2012.09.02 (Sun)

スーパーロボット大戦F (97.9/25発売、セガサターン)

本作は「第4次スーパーロボット大戦(S)」をセガサターンに移植する初期案でしたが、
120902-1.jpg
当時セガがゲーム化権を持っていた「新世紀エヴァンゲリオン」(95-6)の追加により
新作として開発されました。 「トップをねらえ!」(88)と「伝説巨神イデオン」(80-1)も
120902-2.jpg
追加されたためボリュームが肥大化し、「F」の発売日は数回発売延期になった結果…


そして戦いの果てに残るモノは!?

その2作品は「スーパーロボット大戦F完結編」(98.4/23発売)からの参戦になりました。
にほんブログ村 テレビブログへ人気ブログランキングへ

More・・・

「セガサターン」(SS)と「プレイステーション」(PS)は共に94年末に発売され、
僅差の熱い戦いを繰り広げてたため各メディアから大々的に採り上げられました。
各業界の景気が大きく冷え込む中で、95年からゲームにハマった管理人は
「次世代ゲーム機戦争」の熱気を体感することが出来ました。

個人的に最も喜んだ「F」の情報は「主人公」(男性4名女性4名)に「声」が付くことでした。
「第4次S」(PS)の最大の不満は「主人公」に声が付かなかったことだったんですが…
120902-3.jpg
特に女性主人公はその鬱憤を晴らしてあまりある素晴らしいキャスティングでした!
(ミーナが「トップ」のノリコ。 リンが「エヴァ」のシンジ、パットがレイ、グレースがアスカ)
「本気度」がビシビシと伝わって来て、管理人は一日千秋の想いで「F」の発売を待ちました。

管理人は「エヴァ」を観てませんでしたが、大ブームを起こしてることは知ってました。

(「F」発売前に公開されたデモを含むゲームシナリオ「エヴァンゲリオン、始動」より)
「F」が発表されてからビデオを借りて観ましたが、初期メンバーが男性1名女性2名
なのは新しいと思いました。 他にも色々と楽しめましたが何より「問題」と感じたのは
第弐拾伍話「終わる世界」と最終話「世界の中心でアイを叫んだけもの」でした。

「意図的にトンデモ最終回にした」と感じられたので。

”打ち切りや話数短縮でやむを得ずそうなってしまって、その後人気を呼んだ”
作品が過去に少なからずあったので「最初からそれを狙ったのか?」と疑念を持ったのです。

放映初期から制作スケジュールが押していたのは事実らしいのですが、何にしろ
「決して賞賛出来る事ではない」が管理人の個人的感想です。
商業的に大成功したとしても、商売のやり方としては到底好きになれません。
(「そんなの関係ない、エヴァが好きだ!」という方はこんな意見は無視して下さい)


「F」は難易度が高いのはまだしも、非常にテンポが悪く「期待外れ」感が強かったです。
「修理」「補給」で経験値稼ぎシステムはLv.40でカウントストップしてしまいますし…
120902-4.jpg
(「スーパーロボット大戦外伝 魔装機神 THE LORD OF ELEMENTAL」
(SFC、96.3/23発売からのシステム、個人的に何周もプレイした「名作ソフト」です)


シナリオ「コロニーの反乱」より「オーグバリュー」(ゼブ)&「ビュードリファー」(セティ)撃破。

個人的には1ターン目からアスカの「挑発」を2機に掛けて、斜めに配置した
「ボスボロット」(ボス)&「リ・ガズィ」(バーニィ)(両者アーマー系強化パーツフル装備)の
両隣に誘導して「脱力」で気力を減らし「自爆」でHPを大幅に削ってから撃破しました。

「F]はほぼ1年後の98.12/10にPSに移植されました。 その頃にはSSは
市場の形成に失敗していて、セガは「後継機」を投入していたのです。


OVA「トップをねらえ!」(88、庵野秀明 初監督作品)。
「F」発売前にビデオを借りて観ました。「Wヒロイン」がパイロットなのは目新しかったです。

SF的にも面白いのですが、管理人的にはヒロインばかりに目が行ってしまいます。
「マシーン兵器」のパイロットが女性ばかりな事に対しては、
SF的な設定が無いらしいのですが、そこの所は別に問題は無いと思います。

土壇場で「F完」からの参戦になりましたが、精神コマンド(SP)「幸運」の効果を
それまでの「経験値&資金2倍」から「資金2倍」のみと大幅に弱体化させ、
「経験値2倍」の新SP「努力」が設けられるという大影響が出ました。

管理人はそれでも女性主人公で4個クリアデータを作って「F完」発売を待ったのです。
95年から「ケーブルテレビ」に加入して、過去のテレビ作品やスポーツ中継を
視聴することを始めたので、地上波のテレビ番組には益々疎くなってました。
でわ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : スーパーロボット大戦 - ジャンル : ゲーム

13:30  |  玩具、ゲーム

Comment

ゲームよりはエヴァについて

 テレビ版エヴァの終わり方は自分もなんか??って感じだったのは確かです。劇場版はなんか人同士の殺し合いになってすっきりしなかったし。
 今の新劇場版がどうなるか興味はありますね。少しハッピーならいいのにって思いますが無理かな・・・
 まあ前売り買ったりファンではあります。
 管理人さんはエヴァ映画には行かれないのでしょうか?
toshi |  2012.09.02(日) 21:38 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます、toshiさん

「新劇場版」の情報は知ってますが、観たいとは思ってません。
10年以上経っても、正直何と言って良いのか分からない作品です。

第弐拾四話までは良かったと思いますが、第弐拾伍話と最終話が
「意図的」であるならば、私の中では評価が付かない作品です。
そこに拘るのはファンの人達から見ればナンセンスなのかも知れませんね。
でわ
珍来 |  2012.09.02(日) 23:00 | URL |  【編集】

コメントは2回目になりますが、いつも楽しみさせていただいてます。
スパロボは全部やってきたのですが、ここは割愛でサターンについて
私もセガ派だったのでSEGA1000からDCまで買ってもらったり買いました。未だにSSのゲームはWiiで買いますよ、面白いですもの。DCについてはかいてたときに語りたいとおもいます。
トップをねらえは1の最終回と2の最終回が合致してたので感動覚えたのはおぼえてますね。
Flyhighに関してはエクセリオン艦長と副艦長バージョンが個人的にはすきですね~

長文で掻い摘みコメントで申し訳ないです
通りすがりの特撮好き |  2012.09.03(月) 10:35 | URL |  【編集】

お久しぶりです、通りすがりの特撮好き さん

私は「F完」を思ったよりプレイしなかったので、
スパロボ以外のセガならではのゲームを色々やりました。
その辺の事をあとの記事で書きたいと思います。
中古で「64」をやったら面白かったということは以前の記事で書きましたが、
その後しばらく離れて05年にいくつかやりましたが最近のは分かりません。

またドリキャスであるゲームにハマってそれからインターネットを始めました。
それ以前も研究室などでパソコンやネットはやってましたが
「家でやる必要は無い」と考えてました。

「トップをねらえは2」は未視聴です。
「1」が面白かったので観てみようかなと思います。
でわ
珍来 |  2012.09.03(月) 21:36 | URL |  【編集】

僕の場合は…

Fの新規参戦組(第4次から見て)では
"Gガンダム"一押しでしたね。
"MX"まで新生シャッフル同盟の声付きの登場が無かった
のは残念でしたが…

Fになってからの変更点では僕はやはりダンクーガの
"断空光牙剣"追加と後半でエルガイムMk-Ⅰにも
バスターランチャーが装備できる様になった事でしょうか。
あとマジンカイザー初登場というのもありましたが。

なお、個人的にはセガはサターンよりもむしろその1世代前の
メガCDにものすごく思い入れが有りました。

丁度竹本泉に興味があった時期で、選択肢でストーリーが変わる
コミックという触れ込みの「ゆみみみっくす」をどーしても
やってみたくなり本体共々買って結果、竹本泉と、当時
セガのイメージキャラを務めていた関係で主題歌を歌っていた
高橋由美子にもハマるキッカケになったので…あと"慶応遊撃隊"
なんかも好きでしたよ。

サターンのスパロボだったら個人的にはエヴァよりも
レイアースやサクラ大戦に参戦してもらいたかったですね。

ちなみに僕はエヴァは本放送時殆ど見てなかったので
どちらかというと後発のガオガイガーの方が好きですが。
堀川廉 |  2012.09.04(火) 00:12 | URL |  【編集】

お久しぶりです、堀川廉 さん

ゴッドフィンガーは切り払われなくて良かったですねw
ダンクーガは第4次での不遇ぶりがウソのように強くなってました。
バスターランチャーは「手加減」してイデを発動させるためにありましたね~。

「ゆみみみっくす」(93)が分からなくて調べました。
高橋由美子さんが「最後の正統派アイドル」と呼ばれてた頃のことも
そろそろ書こうかな… 近年「東宝芸能」に移籍されたことを知って驚きました。

実は「サクラ大戦」はⅠとⅡだけプレイしました。 
サターンならではの「ギャルゲー」「エロゲー」もやったので次回の記事で。

「ガオガイガー」ですか。その頃は仏ワールド杯関係しかテレビ観てませんでした。
でわ
珍来 |  2012.09.04(火) 23:48 | URL |  【編集】

何故、エヴァがキライなのか...。

今年の申し送り事項的な書き込みになります、以前の書き込みと重複するかもしれませんが私は『新世紀エヴァンゲリオン』自体はキライです、理由は最終回を見てキライになりました、リアルタイム時、私は高校3年生でした、『エヴァ』を見ていた同級生の友人から「『エヴァ』いいぞ!絶対に見た方が良い...。」と言われ話題合わせの為、視聴する事にしました、最後の使徒の渚カヲルの自決の話が終わりあと2話で最終回、いよいよ物語は核心に迫るのかと思いきやあの様な最終回でしたので深刻な印象だけが残ってしまい一気にキライになりました、『エヴァ』の最終回から2~3年、『エヴァ』現象が起きていましたがその時も私は断固として見直す気にはなれませんでした、『エヴァ』の最終回自体、『エヴァ』を絶対的に支持するファンの方も問題が存在する事を認める発言をしていたんですね、上記の私の高校の同級生の子もそうでした、『エヴァ』以降は『宇宙戦艦ヤマト』、『機動戦士ガンダム』クラスの人気を誇るアニメは2016年現在、生み出されていないですね、私が高校を卒業して社会人になって20年、新作アニメはチェックしていなかったので分かりませんが特撮ならある程度は分かりますので、来年は『宇宙戦隊キュウレンジャー』と言う主役メンバーが9人も登場すると言う戦隊史上前代未聞の展開をするみたいですのでチェックしなくてはいけないですね...。
あさばよしゆき |  2016.12.27(火) 17:12 | URL |  【編集】

「F」「完結編」の為に

「エヴァ」と「イデオン」のビデオを観ました。

「打ち切り」なら「トンデモ最終回」も仕方無いけど
「意図的に」は個人的には全く受け入れられないですね。
「スケジュールが…」は「ウソ臭い」としか思えない。
「最終回」の為に個人的には「評価無し」の作品です。
エヴァのファンの方から見ればナンセンスな意見でしょうけど。

「巨大ロボアニメ」に「エヴァ」以降大ヒット作が見当たらない
のは事実です。 「ガルパン」「まどマギ」クラスの作品も無いですね。
「戦闘美少女アニメ」の方も上記2作品以降大ヒット作が無いような。。。

「キュウレンジャー」のキャストは25日に発表されましたね。
・宇宙戦隊キュウレンジャーのキャスト5人が発表!
 人間じゃない残り4人?は着ぐるみw
 ttp://akkinews.net/archives/133507
昨年の例があるので待ち構えてましたw 出演者5人の動画を
探しましたが、ネタになりそうなモノが全くありません。
思いっきり雑談出来て良い、とも言えますw

「(正式に味方になる)本編初のグリーンヒロイン」と
「初の味方側の変身ピンクヒロイン」 …正確な定義が難しいw
に触れたら「宇宙ものヒーロー」「宇宙モチーフ集団ヒーロー」色々や
初の動物要素があるプリキュア」も採り上げたいと思います。
でわ
珍来 |  2016.12.27(火) 21:38 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |