスユースに「ゆりちゃんイタダキ!」と四肢を掴まれ仰向けに抱え上げられ
神輿の様にクラブハウスまで運ばれて、悲鳴を挙げてたことを強烈に覚えてますw)


調べたらANFが半年だけ復活してました。 「ヘアヌード」が話題に出てますが、
この頃は昼間の番組でも話題にされて、個人的に「日本は最近おかしい」と感じてました。
管理人的には「エロさ」なんて感じない「アイドル冬の時代」を象徴するモノです。


2005年から管理人の「漫画熱」は少し再燃しています。
単行本一気読みした作品の一つが「地獄先生ぬ〜べ〜」(93-9)
少年期の管理人が読んだら「エロOK」になったであろう漫画だと思いますw

「おやっ」と目に止まったのは#175「オーパーツ発見!」(第20巻)に登場した
120829-10.jpg

「広末涼子さんに似た古代人」 96年末~97年初頭掲載?

「大人気」と聞いていて「アイドル冬の時代が終わりつつあるのか?」と思いましたが、
当時の管理人は「別なモノ」にハマっていてテレビ復帰しませんでした。
当時ほとんど「一人勝ち」に近い状況だったようなので、広末さんをモデルにした
漫画、アニメ、ゲームキャラは非常に多かったのではないかと思います。

アニメ「地獄先生ぬ〜べ〜」(96-7)は残念ながらエロが抑えられてるようですね。

第27話「コギャルの危険なアルバイト!? 霊獣を操る美少女いずな」の一部。
イタコギャル「葉月いずな」は中学生で「葉月里緒菜」さんがモデル。

「霊媒師いずな」(07~)では女子高生になり青年誌でエロくなってますね。
少年時代に「ぬ~べ~」でエロに目覚めて、この作品にもハマってる方も多いのでわ!?
120829-11.jpg
「オースーパージャンプ」が10年に休刊、「スーパージャンプ」が11年に休刊と
2連続で掲載誌が休刊になり、現在「グランドジャンプ」に連載中です。
これ調べただけで現在の漫画雑誌の窮状ぶりが分かったような。。。

次回は管理人が95年からハマったモノ。
7~8月はけっこー飛ばし過ぎたので、少し続けて脱線記事になります。
でわ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 特撮ヒーロー - ジャンル : テレビ・ラジオ

00:00  |  アニメ

Comment

「優&魅衣」懐かしいです~!スケパン刑事の回は、私もよく憶えております。女性の足の指を数えて喜ぶ変質者の話でしたよね・・・。当時の(その後も?)月ジャンは、ちょっとHな面白い漫画が多く、密かに楽しみにしていたものです(笑)。

『地獄先生ぬ~べ~』は、初期の頃の単発の話が怖くて良かったですね。テケテケとか七人ミサキとか、未だに時々思い出します。ジャンプ漫画の宿命か、いつの間にかバトル(+お色気)路線になってしまいましたが・・・。

そういえば、こんな漫画にも斉藤さんが登場しておられますよ→ttp://blog.livedoor.jp/textsite/archives/50250944.html
すでにご存知でしたらスミマセン。
羽嶋 馨 |  2012.08.29(水) 23:06 | URL |  【編集】

お久しぶりです、羽嶋 馨さん

「月刊少年ジャンプ」もやはり親戚の家にあったのを読んだことがあります。
何かのエロ漫画に「内藤由貴」というモロなキャラが出てたのを見ましたが
放り投げてしまったのでタイトルは全然思い出せませんw

「優&魅衣」は「孔雀王」にハマったあとで見つけました。
”足の指を数えて喜ぶ”はギャグと分からず「そんな趣味の人が居るのか」
と間に受けてしまった記憶がありますw

「ぬ~べ~」はwikiを読むと色んなキャラにモデルが居たんですね。
80年代はモデルがはっきり分かる露骨なキャラ名だったモノです。

噂には聞いてましたが「夢の中へ」でゴジラを追い返す漫画はそれでしたか!
劇画調の斉藤さんは貴重ですw ありがとうございました。
でわ
珍来 |  2012.08.29(水) 23:40 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |