2013.04.07 (Sun)

歴代戦隊の正義の味方になった切っ掛け (その1)

第1話「4カード!!切り札はJAKQ」でサイボーグ化手術をする鯨井大助(ジョーカー)。
2-1-2a.jpg
東 竜(ダイヤジャック、手前)はスカウトに応じ、カレン水木(ハートクイン、中央)は本人が志願
しましたが、大地文太(クロバーキング・奥)は本人の意志を確認したシーンは無しでした。
2-1-2b.jpg

来てくれたのか 桜井五郎(スペードエース)は何故スカウトに応じたのか?

「秘密戦隊ゴレンジャー」(01.秘密)から「鳥人戦隊ジェットマン」(15.鳥人)までの
「正義の味方になった切っ掛け」をざっくばらんにまとめてみます。
(切っ掛けは様々なので「一覧表」にはまとめられず「羅列」になってしまいました)
にほんブログ村 テレビブログへ人気ブログランキングへ

More・・・

01.秘密:国際秘密防衛機構イーグル日本ブロックの「選抜」(2代目キレンジャー含む)。
「軍人戦隊」が最もリアル気味で、戦隊の「王道」と言えると思います。

「とっくに捨てたこの命、緑の地球を守るため」
を承知の上で「自分の意志」で決めた事なので、最初から「自分の幸せ」は二の次です。

第1話でイーグル関東、九州、北海道、関西支部の生き残りが「スナック ゴン」に集合。
1-1-1a.jpg

火を点けて困るランプは何だ? (答え:トランプ)

初対面でなぞなぞを出す明日香w 東北支部の生き残り新命さんはキザに待ってました。
1-1-2.jpg
「明日香は鳩にエサをやってて助かった」事を御存知の方は多いでしょうけど、
「ざっくばらんにまとめる」つもりなので細かい事にはあまり触れないようにします。


02.JAKQ:国際科学特捜隊日本支部長官・鯨井が桜井と東をスカウト、カレンは自ら志願。
元国際科学特捜隊員・大地を死亡した状態から(本人の意志を確認せず?)蘇生させた。
ビッグワン・番場壮吉は「ジョーカーの置き土産さ」(初登場第23話)と自称したが詳細不明。
2-1-1.jpg
女刑事時代のカレンさん。 麻薬組織の摘発後、クライムの報復で父と両腕を失いました。

桜井と東が一度はスカウトを断ったのに何故応じたのか不明です。 また大地が
「サイボーグとして生まれ変わった事」をどう思っているのか劇中では一切語られません。

第1話「4カード!!切り札はJAKQ」。 一部の書籍には桜井が
「サイボーグ化手術を受けたのはカレンへの愛があった」
趣旨の記述がありますが正直「ハァ?」です。 それを聞いたら「人々のためじゃないの!?」
と幻滅してしまう視聴者は多いかも知れません。 「分かり難い」感は否めないですね。


03.BFJ:国防省とFBIの選抜、2代目ミスアメリカと2代目バトルコサックは志願。
初期3作はいずれも「公的戦隊」でした。 次作が初めての「民間戦隊」でしたね。

04.電子:デンジ犬アイシーのスカウト(デンジ星人の「子孫」を見分けた?)。
第2話であきらさんが「テニス世界チャンピオンの夢」のためデンジマンを拒みました。
4-2-1.jpg
でも「選択の余地は無かった」です。 4人ではベーダーに勝てずに侵略されてしまうので、
そうなったら「夢」は絶対に叶わないですから事実上「拒否出来ない」のです。

05.太陽:特殊軍隊・地球平和守備隊の選抜(2代目バルイーグルを含む)。

06.大:未来科学研究所(民間団体)のコンピュータによる民間からの選抜。
07.科学:科学者・夢野久太郎による民間からの選抜。
上記2作は集められた5人が「やってくれるね?」「ハイ!」のノリで即座に了解しました。
「命懸けで人類のために戦う」事について「危険だから…」と拒否した人は
戦隊史上居ないです。 「全くの正論」であるにも関わらず、挽回不能なほどに
視聴者に対するイメージが悪くなってしまうからだと思われます。

08.超電子:500年前バイオロボにバイオ粒子を浴びせられた5人の若者の「子孫」。
「血統」は説得力がありますが”本人の意志と関係無い”所が可哀想ですね。

第1話から第2話に掛けて小泉ミカが「夢」のため拒みましたが説得されました。
8-2-1.jpg

兄が愛したアフリカの大自然が撮りたいの

彼女は第10話「さよならイエロー」で殉職したので第11話「新戦士ジュン登場」で
バイオ粒子を濃く引き継いだ6人目・2代目イエローフォー矢吹ジュンが登場しました。

09.電撃:地球守備隊日本支部の5人が地球に選ばれ「アースフォース」を浴びた。
言わば「地球によるスカウト」ですが、5人は未熟で”学園ドラマ”的要素がありました。

10.超新星:20年前に「改造実験帝国メス」に攫われフラッシュ星人に保護された
地球人5人が再びメスが地球侵略を計画している事を察知して「自分達の意志」で結成。

11.光:光戦隊の指揮官・姿 三十郎によるスカウト(X1マスク・飛鳥リョオを含む)。
11-49-12.jpg

君達だってタケルと同じ立場なら行ってしまうだろう

初めて「恋愛」をメインにした作品ですが「敵との共存」まで昇華出来なかったので、
タケルが「リーダーの責任を果たさなかった」ように見えてしまいました。 難しかったです。

12.超獣:星博士の遺志により「生きとし生けるものを守る」ため「自分達の意志」で結成。
ブラックバイソン・矢野鉄也 グリーンサイ・相川純一はレッドファルコン・勇介の

今こそ5人で戦うべき という提案に賛同して参加。

「やや高い年齢層」向けの「大河ドラマ性」はライブマンでピークに達しました。


13.高速:幼い頃「妖精(シーロン)の光」を浴びた5人の高校生が謎の声に導かれた。
番外編の第1話「頼むぞ!ターボレンジャー」では先輩の10大戦隊(BFJ以降)に
13-1-1.jpg

暴魔百族はターボレンジャーに任せて下さい

と力強く宣言したためか「正義の味方」になった事に疑問を抱くメンバーは居ませんでした。 

14.地球:星川兄弟が来るべきゾーンの襲撃から地球を守るため「自分達の意志」で結成。
「正義の味方」になる切っ掛けは「自分の意志」とそうでない場合の2種類に大別出来ます。 

上記2作は「初の高校生戦隊」「初の兄弟戦隊」でしたが「新規低年齢層獲得」
のためと思われます。 しかし次作ではその流れに反し、大きな”賭け”に出ました。

15.鳥人:小田切長官にスカウトされた天堂竜は”バードニックウェーブ”を浴びた。
15-1-1.jpg
その直後、裏次元伯爵ラディゲに強襲され、竜の恋人・藍リエは行方不明になりました。
奥のスカイフォーサー・ジェットマン候補生(女性1人男性2人)はその時に死亡したようです。

民間人4人が自分の意志と関係無く”バードニックウェーブ”を浴びたため、長官と竜は
鹿鳴館香と大石雷太を説得。 第1話で初期メンバーが揃わなかったのはシリーズ初!
「玩具売上」的にはマイナスに成りかねませんが「結城凱」のキャラに賭けたのです。

第2話「第三の戦士」で早坂アコは香と雷太に説得されますが、凱は拒否しました。
(アコちゃんはその際に戦隊史上初の”タブー”をやったので、今後の記事で触れます)
15-2-1.jpg

俺は一人、だからこそ自由だ。 不良気質の自由人。

「無理は承知のお願い」をやめて「地球が危ないんだぞ!」と掴みかかる竜。
15-2-2.jpg

個人的感情なんて問題じゃないだろ!?

第3話「五つの力!」で凱はバイラムに襲撃され、竜に助けられた”借り”が出来たので…

ジェットマンに加入しますが、その後も竜とは「戦士だって人間だ!」と対立しました。
(バイラムの侵略を許せば「自由」は無くなるので、やはり「拒否出来ない」と言えます)

以下も自分の意志とは関係無く「正義の味方」になった凱だからこそ言えるセリフです。

俺は地球の平和より、惚れた女の方が大切だ

第22話「爆発する恋」より
自分の意志でなったのなら「絶対に言って欲しくないセリフ」ですが、
逆に言えば彼にこのセリフを言わせるために貴重な第1話から第3話を使ったのです。

この”賭け”が失敗していれば「スーパー戦隊シリーズ」は終わっていたと思いますが、
「やや高い年齢層」と「新規低年齢層」からも支持されて成功したようです。

16.恐竜 以降の「正義の味方になった切っ掛け」についてもいずれ。
でわ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 特撮ヒーロー - ジャンル : テレビ・ラジオ

14:00  |  データバンク

Comment

ジェットマンを書いた井上さんがメインライターを務めた平成ライダーの
アギト、555、キバではいずれも主人公は自ら望んでなった訳ではなく
555の巧はファイズに変身出来なかった真理に「物は試し」と
無理矢理ベルトをつけられて変身するというものでしたね~

アギトのサブライダーの1人ギルス(涼)は望まない力を手に入れた事で
恩師や恋人から避けられるようになり

555のサブライダーの1人デルタ(三原)は気弱な性格から
戦う事を当初は拒み続けてましたね
kivaxtuto |  2013.04.07(日) 17:23 | URL |  【編集】

こんばんわ、kivaxtuto さん 

視聴者層の世代交代にちょっと遅れて
ジェットマンからスタッフの世代交代があったみたいです。

ライダーは昭和&平成ともに「自分の意志ではない」例が多いでしょうね。
でわ
珍来 |  2013.04.07(日) 20:48 | URL |  【編集】

ちなみに意外と知られてない小ネタですが、

井上俊樹がメインライターを務めた作品にはかなりの頻度で
"リョウ"or"リュウ"と"カオリ"or"カオル"という名前の
キャラが登場しています。マスクマンのX1マスクの回も
井上脚本でしたね。おそらく「シティーハンター」に関係あると
思うのですが…

あと、ジャッカーについての記事があったら是非とも書きたい
事が二つほどあったので、ここで述べたいと思います。

一つはトランプモチーフのジャッカーに於いて、"ビッグワン"は
一体何のカードだったのか?という事ですが、割と最近になって
唐突に気が付きました。ジャッカーの行動隊長という事で
それまでの司令官のジョーカーにも匹敵する権限を持っている者。

ジョーカーの元になったのはタロットの大アルカナカード
ナンバー0の"The fool(愚者)"のカードでした。それと
並ぶもの…つまり"大"アルカナカードの"1"番だから
「ビッグワン」なのでは?と。そう考えると番場壮吉が"マジシャン"
の格好をしている理由も納得です。(大アルカナカードのナンバー1
は"The magician(魔術師)")。

二つ目は一部の書籍などで言われている説として、実は
ビッグワンだけはサイボーグではなく、強化スーツの力だけで
戦っていたというのがあります。実は僕もその説を推しています。
それならビッグワンが加わった後も主題歌が変わらなかった理由
になるからです。(w)

なお、恐らく次回の記事で取り上げるでしょうが、カーレンジャー
の場合、コメディーになっているが故に逆に普通の一般市民
が急にヒーローになってしまった時の反応としてはリアルな物
になっていると思いました。

それにザンボット3やオーレンジャー等でも判るとおり、
軽い冗談やお遊びの感覚で襲い掛かってくる敵というのは
見るからに"侵略者"という敵よりも却って恐ろしいと思います。

ちなみに、脚本家としては浦沢義雄は井上俊樹の師匠筋にあたる
らしく、かなり影響を受けている様です。

堀川廉 |  2013.04.08(月) 00:51 | URL |  【編集】

こんばんわ、堀川廉 さん

井上敏樹さんはアニメ「シティハンター」(87)と「2」(88)の
脚本を数本担当されてますが、思い入れの程は分かりません。

ビッグワンについては不明な事が多いですね。 タロットカードは。。。
そうそうエースの「貴方もサイボーグなんですか?」の問いに
「ジョーカーの置き土産さ」としか答えなかった事は本文で触れました。
「サイボーグではない」としたら、初期4人がより可哀想になりますね。

ネタバレですが「中編」は正義の味方最大のタブーの一つ
「報酬」についても触れます。 アコちゃんとカーレンは初登場でしましたが、
その間に強烈に「お金の話」をブチかました戦隊があるので採り上げます。

その前に「お話紹介」の予定ですが、その作品の侵略者は
「地球人なんて眼中に無い」だったので、あまり怖くなかったかも知れません。
でわ
珍来 |  2013.04.08(月) 21:39 | URL |  【編集】

主にジャッカーについて

どうもお久しぶりです。
どうして桜井がサイボーグになろうと思ったのかはクライムの非道な行いを見たからってのが理由なんでしょうがちょっと唐突ですよね。
他の戦隊が強化服なのにジャッカーだけサイボーグなのもどうも今見ても浮いてますね。確かジャックは雑誌で2年契約って読んだ気がしますがその後は元に戻してもらう気でいたんでしょうかね。
当時の雑誌だとビックワンは4人のエネルギーを持ったサイボーグだという設定だったと思います。自分は今もサイボーグだと思ってます。V3かもしれないし 笑。
ジェットマンもバードニックウエーブを浴びたからということで常人と違う力を得たと言えばジャッカーに近いかもしれませんね。
toshi |  2013.05.14(火) 20:26 | URL |  【編集】

お久しぶりです、toshiさん

「正義の味方になった切っ掛け」は以前から採り上げたかったテーマでした。

桜井は「クライムの非道が許せない」が決意した理由でしょうね。
東は「国家権力で無罪放免になるのでその気になった」に見えなくもないです(汗)。
2年契約も何も、元に戻れるとは思えないんですけど…
大地に至っては制作意図も本人が何を考えてるかも、さっぱり分かりません。
番場氏はサイボーグだと思いたいですね。。。

「浴びた」系はアメコミに多いですね。
最終回の3年後の問題シーンは「バードニックウエーブ」の
効果が切れていたと言われてますね。
でわ
珍来 |  2013.05.14(火) 22:43 | URL |  【編集】

お久しぶりです

個人的な話をして申し訳ありませんが私が昭和の戦隊や宇宙刑事にこだわる理由については自分自身にコンプレックスみたいなものがあり同年代の子や年下など、彼らが戦隊や平成ライダーで主役級のキャラクターを演じたりするのを見てひがみ意識みたいな物があったからです、だから自分より10歳以上離れた年上の役者さんが主役級のキャラクターを演じる機会のあった昭和の戦隊や宇宙刑事シリーズにこだわっていた訳です、前にも話しましたが平成の戦隊や平成ライダーが作品として駄目と言う訳ではないんですね、作品の内容も技術も昭和の戦隊や宇宙刑事よりも進歩していると思いますし、今の40代後半や50代前半の中学生、高校生の子供を持つ母親は今の戦隊や平成ライダーはつまらない、昭和の方が良かったと知人からそんな話を聞いた事がありますが結局は見ている人の主観なんですね、私はどうなのかと言いますと平成ライダーは仮面ライダークウガを第1話から見ていて仕事の関係で途中で見なくなってしまいましたが、戦隊は超獣戦隊ライブマンを最後に見なくなりましたが海賊戦隊ゴーカイジャーを第1話から見てハマりまして続く特命戦隊ゴーバスターズも全話視聴しました、鳥人戦隊ジェットマンは世間の評価でDVDをレンタルして全話視聴しました、平成のライダーは見なくなりましたが平成の戦隊はちょくちょく見ています、さてこの記事の本題についてコメントさせて頂きますが戦隊にしろライダーにしろ戦う理由が20世紀の日本とアメリカの戦争みたいに強制的に戦わなければいけないケースと自分の意思で戦う決意をした者もいます、戦隊の場合は対象年齢が低年齢層と言う事もあって仮面ライダーみたいに強制的に戦わされるのとは違い自分の意思で戦う決意を固めたと言うケースが多いですね、長くなりましたが前者の私が昭和の戦隊にこだわる理由を管理人さんと本音の部分で語りたかった部分があったのと後者の戦隊になった者が戦う決意を固めた動機については現実的に考えれば戦争をやっている訳ですからああいった話になってしまいました。
あさばよしゆき |  2013.08.07(水) 15:14 | URL |  【編集】

こんばんわ、あさばよしゆき さん 

私は出演者が自分より年上か年下かには拘ってないですね。
昭和とか平成とかにも拘ってません。
正直どういうレスをしたら良いか分かりません。

「自分の意思で決めた」が王道なら
「自分の意思と関係無く」は覇道かな、と思いますね。
でわ
珍来 |  2013.08.07(水) 23:08 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |