2012.10.17 (Wed)

サイクリング・ボム (中川翔子さんゲスト出演回)

生きる希望を失ったファルファ星人ヤーコ(幼体)のハートは、火の玉男・バンに触れて…
28-38-1a.jpg
アタイ生きてたって誰も信じられない…  アンタだってどうせ最後は
変身して自分だけ逃げちゃうんだろ?
  俺を信じろ!!
(変身アイテム「SPライセンス」は「スペシャル・ポリス・デカレンジャー」の”命”と言えるモノ)
28-38-1b.jpg

これを俺とお前の信頼の証として 熱く燃え上がりました。

彼は「時速20km以下になると爆発する自転車」から奇跡の生還を遂げた”ミラクルマン”
28-38-2a.jpg
視聴者のハートにも火が付くギザ神回、Episode.38「サイクリング・ボム」を紹介します。
にほんブログ村 テレビブログへ人気ブログランキングへ

More・・・

本作はダイナマン以降で採用された大河的ドラマ要素がほぼ無く、一話完結が主でした。
昭和刑事ドラマ的「やるせない」お話(筆頭は前話Episode.37「ハードボイルド・ライセンス」)
には”新鮮味”を感じました。 本作に限れば「敵組織」を廃したことは好判断でした。
(デンジマン以降は抑制された「一般市民殺害」が多く見られましたが、許容範囲でしょう)


アラドン星人ギャンジャバは”鍵開け能力”を持つヤーコに金庫破りを手伝わせてました。
悪事に耐えられなくなったヤーコは地球署に保護を申し出ますが、車酔いが酷かった…
(人間体と声を演じられたのはお馴染みの岡本美登さん(副官ブーバ、ドクター・アシュラ))
28-38-3.jpg
良い子だから金庫の鍵を開ける暗号を教えるんだ、ヤーコ

「民間人から自転車を借りる」宇宙警察官はバンくらいしか居ない気がするけど…
ヤーコの”鍵開け能力”が効かない装置を前カゴに仕込むなど実に手が込んでました。

自転車の後輪ギアには半径1km以内のモノが全て吹き飛ぶ強力な爆弾が仕込まれ、
以下の状態になると「警告」アナウンス後に起爆装置のスィッチが入ります。
 ①一度時速20km以上になり起動した後に速度がそれ以下になる。
 ②起動時と重量が変化する(変身不可) ③タイヤが地面から離れる(空輸不可)

どうすりゃいいんだよ~!? と絶叫してしまう死角の無さ。


ヤーコはバンの制止も聞かず「暗号」を教えますが、爆弾の解除はされませんでした。
彼女はギャンジャバを「おいちゃん」と呼び、心から慕っていましたが真実は…
28-38-4.jpg

俺がお前の両親を殺ったのさ!  そんな… 

そんなのウソだ! ウソに決まってる~!!


一縷の望みは仲間達がギャンジャバ本人を逮捕して爆弾を解除させること! 
通信の逆探知に成功し、隠し金庫は(言っちゃなんだけど頼りない)テツが見張ってるが、
ギャンジャバは”甲羅皮膚”を持つ上に「マッスルギア」を装着して、かなり手強い!!


山地(ポイント375?)に辿り着くと自暴自棄になったヤーコはバンに変身を勧めますが、
自分に”命”を預けて仲間達を信じ続けるバンの姿に瞳を潤ませハートを熱くします。
28-38-5.jpg
俺の仲間がギャンジャバを捕まえて絶対に爆弾を解除する
それまではこの脚が千切ようと俺はペダルを踏み続ける!


ギャンジャバが手を回したアーナロイド軍団を不屈の闘志で突破したものの、
バーツロイドのバーツショットを連続で浴びて、自転車は奈落の底へ落ちてしまいます。
突然ヤーコの体から光の塊が飛び出し、谷間を埋め尽くす爆炎からバンを救いました。
28-38-6.jpg

俺は死んだのか? ヤーコは救えなかったのか

「何言ってんだよw」 「だって天使が見える…」 「アタイはヤーコだよ!」

ファルファ星人はハートに火が付くと子供(幼体)から大人(飛行能力を持つ成体)になる。
28-38-7.jpg

アンタがアタイのハートに火を付けたのさ!

中川翔子さん(通称:しょこたん)は戦隊のオーディションに4度も落選されたそうです
(おそらく「ガオ」「ハリケン」「アバレ」「デカ」)。 次回の記事で出来る限り補足します。

本作では「超電子バイオマン」以来20年ぶりに巨大戦の敵が主に巨大ロボでした。
(複数のアリエナイザーが巨大化してますし、間の作品にも時々巨大ロボが登場しました)

逃がしゃしねぇぞ! ギャンジャバを追い詰めるバン&ヤーコ。

28-38-8.jpg

幼い子供の幸せを奪い、罪の片棒を担がせた上、

その命までも奪おうとするなんて…
 言語道断!!!

ヤーコは前に出てギャンジャバの「マッスルギア」を剥ぎ取り、過去と決別しました。

テメェ、育ててやった恩を忘れやがって!

28-38-9.jpg

うるさい!!! よくもアタイの母さんと父さんを

ヤーコに発砲された弾を胸で受け止めるバン。  ヤーコ下がってろ! うん

28-38-10.jpg

オメェの悪行三昧、許さねぇ!!!視聴者のハートも燃える!

28-38-11.jpg

ヤッター! ありがとうバン オイ… 抱きつかれて照れるバンw

<興醒めな指摘でスイマセン>
ギャンジャバの罪状は「三千以上の金庫を襲った強盗」と「ヤーコの両親殺害」ですが、
後者は本人の口述以外は物証がまだありません。 「自転車爆弾による(大量)殺人未遂」
を含めても「星をいくつ滅ぼした」よりは罪状がずっと軽いと言わざるを得ないでしょう。
「デリート許可✖」を出す「宇宙最高裁判所」については深く考えない方が良いですねw


ヤーコは誘拐&強要されたので罪は問われず、自立のため宇宙警察が協力するようです。
28-38-12.jpg
これからは自分の幸せのためにその能力を使ってくれよ!
バン、アタイあんたのこと忘れない! 当時19歳、ギザカワユス♪

「小ブタ」呼ばわりされて、バンのズボンのベルトを開けちゃいましたw
28-38-13.jpg
指の間からシッカリ観察は中川さんのアドリブだったそうです。 貪欲ですね~!

「宇宙の希少種・ファルファ星人」。 中川さんは戦隊とは色々と関わり深いかたです。
28-38-14.jpg

小ブタって言うな~! やはり表情と台詞に力がありますね。

管理人は95年から04年までTV離れしてましたが、このお話を視聴した頃(06年?)には…

中川さんは非常に個性的な活動をされて売れっ子になっていた記憶があります。
95年の”暗黒期”と比べれば「アイドル」に活気が出ているなと感じました。

ぴえろ魔法少女+ミンキーモモによる「魔法少女デカレンジャー」。


光の街の天使達に届け! 元気に走るシーンが実に合いますね。

中川さんは「魔法の天使クリィミーマミ」の大ファンと公言されていて、

「しょこたん☆かばー 〜アニソンに恋をして。〜」(07)で挿入曲「BIN・KANルージュ」を
カバーされています。 って、ファンの方には常識でしょうがw
次回は当たり前のモノしか用意出来ませんから、あまり期待しないで下さい。
でも中川さんのファンでデカレンジャー出演を知らない方って居るのかな?
でわ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 特撮ヒーロー - ジャンル : テレビ・ラジオ

22:00  |  28.特捜

Comment

中川翔子と言えば…

ブログ等で本人も公言しているようですが、子供の頃に
ファイブマンに出演した事があるとか。
まだ該当回を確認した事はありませんが…

なお、この回の本放送時はまだ中川翔子の事を知らず、
超力ロボガラットの声優をやってたアイドル、中川勝彦の
娘というのも後で知りました。
ちなみに「ファンロード」を読んでたため、中川勝彦と野村義男の名前は知ってましたが歌は全く
聴いたことはありません。
堀川廉 |  2012.10.17(水) 23:11 | URL |  【編集】

お久しぶりです

しょこたんの存在は戦隊fanの「大きなお友達」の希望ですね^^

絶対しょこたんは岡本さんと載寧さんと写メ撮っただろうな~って妄想しちゃいます^^www

(僕としては岡本さんは超獣戦隊のアシュラのイメージが強いです)

デカレンジャーは僕を戦隊fanに戻すきっかけになった作品なので思い入れはありますね~。まあ刑事モノだから一般での犠牲者も・・・ですかね(ホントは犠牲とか嫌いですけど><)

ではまた。

追伸、ゴーカイジャーで小説書いてます!!完成したら見てくださいm(--)m
とら |  2012.10.18(木) 01:07 | URL |  【編集】

しょこたんがヒロインを演じていたらって想像するのも面白いですね。
 今はアイドルがヒーローや特撮好きを公言しても白い目?で見られない時代になった感じがして隔世の感がありますね。
 まあまた変なマニアが事件を起こすようなことがあればまた一変するのかもしれませんが。
 宇宙最高裁判所がすぐジャッジするのはデカの中で一番気になるところでした。その実態もよく描かれていなくてホントに正義なのかな?なんて思うことがありましたね。
toshi |  2012.10.18(木) 06:22 | URL |  【編集】

こんばんわ、堀川廉さん

ファイブマン第42話「カンフー魂」に出演されてた
という情報はよく聞きますが、私は確認できませんでした。
画像を確認したという話も聞きません。

「超力ロボ ガラット」(84-5)は観てませんでした。
スパロボやるようになってから初めて存在を知りましたね。
「中川勝彦」氏の経歴を調べてみましたが、色々と驚いてます。
でわ
珍来 |  2012.10.18(木) 22:40 | URL |  【編集】

お久しぶりです、とら さん

「テメェ、育ててやった恩を忘れやがって!」のセリフには
「悪の美学」を感じます。 岡本美登さん素晴らしいですね!
アシュラはブッチーを葬った後、めぐみちゃんと対峙したシーンが印象的でした。

私はマジレンジャーで2度目の戦隊復帰しました。
デカは「今はどのくらいまで大丈夫?」ということにも留意して観ました。 
「やるせない話」も「一般市民死亡」もやろうと思えばいくらでも出来るんですよね。
そういうのが見たければ他を観るので、個人的には適度な範囲だったと思います。
でわ
珍来 |  2012.10.18(木) 22:52 | URL |  【編集】

毎度ありがとうございます、toshiさん

「テレビ探偵団」(86-92)で司会の山瀬まみさんを筆頭に、
ゲスト出演の富田靖子さん、西村知美さん、斉藤由貴さん、南野陽子さんらが
特撮&アニメの思い入れを披露されてましたが「白い目」では
見られてなかった気がします。 ただ「ドン引き」はされてたかも知れないw

「宇宙最高裁判所」については「それは聞くな」なんだと思います。
でわ
珍来 |  2012.10.18(木) 23:06 | URL |  【編集】

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2012.11.21(水) 01:21 |  |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |