2013.05.12 (Sun)

歴代戦隊の正義の味方になった切っ掛け (その3)

第21話「6番目の新戦士!」でシリーズ唯一の「会話出来る自律型巨大ロボ」が登場!
23-21-1.jpg

ヨロシク! 唯一の「等身大になれない人間態を持たない追加戦士」でもあります。

ゴーゴーファイブに憧れる速瀬京子さんが世界(モンド)博士の研究をサポートして完成。
23-21-2.jpg

君以外に適任者は居ない! ハイッ! 「6人目」?


「もし大きな"力"を持ったらどうするか?」 の答えと
「救急戦隊ゴーゴーファイブ」(23.救急)から「魔法戦隊マジレンジャー」(29.魔法)までの
「正義の味方になった切っ掛け」をざっくばらんにまとめてみます。
にほんブログ村 テレビブログへ人気ブログランキングへ

More・・・

子供の頃「もし大きな"力"を持ったらどうするか?」と誰でも考えた事があるでしょう。
もうちょっと具体的に言えば以下の2つです。 管理人の答えは決まってましたね。

 A「もし超人的な力を持ったらどうするか?」

 B「もし大金持ちになったらどうするか?」

Aの答えは ①「(正体を隠して)世の中のために役立てたい」 ヒーロー好きなのでw
Bの答えは ②「一生働かない(世の中の役に立ちたいとは特に思わない)」 でした。

BはAと比べて可能性があるので答えは現実的でしたw 非常に巨大な”力”の場合は
③「世界征服」 も考えられますが、もし可能でもしたいとは思わないですね。
「正義の味方」「悪の支配者」どちらを選ぶか? だけの違いかも知れません。
②「世の中なんてどうでもいい、自分のためだけに使う」なんて選択は出来ないかな。。。


「サンダーバード」(Thunderbirds)は65年にイギリスで制作放映された人形劇。

日本でも66年に初放映され大人気。 管理人は幼い頃に特集番組で初めて知りましたが、

「大富豪の父が設立、5人の息子が隊員」

と聞いて「大金持ちなのに、どうしてそんな事をするの!?」と強い疑問を感じました。
その一点だけで、管理人的には「有り得ないと思った特撮番組第1号」になったのです!
「(子供向けの)人形劇ではなく(大人向けの)映画だ」と絶賛されたリアル度が高い作品で、 
日本の特撮とアニメに多大な影響を与えたでしょうが、管理人は語れるほど詳しくないですw

<追加>「(5人)兄弟集団ヒーロー」(「サンダーバード」(65)が世界初かどうか不明)繋がりMAD
「人命こそが全てに優先される」旨の信条を強く持つ所も共通してます。

日本限定でも「トリプルファイター」(72)「バトルホーク」(76-7)は「兄弟戦隊(男男女)」的でした


23.救急:グランドクロスによる大災厄を予見した巽 モンド博士が、5人の子供達の勤務先
(全員人命を救う職業)に独断で「退職願い」を提出(法的には無効)して任命した。

巽(タツミ)家は江戸時代以来の火消しの名家で、大天才・モンド博士誕生以前から
大金持ちだったのかも知れません。 そのワリに生活ぶりが質素なのは視聴者に
「親しみ易さを持たせるため」でしょうが、家族全員「贅沢に興味が無い」のかも。

「ジュウレンジャー」以来恒例の「6人目」が居ない事を父・モンド博士は断言しました。


ゴーゴーファイブに「6人目」など必要無い。

リアル気味な作品なのでライナーボーイは等身大に成れず、ストーリに絡めませんでした。
管理人的には「タイトルがファイブだから」「当初からの予定」とは到底思えないですね。
「濃い巽家にどうやって他人を入れるか?」をよく考えてなくて失敗した、としか思えません。

スーパー戦隊Vシネマ「救急戦隊ゴーゴーファイブ 激突!新たなる超戦士」(99)で…
090826-2a.jpg
速瀬京子(演:宮村優子さん)は「ジークジェンヌ」に変身! 鬱憤を晴らすように活躍しました。
(「パワーレンジャー・ライトスピード・レスキュー」では「タイタニアムレンジャー」が登場します)


24.未来:現代人・浅見竜也は、30世紀の時間保護局新人隊員4人(タイムピンク・ユウリ
はインターシティ警察・マフィア担当捜査官)と遭遇し、クロノチェンジャーを起動させるため
タイムレッドになる。 その後、彼らを誘って便利屋「トゥモローリサーチ」を開業した。

竜也は「浅見グループ」の御曹司ですが、生まれ付き与えられた ”力” を拒絶しました。
「財政難」に苦しむシーンが多い ”貧乏戦隊” で、年末には「倒産」の危機を迎えますが…
24-45-a1.jpg
タイムファイヤー・滝沢直人が援助してくれました。 彼は竜也を激しくライバル視して、
「ブイコマンダー」という大き過ぎる”力”を得たために、破滅に突き進んでしまいました。

25.百獣:大地の精霊 「パワーアニマル」に選ばれたネオ・シャーマンの戦士。
ガオシルバー・大神月麿はガオレンジャーにより「千年の邪気」から解放された先代戦士。
25-45-a1.jpg
意識が無いとは言え、敵対してしまった自責の念から打ち解けるまで時間が掛かりました。
生活費の出処は不明。 「ガオズロック」「天空島・アニマリウム」に財宝があるのかも?

26.忍風:忍者集団・疾風流と迅雷流は「宇宙忍群ジャカンジャ」の襲撃を受け、難を逃れた
「落ちこぼれ3人組」と「霞兄弟」は「ハリケンジャー」「ゴウライジャー」の後継者になった。
26-7-1a.jpg
父・一鬼が探し求めた「アレ」を得るために、霞兄弟はジャカンジャと手を結ぼうとしましたが…
26-7-2a.jpg
父が”力”に狂っていた事を知って離脱。 自責の念を感じながらもハリケンジャーと共闘する。
終盤で地球を救うため、命を投げ出してハリケンジャーを先に行かせましたが生還しました。

鷹介が派遣社員、七海ちゃんが演歌歌手、吼太が訪問介護士、霞兄弟は工事現場で
「働く」シーンが頻繁に観られました(シノビマシンの維持費は他に財源があるのでしょう)。
天空忍者シュリケンジャーは、疾風流と迅雷流を統べる御前様・覚羅による任命。

27.爆竜:「ダイノアース」(異世界)の竜人・アスカは「邪命体エヴォリアン」の侵略から
「アナザーアース」(地球)を守るため「ダイノガッツ」を強く持つ人間達に呼びかけた。
27-27-11.jpg
駆け付けた5人中3人が変身に成功。 彼らは喫茶店「恐竜や」で共同生活を始める。
(アバレブルー・三条幸人は「自己満足の慈善事業はしない!」と当初拒否しましたが、
アスカが「払います4億!」と出来ない約束をした事で「その目に賭けてみる」と承諾しました)


その時、駆け付けた仲代壬琴は「ダイノマインダー」を入手し強大な”力”を手に入れ、
27-18-1a.jpg

楽しいゲームさ 「アバレキラー」を名乗り、アバレンジャーと敵対しました。

天才のため両親に疎まれ、友達が出来ない少年時代を過ごした彼は強大な”力”で
①~③でもなく ④「自分もろとも人類を滅ぼす」 事を目指しました。
「4番目の選択」があったワケですが、凡人の管理人は理解したくもないですね。

終盤で自分が「デズモゾーリャの邪命因子」を宿しているため人生が歪んだ事を知り、
エヴォリアンと決別。 アバレンジャーと束の間の共闘をした後、死亡しました。
(長期間敵対していた追加戦士は「仮面ライダー龍騎」(02-3)の影響説があります)

28.特捜:宇宙警察の警察学校を卒業して「地球署」に配属された宇宙警察官。
礼紋茉莉花は「サイコメトリー能力」のため、両親に捨てられ友達も出来なかったが…
28-8-1a.jpg
ドギー・クルーガー(ボス)との出会いで、その能力を生かすため宇宙警察官を志した。
「望まない力」が有っても不幸とは限らない、幸せになる方法は探せると思います。

デカブレイク・姶良鉄幹は幼少期にスペキオン星人ジェニオに両親を殺害され、
宇宙警察に保護された。「特別指定凶悪犯罪対策捜査官」(特キョウ)の捜査官になる。
28-22-1a.jpg
階級は地球署の宇宙警察官達よりも上ですが、何故か”後輩キャラ”になりました。
警察組織では有り得ないですが「必要ないリアル」は描かない方が良いですね。
(「デリート」は”死刑”で「宇宙最高裁判所」は”コンピュータ”なんて考えてはいけませんw)

「ジュウレンジャー」以来「追加戦士」がストーリ上で大きな役割を担ってましたが、
「デカレンジャー」は敵組織が登場せず、追加戦士出現後も一話完結が維持されました。
ガッカリした人も多い反面、個人エピソードが多くなった事を歓迎した人も多いようです。


29.魔法:地上人・深雪は小津勇(天空聖者ブレイジェル)と結婚して5人の子供を産んだ。
勇は地上と家族を守るため「地底冥府インフェルシア」と戦い、行方不明になってしまう。

15年後「インフェルシア」復活を機に、深雪は自分が魔法使いだと子供達に明かして
「マージフォン」を与えた後、「魔導騎士ウルザード」との戦いで行方不明になった。

小津家の家計は長男・蒔人が「アニキ農場」の収入で支えてるので、Stage13では…

母親代りの次女・麗ちゃんが大奮闘! 管理人は本放送で個人的に「神回認定」しました。
妥当な「父の遺産で暮らしてる」にしてしまうと、こういうお話は出来なくなってしまいますねw

「天空勇者マジシャイン」(天空聖者サンジェル・ヒカル)は師・ブレイジェルと共に戦い
裏切り者・天空聖者ライジェル(魔導神官メーミィ)と対決して、封印の魔法で相討ちになり
「カエル」にされてましたが、Stage20で”青の魔法使い”(麗ちゃん)のキスで元に戻り、
「魔法の家庭教師」を名乗りました。 濃い小津兄弟には当初歓迎されませんでしたが…
29-20-1a.jpg
父の弟子なので「魔法を教えてもらえる」と「父の話を聞ける」で、すぐ受け入れらえました。

終盤で母と父が復帰し、ヒカルが麗ちゃんと結婚して小津家の一員となった事で…
090921-2.jpg
「兄弟戦隊」は「家族戦隊」へと昇華しました。 管理人的には「ゴーゴーファイブ」以来の
「兄弟戦隊に追加戦士を入れる方法は?」に明快な答えが出されたように感じます。

次回は「魔法戦隊」の前に「魔女戦隊」が登場した女児向けアニメシリーズを採り上げます。

「(大き過ぎる)力には代償が伴う」 思想が見られました。

30.冒険 以降の「正義の味方になった切っ掛け」はその後で。
でわ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 特撮ヒーロー - ジャンル : テレビ・ラジオ

00:00  |  データバンク

Comment

ゴーゴーファイブは追加戦士の予定はあったが
家族の絆の為に廃止したようですね。
ライナーロボは最終決戦でAIこそ無事だった為、死んではいませんでしたが
体は破壊されてしまいましたが、VSの時はどうしていたのですかねぇ~

直人は竜也の事を「浅見」と呼び
アヤセは「滝沢」と呼ぶなど
リアル感がありましたね。

テツは最終回で正式に地球所配属となり銀バッジになりましたね。
(VSでは特キョウとの兼任が認められ金バッジに戻りましたが)
kivaxtuto |  2013.05.12(日) 18:48 | URL |  【編集】

こんばんわ、kivaxtuto さん

京子さんのキャラも濃いので、どうにもならなくなった感じですね。
視聴者へのフェイントのため、宮村さんをキャスティングするとは思えません。
ミントの方はAIが残ってないかも知れませんね。
ベイエリア55と運命を共にして、VSタイムで復元されませんでした。。。

滝沢直人は敵にはならないけど、竜也達と距離を保っていて良かったですね。
和解して生き残る案もあったらしいのですが、全然想像が付かないです。

テツのバッチってそういう事になりましたっけ?
「階級は無かった事にされた」と認識したので記憶にないですw
でも「誰も喜ばないリアル」の追求より「楽しめるウソ」の方が良いです。

私は「デリート許可」にストレスを感じて、ウツになってしまうでしょうから、
あの世界の宇宙警察官は絶対に務まらないと思います。
でわ
珍来 |  2013.05.12(日) 20:43 | URL |  【編集】

実は(その2)の時から述べようと思ってたのですが…

どうまとめるべきか悩んだのであえて何も言わず、自分のブログで
紹介するのみに留めました。(http://sky.ap.teacup.com/renxsiva/)

が、改めて今回一言。一度「必殺シリーズ」を観る事をお奨めします。
時代劇の世界も無償で悪人を懲らすヒーローは多いですが、それらは
水戸黄門や暴れん坊将軍等の様にいわゆる"体制側"が主人公の話が
ほとんどです。単純に権力者側なら法を気にせず敵を殺せるという
制作の都合ではありますが。

しかし必殺シリーズは第2作"必殺仕置人"のOPナレーションに
「のさばる悪を何とする 天の裁きは待ってはおれぬ、この世の
正義も当てにはならぬ 闇に裁いて仕置する。」とある様に
元々既存の時代劇のみならず、前作である"仕掛人"に対しての
アンチテーゼでもあり、それまで時代劇の世界でも比較的
タブー視されていた"金をもらって悪を葬る"という行為を
メインテーマで扱っている訳ですが、それ故に逆説的に
端金でも許せぬ悪に対する恨みがこもっていれば仕事を受ける
という仕置人達の潔白さを見せる事につながっています。

実際、悪党の方が大金をチラつかせても一旦受け取ると
見せかけて刺したりして容赦ないですから。

中には裏稼業の元締が自ら被害者に代わって仕事料を出したり、
異色作「うらごろし」の様に悪人に殺された被害者の魂に自分の
超人的な肉体を貸すことで直接自らの復讐を果たさせるため、
金を受け取る必要がないという作品もありますが、概ね
このシリーズは悪党に蹂躙される被害者の恨みがこもった金銭を
もらって復讐を引き受けるというスタンスです。

ここで重要なのはヒーローが報酬を受け取る事ではなく、
被害者の方も裏稼業に依頼し、金を払う事で共犯になってしまうと
いう事と、それが唯一何の力も持たない弱者の一般市民が悪党に
せめて一矢報いる手段となっているという事でしょう。

また、金の問題が絡むことでよりドラマとしての深みが増している
という側面はありますね。僕なんかは小学生頃伯母と一緒に
必殺シリーズを観ていたため、逆に無報酬で戦うヒーロー物には
偽善的な物を感じてあまり好きになれなかったと思います。
正確にはあまりにも聖人君子すぎて敬遠してしまうというか…

その点、仮面ライダーの方は意外とシビアで、クウガ以降の
新世紀ライダーになってからは特に顕著ですが、
"職業・仮面ライダー"の「ブレイド」や支援組織がしっかり
している「響鬼」や「カブト」、探偵として仕事を請けて報酬も
もらってる「W」もいましたし、「オーズ」には1億円の資金を
貯めるために報酬をもらって戦っていた"仮面ライダーバース"
というのもいました。

(ちなみにバース=伊達さんが大金を欲しがる理由は医者として
かつていた途上国に大きな病院を作りたいからという…)

この理由でもやはりヒーローが報酬を受け取る事には反対でしょうか?
あっ伊達さんといえばタイガーマスク(初代・アニメ)も自分が育った
孤児院を救うためにファイトマネーを受け取ってましたね。

ともあれ、諸々一度観てみる事をお奨めします。






堀川廉 |  2013.05.12(日) 23:02 | URL |  【編集】

こんばんわ、堀川廉さん

私は「必殺シリーズ」をほとんど観た事がないです。
「時代劇」「刑事ドラマ」は戦隊に多くの影響を与えてるでしょうが、
知識が乏しいですね。 コメントの内容についてもピンと来ない事が多いです。
「水戸黄門」については少々思い出があるので、いずれ記事にする予定です。
現在の所、観たいモノがあって。。。

私はスーパーヒーロー&ヒロインが報酬をもらう事について
必ずしも反対ではないですよ。 「もらうシーン」はあまり観たくないですけどねw
でわ
珍来 |  2013.05.13(月) 00:00 | URL |  【編集】

追悼、長石多可男監督。

このコーナーでは救急戦隊ゴーゴーファイブを取り扱っていましたので言わせて頂きますが今年の3月末に電撃戦隊チェンジマン~地球戦隊ファイブマン、超力戦隊オーレンジャー、電磁戦隊メガレンジャー~ゴーゴーファイブ、侍戦隊シンケンジャー、天装戦隊ゴセイジャーで監督を務めた長石多可男監督が亡くなられました、心よりご冥福をお祈りします、光戦隊マスクマンのDVDの最終巻のインタビューで東條昭平監督だったのはマスクマンのメイン監督の長石監督が体調不良だった為だったと思います、マスクマンの5人は役者を辞めていたためスタッフインタビューとなりましたが長石監督はゴセイジャーの頃から体調不良だったと東映の白倉伸一郎プロデューサーが仰ってましたのでゴセイジャーは2010年に放映されましたので、マスクマンのDVDは2011年発売でしたからサブ監督の東條監督のインタビューになったのだと思います、戦隊シリーズの映像革命を起こした方でしたから平成仮面ライダーシリーズでも活躍されてましたから貴重な方がまた亡くなり1つの時代が終わった感じがしました、ごめんなさい、このコーナーでは不適切な話をしてしまいまして、けど私自身言いたい事でもありましたので言わせて頂きました。
あさばよしゆき |  2013.05.14(火) 19:29 | URL |  【編集】

お久しぶりです、あさばよしゆき さん 

長石監督がお亡くなりになった事はネットのニュースで知ってました。
ttp://www.sanspo.com/geino/news/20130403/oth13040319060021-n1.html
記事で触れませんでしたが、触れ難い流れになってましたね(汗)。

個人的に最終回が納得行かなかった戦隊は
第2位「マスクマン」、第1位「オーレンジャー」です。
長石監督がオーレンジャーの最終回を担当されたんですね…
「オーレンジャーの主役はガンマジン」という旨の発言をされていたとか。。。
業績を上げればキリが無い偉大な方ですが、あれだけはどうしても納得行きません。
でわ
珍来 |  2013.05.14(火) 20:44 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |