2013.02.17 (Sun)

虎の穴は逃走迷路

デンジイエロー・黄山純に恋をした八百屋の娘・礼子を演じたのは、大山いずみ さん。
4-25-1.jpg
東映版「スパイダーマン」(78-9)でスパイダーマン・山城拓也の妹・新子を演じた方です。
4-25-2.jpg

礼子ちゃんが僕の事? わっ、どーしよ!

正義の味方は一般人と恋愛して良いのか? 第25話「虎の穴は逃走迷路」を紹介します。
にほんブログ村 テレビブログへ人気ブログランキングへ

More・・・

本作はシリーズ初の”民間戦隊”で、5人はアスレチィッククラブのインストラクターとして
子供達を含む多くの一般人と触れ合ってました。 しかし第1話で敵組織・ベーダー一族に
正体がバレてるので、多くの一般人が事件に巻き込まれてしまいました。

ヘドラー将軍を演じた香山浩介(現:藤堂新二)さんは東映版「スパイダーマン」(78-9)で
主演されました。 今回、妹の恋を支援、ではなくデンジイエロー抹殺のため利用します。
4-25-3.jpg

黄山純をその娘の虜(とりこ)にした上で…

女スパイ・ケラー様が”女占い師”に変装して礼子に接触しました。 似合い過ぎ!
4-25-4a.jpg
ミラー様やヘドラー将軍も変装を得意とされたようですが、いつも非常に目立ってましたw

「影分身キモ替えの術」で礼子はメダマラーの分身に憑依されて操られてしまいます。
4-25-5.jpg
本作は怪奇的な表現が多く、また一般人がいきなり殺害されるシーンも多かったです。


デートの待ち合わせ時刻を厳守した黄山は、垢抜けた礼子に拒否反応を示しました。
4-25-6.jpg

黄山君♪ さすが黄山君ね、時間に正確だわ

映画館で積極的に迫りましたが、黄山は礼子の虜(とりこ)になりませんでした。
(上映されてる映画はもしかしたら「トラック野郎」シリーズ(75~9)かも知れません)
4-25-7.jpg

映画館でバリバリお煎餅なんか食べるからよ

映画 「サタデー・ナイト・フィーバー」(77)が翌年日本で公開され大ヒットした事により、
70年代末は「(第1次)ディスコブーム」のピーク。 前作(BFJ)に影響を与えました。
4-25-8.jpg

いい加減にしてくれよ!!! 黄山激怒! 気持ちは分かる…

この時点では正体に気付いてないので、やや疑問の発言。。。 純粋な男なんでしょう。
4-25-9.jpg

そばに寄るな! 君は礼子ちゃんじゃない!!


黄山は礼子を保護してデンジランドに運びます。 実は将軍の第2の作戦にハマりました。
4-25-10.jpg

君は礼子ちゃんじゃない! じゃ誰なんだ?

メダマラーは礼子の瞳に潜り込み、アイシーでも彼女を助ける方法は無いと断言する。
4-25-11.jpg

礼子ちゃん、聞こえるかい? 僕だよ。

聞こえたら返事してくれよ! 頼む!!

黄山の熱い呼び掛けに微かに反応した礼子が涙を流し、メダマラーの分離に成功しました。

メダマラーは逃走を試みますが、経路を撹乱されデンジマンに敢え無く倒されました。
4-25-12.jpg

デンジランドには二重三重のガードシステムがあるのさ

事件の後、黄山と礼子の仲はほんの少し進展しました。 ハッピーエンドですが…
4-25-13.jpg
水を挿すような事を言えば、彼女を事件に巻き込んでしまった事を反省すべきでわ?

そのツッコミをすると「BFJ」「カーレンジャー」「メガレンジャー」を除くほとんどの戦隊は…

初期段階で敵に正体がバレてるので、一般人と接触する事が出来なくなってしまいます。

初期で何故バラすかと言うと ①正体暴き自体がパターン化してて毎年はやり辛い と
②「(変身前アクション→)変身→名乗り」をやり易くするため 
の2つの理由が考えられます。 「正体バレてるのに一般人と…」
というツッコミは②を見たい方はしてはいけないのです!  ただ例外はありました。。。


「光戦隊マスクマン」第7話「爆発!ケンタの愛」ではブラックマスク・ケンタに初めての
彼女(恋人)ミユキが現れますが、敵組織・地底帝国チューブに利用されてしまいました。

(冒頭、代々木公園前歩行者天国の「竹の子族」(80年頃ピーク)の映像があります)

「彼女を巻き込まないため、戦いが終わるまで会わない」
戦いが終わった後、縒りを戻せる可能性は低いです。 痩せ我慢かも知れないけど彼は
「正義のヒーローとして至高の結論」 に辿り着きました。

第39話「復活!謎のX1マスク」では最初の戦士に選ばれた飛鳥リョオが現れました。
彼は恋人の夕子をチューブに殺されてから行方不明になってました。
「女性一人救えない自分に地球など救えない」 と考えたのです。
初めて恋愛をメインテーマにした作品だったので、そういうキツイ所に踏み込んでました。

「正義の味方は自分の幸せを求めてはいけないのか!?」
という疑問が湧いて来ます。 次回「恋愛回のまとめ・昭和戦隊編」です。
でわ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 特撮ヒーロー - ジャンル : テレビ・ラジオ

00:00  |  04.電子

Comment

大山いずみさんと言う女優さん

このコーナーで取り上げられた大山いずみさんはスパイダーマンでは今回の電子戦隊デンジマンでヘドラー将軍を演じたスパイダーマンこと香山浩介さんの妹役を演じ、後続のバトルフィーバーJとゲスト出演されてましたね、うちの親父と一緒にスパイダーマンのDVDを見ていた時に親父がスパイダーマンの妹さん美人だねと言っていたんです、大山さんはスパイダーマンでは自己主張の強い妹役を、バトルフィーバーでは理知的なゲスト子役の姉役、今回のデンジマンでは内気な娘役を演じてましたね、大山さんは貴重な女優さんだったと思います、けどあまり活躍が聞けなかったのが惜しかったなと思います、スパイダーマンのDVD化に伴い雑誌やDVDの解説書では香山さん、アマゾネス役の賀川雪絵さんのインタビューはありましたが大山いずみさんはなかったので残念でしたね。
あさばよしゆき |  2013.03.02(土) 20:45 | URL |  【編集】

こんばんわ、あさばよしゆきさん

スパイダーマンの妹さんは何度か事件に巻き込まれたみたいですね。

BFJ第8話でゲスト出演されたそうですが、
弟役はガンバロンで主役を演じた方でした。 その辺は書籍で初めて知りましたね。
そのお話を観返した時に、私が気付いた事はそのお話で映った
「人間コピー装置」がJAKQの強化カプセルの流用だった事ですw

大山いずみさんはデンジマン第25話以降の芸能活動は確認出来ないようです。
でわ
珍来 |  2013.03.03(日) 02:36 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |