2012.09.26 (Wed)

パーマン (67-8、83-5) その1

藤子・F・不二雄(96.9/23満62歳没)大先生原作の「パーマン」は2回アニメ化されました。
120926-1.jpg
(藤子不二雄Ⓐ大先生との共同ペンネーム「藤子不二雄」名義は(51年から)87年まで)
白黒「旧作」(67-8)では5人、カラー「新作」(83-5)では4人のパーマンが登場します。
120926-2.jpg

手と手 心と心 つないでみんなで飛ぼうよ~

原作漫画の「パーマンはつらいよ」は管理人にとって「初めて泣いた漫画」でした。
「ヒーローのジレンマ」が全て凝縮された名作中の名作です。
にほんブログ村 テレビブログへ人気ブログランキングへ

More・・・

原作漫画「パーマン」は66年から2年間連載され、83年から3年間再連載されました。
管理人が”ドラえもんマニア”の幼馴染の家で読んだ単行本は「旧作」でした。
(現在では様々な設定が変更された「新作」が一般的なので内容を併記します)

第1話で感じた事は「スーパーマン」(新作では「バードマン」)が示した
「(仲間以外に)パーマンであることが知られた場合のペナルティが厳し過ぎる」でした。
「脳細胞破壊銃でクルクルパー(廃人)にされる」(新作では「動物に変えられる」)で
「子供にそれはないだろ…」と漫画とは言えドン引きました。
(1号は小学5年生、3号は不明ですが1号と同じと思われます。 4号は小学6年生)

旧作アニメ第23話A「パーマン全員集合の巻」は1号・パーマン(須羽ミツ夫)の大ピンチ!
管理人は白黒版はこの動画が初見でした(海外向けの映像に日本語の音声を合成)。

非常に頼りになる4号・パーヤン(大山法善)の機転でマスクとマントを取り戻した後
「何故3人で『パータッチ』しないんだろ?」と不思議に思って調べましたが、
第23話B「時速は364キロの巻」でその”裏技”は発見されたようです。

「マント」の最高飛行速度は新作では時速119km、旧作では時速91kmですが、
複数のパーマンが連結すると、最高速度が2人では2倍、3人では4倍、4人では8倍
となる裏技が「パータッチ」(旧作では縦連結で呼称無し)です。
120926-11.jpg
新作で横連結になったのは「パー子の後ろに繋がるのはNGだから」だと思いますw

「マスク」は力を6600倍にして肉体を強化します。”正体を隠す”機能もあります。
「バッジ」は通信機。 酸素タンクでもあり水中や地中、宇宙でも活動可能になります。

 
管理人は新作アニメを観て「コピーロボットが欲しい!」という思いを新たにしましたw

「コピーロボット」は身代わりになり、その間の記憶を本人に引き継ぐ事が出来ます。
120926-2a.jpg

行くよ待ってて~ 友達になろう 他3種より断然欲しい!

以上4種の「パーマンセット」により「フツウの少年」が「超人見習い」になる事が出来ます。
120926-9.jpg

「スー」がスゥ~ッと消えて「パーマン」さ~♪

旧作漫画でもパー子の正体は暗に「アイドルの星野スミレ」と示されていて、
ミツ夫のクラスメート・沢田ミチ子(通称:みっちゃん)と鉢合わせすると猛烈に張り合う
変則的な三角関係になってました。「ラブコメを先駆け」してたと言えます。
(正体がアイドルのスーパーヒロインは星野スミレ・パー子が元祖だと思われます)

新作アニメと新作漫画は時代の流れに合わせたためかラブコメ色が強くなりました。
(今思えば、80年代初頭は時代が「スポ根」から「ラブコメ」に転換した雰囲気がありました)
120926-10.jpg
みっちゃんはミツ夫を友達としか思ってないけど、パーマン(1号)の大ファン!
ミツ夫はみっちゃんが好きだけど正体を明かせず、星野スミレの大ファン!
パー子は他のパーマンに正体を明かしてませんが、ミツ夫には思わせぶりな行動を取る
という大変ややこしい関係ですが、誰が悪いという訳でもありません。
管理人にとっては初めて抵抗感無く楽しめたラブコメ要素のある作品でした。

「みた! パー子の正体」では”記憶妨害性放射物質”を含んだクリームを顔に塗って…
120926-3a.jpg
1号と2号に正体を明かしますが、特別扱いされて普段通り接してもらえなくなりました。
(その後パーヤンを呼び出しましたが、ミツ夫はパー子の正体を説明出来ませんでした)

「こまった時にはハワイへいこう」でセクハラ発言したミツ夫を「ボカ」と殴るパー子w
120926-3b.jpg
パー子は他のパーマン達に「自分は星野スミレの友人」と伝えています。
「フツウではない少女」スミレはパー子になった時だけ精神的に「フツウの少女」に戻り、
ミツ夫と頻繁に口喧嘩したり、いきなり暴力を振るったりすることが出来るのです。

新作アニメの最終回「パー子の宝物ってなーんだ?」は視聴したことがありませんが、
パー子が非常に回りくどい方法でミツ夫に「愛の告白」をするという内容で、
最後まで自分が星野スミレであることをミツ夫に明かさなかったようです。
(アイドルブームだったので「星野スミレ」の出番を増やした事は大好評だったようです)


旧作アニメの最終回・54話A「パー子という名の女の子」では正体をミツ夫に明かしました。
管理人は「テレビ探偵団」でそのシーンがリクエストされた時に観た記憶があります。
そして54話B「パーマンよいつまでも」で原作漫画「パーマンはつらいよ」が使われました。
120926-4.jpg
ミツ夫はみっちゃんに「自分はパーマン(1号)の友人」と伝えてますが、
彼女には「居眠りばかりしてる」としか見られません。 ママと先生や周囲の人々も同様です。

彼は遂に不満が爆発してバードマンに訴えます!
 ①辛い事が多い ②完全に無報酬である ③自分自身は誰からも感謝されない
 ④夜間の仕事が多く、生活に支障が出る ⑤身近な人々に全く理解されない
更に補足すれば
 ⑥望まないのにパーマンにされた ⑦秘密がバレた場合のペナルティが厳し過ぎる 
 ⑧パーマンは強いが不死身ではない、大怪我どころか死ぬ可能性もある。
管理人はバードマンに反感を感じ「彼の言う事は尤もだ!」と思って読み進めましたが…

(幻のパーマン5号・パー坊(山田浩一、通称:コーちゃん、2歳)も登場しています)
ミツ夫は災害救助のためパーマンになり、バードマンに「何故」と問われて答えました。

分からない でも行かずには居られないんです

120926-6a.jpg

わけはあとで考えるよ 急がなくちゃ

管理人は「漫画を読んで涙が止まらない」という経験を初めてしました。
もしかすると「正義のヒーロー好き」を決定づけた作品かも知れません。


原作漫画の最終回「スーパー星への道」(新作では「バード星への道」)では地球から
4.3光年のケンタウルス座のプロキシマへ留学する最優秀パーマンに(パーヤンではなく)
ミツ夫が選ばれましたが、「パーマンはつらいよ」を読んでいたので納得出来ました。

しかし「ミツ夫が了解しても彼のパパ、ママが可哀想だ!」と疑問を感じました。
何も知らずコピーロボットを我が子として育て続ける… あまりにも酷過ぎると。
でも「超人見習い」から「超人」を育成して行かないと
「宇宙の平和を保てない」ということなのかも知れない と脳内補完しました。

新作アニメ終了後の86年に「パー子がミツ夫に正体を明かす」シーンが加筆されました。
120926-7.jpg

ありがとう!! 素敵なプレゼントだよ。

スミレは自分の気持ちに気付いてますが、ミツ夫には伝わらなかったと思われます。
でも彼が遠い星に旅立つ前に、その気持ちを告げる事は出来ないでしょう。


「星野スミレ」は「ドラえもん」に大人(20歳くらい?)になって再登場します。
初登場は「オールマイティパス」(てんとう虫コミックス15巻)で女優主体になってました。
2回目の「影とりプロジェクター」(同19巻、雑誌掲載は79年)では、のび太とドラえもんだけに…
120926-8.jpg

「遠い遠い国に居る好きな人」のことを打ち明けました。

最後に登場した「めだちライトで人気者」(同24巻、雑誌掲載は80年)で、
好きな人はミツ夫であり、彼はまだ地球に帰還していないことが明かされました。

おそらくスミレは何年か前にパーマンを勇退していると思われます。
ミツ夫は「超人」の一員となり、宇宙の平和を守るために働いているのでしょう。
その活動によって地球も護られているのかも知れません。 何にしろ…

「スミレはミツ夫と再会出来たか?」は”想像にお任せします”で完結しています。
でわ

P.S.
旧作漫画終了直後に発表された読切「帰ってきたパーマン」で一時的に帰還しています。

個人的妄想では「女優・星野スミレは超人・須羽ミツ夫と再会出来た」と思ってます。
非常に思い入れが強い作品なので、予定を変更して次回の記事は「その2」です。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アニメーション - ジャンル : テレビ・ラジオ

23:00  |  アニメ

Comment

いつも楽しくブログを拝見しています。
「パーマンはつらいよ」は私も大好きで
最後のページは、漫画史上に残すべき名シーンだと思います。

新作パーマンは、原作1話を劇場用アニメで消化してました
その際にバードマンが「マスクをかぶると拳銃の弾も跳ね返せる」と言っちゃうんですよ。
もちろん、原作にそんな台詞がありませんでした。
そこでF先生、てれびくんに連載してた新作描き下ろしで
バードマンに「あれは言い過ぎた。当たればケガするから気をつけなさい。」と言わせていて、笑いました。

ZM |  2012.09.27(木) 23:35 | URL |  【編集】

初めまして、ZMさん

コメントありがとうございます。
私は「新ドラ」世代ですが、実はドラより「パーマン」の方が好きだったりします。

拳銃の弾くらいはノーダメージじゃないと「やってられない」気がしますw
最高飛行速度も4人パータッチでマッハを超える時速153km以上は欲しい所です。
それなら2人パータッチして新幹線に勝てます!
その一方で「力は6,600倍」は多過ぎて「半人前」には加減が難しいと思います。
でわ
珍来 |  2012.09.28(金) 23:52 | URL |  【編集】

ご無沙汰しております。

パーマンは、小学生の時のカラーアニメ版を毎週みてました。
日曜朝9時半からの放送で、ドラえもんから続く藤子不二夫枠でしたっけ。

原作漫画も4巻だけ持ってまして、「パーマンはつらいよ」が収録されていました。

その他に、社六(しゃろく)君という名探偵を彷彿とさせるようなクラスメートから、ミツ夫がパーマンじゃないかと疑われる「悲しい勝利」という話も好きですね。

ミツ夫がパーマンと聞いて、カバ夫やサブは笑い飛ばしますが、社六君だけは「あれは正体を隠すための演技で、わざとドジなフリをしてるだけ」と突っ込み、「パーマンが出動している時はミツ夫も一緒にいるじゃないか」という突っ込みにも、「ひょっとしたら精巧なロボットかも知れない」と言って病院で診察させたり、新聞記者を呼んだりとかなりのやり手でした。

最後は、不良に絡まれたミツ夫がわざとパーマンに変身せずにボコボコにされて疑いを晴らし、スーパーマンに「よくやった。君は喧嘩に負けて実は勝ったのだ。」と言い、ミツ夫がぽつりと「悲しい勝利だなあ」とつぶやくラストで、印象的でした。

「パーマンはつらいよ」か「悲しい勝利」かは忘れましたが、ミツ夫がパーマンだと聞いたママが、「お願いだからギャングと戦って撃たれたらどうするの」と心配するシーンがあったと思います。

T-yoko |  2012.09.29(土) 13:23 | URL |  【編集】

お久しぶりです、T-yokoさん

月~土曜日18時45分-19時枠でしたが、
85年から毎週火曜日19枠に移動しました。 私は83年にはよく観ました。
第30話で「パーマンはつらいよ」を観られてので満足でしたね。

「お願いだからやめてギャングと戦って撃たれたらどうするの。」
という台詞は「悲しい勝利」にありますが、ママの言う事は尤もです。
そのお話でミツ夫は左掌を軽く火傷したので疑われました。
もうちょっと肉体の強度が向上しないと「やってられない」ですね。
でわ
珍来 |  2012.09.30(日) 01:58 | URL |  【編集】

こんにちは。

そう言えばそうでした。
「悲しい勝利」の冒頭で、火災現場で人を救助する時、燃え落ちてきた柱を思わず左手で支えて火傷したんでしたね。

アニメでは、銀行強盗か何かに至近距離から拳銃で胸を撃たれてしまったことがあると記憶してます。
ママの心配が的中した訳ですが、弾はバッジではね返って何とか無事だったと思います。

本場アメリカのスーパーマンなら、弾丸も弾き返す強靭さを持っていますが、そこはやはり「スーパーマンからスーを取った半人前」という事でしょうか。
T-yoko |  2012.09.30(日) 12:36 | URL |  【編集】

こんにちは、T-yokoさん

かなりピンチが多かったですよね。
水爆を宇宙に運んだり、某国の新爆弾の開発を阻止した後に
「パーマンはつらいよ」ですから、私はミツ夫に強く肩入れしたのです!
少人数なのに世界の平和を守ってる、頑張ってるな~ と思いましたw

USDマンは子供の頃に読まなくて本当に良かったです。
でわ
珍来 |  2012.09.30(日) 15:57 | URL |  【編集】

コピーロボットってドラえもんにも出ててのび太が
「パーマンも使ってる奴」って言ってますね。

80年代のパーマンの主題歌好きですねEDも含め
どうでも良いですがキテレツ大百科の初代OPの
「お嫁さんになってあげないぞ」が好きなんですよね
kivaxtuto |  2012.09.30(日) 17:16 | URL |  【編集】

お久しぶりです、kivaxtuto さん

ドラでコピーロボットが出てくるお話は読んだことがあります。
その台詞は言ってましたが、どんな内容か覚えてません。

テレ朝系の藤子アニメのOP&EDは強烈に印象に残ってます。
初のフジ系のキテレツは観てませんでしたが、森恵さんの動画を
探した時に色々観ました。 フジらしさが出てるような気がしましたね。

お勧めなのが、テレ朝で91-2年に放送された「21エモン」の1stED
「21世紀の恋人」歌:谷村有美さん
ttp://www.youtube.com/watch?v=7k_OS8kVUY0
観てませんでしたが「スゴく良いなぁ」と思いました。
でわ
珍来 |  2012.09.30(日) 21:42 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |