2013.05.19 (Sun)

おジャ魔女どれみシリーズ (99~03)

「おジャ魔女どれみシリーズ」(以下「どれみ」)は4年間も地上波で放送された超人気アニメ。
120519-1a.jpg
「おジャ魔女どれみ」(99-00、第1期)第42話「おジャ魔女・正義の戦い!?」で登場した

「おジャ魔女戦隊マジョレンジャー」は「3人戦隊」でしたが、

その後3人の仲間が加わり「おジャ魔女どれみドッカ~ン!」(02-3、第4期)第24話 
120519-2a.jpg
「愛よ正義よ! 私たちマジョレンジャー!」のアヴァンタイトルでは「6人戦隊」になりました。

使った者には大いなる禍いが降り掛かる 「禁断の魔法」(禁呪) について。
にほんブログ村 テレビブログへ人気ブログランキングへ

More・・・

「おジャ魔女どれみ」は東映アニメーションが「とんがり帽子のメモル」(84-5)以来…

15年ぶりに制作した「魔法少女」アニメです(「メモル」は日曜8時台後半東映アニメ第1作)。
「魔法少女」が廃れた理由としてよく挙げられたのは「男女雇用機会均等法」改正(85)により
「少女が夢を叶えるために魔法は必要なくなった」説でした。


「ざっくばらんなテレビ朝日系関東地方、年度別の放送スケジュール表(99~)」。
戦隊ライダーどれみ
「燃えろ!!ロボコン」は石ノ森章太郎(98年満60歳没)大先生のほぼ一周忌に放送開始され、
「がんばれ!!ロボコン」(74-7、旧作)を観た世代とその子供世代の両方から支持された事が
「(平成)仮面ライダーシリーズ」開始の礎になりました。 その成功の大きな要因として…

「仮面ライダーは改造人間、悲しみを背負っている」 ”縛り”が
原作者がお亡くなりになったために無くなり、自由度が大幅に増した事が挙げられます。

(多くの場合、望まないで得た)大きな力で人間(社会)を愛するが故に正義のために戦う。
しかし、どんなに愛しても戦っても、決して人間には戻れない
 が ”悲しみ” の一例です。
(逆に人間(社会)を憎悪して、その支配または破壊のために力を使う悪の選択もあります)

そういう重過ぎる宿命は現在では受け入れられないかも知れません。 しかし近年でも
「(大き過ぎる)力には代償が伴う」 思想は多くの作品で見られます。


自称「世界一不幸な美少女」の小学3年生・春風どれみは、マジョリカを”魔女”と見破って
「魔女ガエル」にしてしまい、その”呪い”を解くため「魔女見習い」(おジャ魔女)になりました。
120519-1.jpg
幼馴染でお嬢様育ちの藤原はづき、浪花っ子の転校生・妹尾あいこ(4歳で両親が離婚)は、
どれみが魔法を使う所を見たため、同様にマジョリカの弟子になり「MAHO堂」に所属します。

更に、どれみの妹・春風ぽっぷ(4歳)は3人が魔法を使う所を見たため、第25話から
4人目の弟子になりましたが、レギュラーメンバーからは一歩下がった扱いでした。
120519-3.jpg

ピンクとお呼び! どれみは劇中劇「機動戦隊バトルレンジャー」の大ファン。

「どれみ」も嘗て「魔法少女」アニメを観た親世代と、その子供世代の両方から支持され…

シリーズ化されました。 2,000年以降「男児向け特撮2本、女児向けアニメ1本」態勢で、
「親子二代で観てもらえる共に戦う仲間」が出来た事は戦隊にとって心強い事でした。


イギリスの世界的ベストセラー小説「ハリー・ポッターシリーズ」(97~07、全7巻)の影響で
日本の「魔法少女」アニメは復活したのかも知れません。 同小説世界での”禁呪”は…

「許されざる呪文」 (1,717年に人間に対して使用することが禁じられた3呪文)。 
 ①「服従の呪い」 インぺリオ(Imperio、服従せよ):相手を意のままに操る呪文
 ②「磔の呪い」 クルーシオ(Crucio、苦しめ):相手に死に勝る苦しみを与える呪文
 ③「死の呪い」 アバダ・ケダブラ(Avada Kedavra、息絶えよ):相手を一瞬で殺す呪文

どれも恐ろしい内容ですが、違反した者はそれに相応しい以下の処罰を受けます。
・「アズカバン(Azkaban、北海の孤島にある”吸魂鬼”の群れが看守の刑務所)」で終身刑。


「どれみ」世界での禁呪は判明してるだけで、以下の2系統あります。
 A.怪我や病気を治す、または死者を生き返させる 
 B.人の気持ちを変える、または記憶を消す
第1期第18話で、はづきが「親友を思う故にウサギの怪我を治した」のですが、たまたま
「魔女界の女王様」が成り行きを見てたので「風邪と10日間魔法使用禁止」で済みました。
”瀕死”になってもおかしくなかったようです。

瀬川おんぷ(第35話より登場、マジョリカと対立するマジョルカの弟子、チャイドル)は、
B.を多用しますが「お守り」(ブレスレット)により、その ”禍(わざわ)い” を退けてました。
120519-4.jpg

絶対使っちゃダメだよ! だ・か・ら~♪

最終回で(ぽっぷを除く)全員が1級試験に合格して魔女の証・水晶玉を得ましたが、
その直後に周囲の人達に正体がバレてしまい、やむを得ず彼らの記憶を消した瞬間…
「お守り」が砕け散り「(24時間以内に救われなければ)百年眠り続ける」呪いを受けました。
ぽっぷも駆け付け全員魔女の資格を返上する事で、おんぷは辛うじて救われました。


「魔法戦隊マジレンジャー」(05-6)世界で判明した禁呪は「リバース」(時を巻き戻す)のみで、
使用したマジイエロー・翼は「天空聖者クロノジェルの呪い」を受けました。 ヒカル先生は…
29-23-24.jpg

正義のためだけに魔法を使う男に成れ!!!

と言い遺し、死を覚悟で彼を救おうとしました。 何故か敵である「魔導騎士ウルザード」が
「クロノジェルの思いを宿せし山」を破壊する反則技で呪いを退けて2人を救いました。
(熱い展開ですが「その後『リバース』は禁呪じゃなくなったのか?」など疑問が残りました)


おんぷが第2期で仲間に加わり、更に第3期ではアメリカからの帰国子女・飛鳥ももこ
(両親は日本人だが5年生で帰国当初は日本語が片言)が加わり「5人組」になりました。

ももこは6歳で渡米した当初は孤立感を深め、マジョモンローと知り合い英語を教わりました。
「自分が魔女ガエルにしてしまったマジョモンローを元に戻すため」1級試験に合格した直後、
マジョモンローは老衰で亡くなりました。 ももこは「死者を生き返らせる禁呪」
を使いましたが、未熟なためか水晶玉が割れて失敗、魔女の資格を失いました。
”即死”してもおかしくなかったようですが、女王様の計らいで どれみ達と出会いました。

第3期第8話「親友って、なーに?」では漢字があまり読めない彼女のために5人で…

”漫画の世界”に入って、明るくアメリカナイズされた正義の味方「スーパーももこ」が登場!
120519-5.jpg
また巨大ロボ「忠犬変形どれみロボ」も登場して、必殺技「お団子ダイナミック」を使いました。

<追加>第3期はお菓子屋「SWEET HOUSE MAHO堂」で「パティシエ服」が観られます。


第2期で登場した”次期女王候補の魔女の赤ちゃん”ハナちゃん(巻機山 花)は、第4期で
「どれみ達と学校に行きたい」願望から自分自身に魔法を掛けて小学6年生に急成長!

「機動戦隊バトルレンジャー」に大ハマリ、追加戦士「コマンダーホワイト」に強く憧れました。
120519-6.jpg

正義の力が悪を断つ! コマンダーハナ!!

2,002年当時には絶滅危惧種のガングロ女子校生を「デビルギャル1.2」と決め付け、浄化w
120519-7.jpg

あんな不気味だったお姉さんが優しくて綺麗なお姉さんに

前回ノリ気でなかった あいこ&はづきは正義に目覚め、ももこは完全にノリ気でした。

おんぷはバトルレンジャー第42話に「ミィ姫」役で出演しましたが、最終回に再登場。
本編でマジョパープル観られず… ハナとどれみに超ショックな情報を伝えました。
120519-13.jpg

でも残念ね、バトルレンジャーもうすぐ終わっちゃうなんて

この世界で3年半も続いたバトルレンジャーは「がんばれ!!ロボコン」(全118話)も真っ青な
超人気特撮番組のようです。 この後、コマンダーハナは撮影現場に乱入して大暴れ!

スタッフ達に新鮮な感動を与え、新番組「機動戦隊バトルレンジャーV」に生かされました。
120519-8.jpg

きっとハナちゃんがモデルだよ 「コマンダーレディホワイト」

「女性追加戦士」のアイディアで本家に先駆けました! よく見ると女性3人になってますね。

でも、どれみは前回「マジョピンク」を名乗ったのに、何故今回「マジョレッド」なんでしょう?

「両方好きだから」でしょうが、妹・ぽっぷが参加すれば「マジョレッド」は譲ったでしょうね。
120519-12.jpg
アニメは実写と違って続編を作り易いでしょうが、それでもレギュラーが次第に多くなって
「代替り」がないと4作目か5作目が限界のようです(セーラームーンは5年続きました)。

「それゆけ!マジョレンジャー」(歌:MAHO堂(第4期当時レギュラー声優6人のセクステット))。

「マジョグリーンは居ないの?」という疑問が湧いて来ますが、ナイショですけど居ました。


第5期「おジャ魔女どれみナ・イ・ショ」(全13話)は有料放送で04年に放送されました。
第12話 「7人目の魔女見習い~のんちゃんのないしょ~」に登場した 和久のぞみ
通称:のんちゃん は小学校2年生の時にマジョリカの正体に気づいていた病弱な女の子。
120519-10.jpg
魔女になることを夢見ています(小児癌or白血病? 第3期の時期で入院闘病歴は3年弱?)。

6人の魔女見習いが彼女の夢を叶えてあげましたが「魔法で病気を治してはいけない」
事を”常識”として知っていて、同室に入院する年下の子供達の願いばかりを望みました。
120519-11.jpg

自分の為に魔法使わなかったね…  そうね。

どれみは「のんちゃんが退院したら、魔女見習いにして欲しい」と女王様に望みますが、
女王様に面会の約束を取り付けた翌朝、のんちゃんは無菌室の中で亡くなりました。

管理人は個人的に「禁呪」に強い関心を持っているので「どれみ」はそれ関係の
お話ばかり視聴して記事を書きました。 他にもっと触れるべき点もあったと思います。

「明日のナージャ」(03-4)にも触れるつもりでしたが、調べてたら思ってたよりも
「どれみ」の色んな情報が出てきて、文量が多くなってしまったので次の機会に。
でわ 

P.S
第4期第24話でバトルピンク(DVD表紙に変身前の70年代特撮ヒロイン的な映像有り)の
「お尻パンチ」は「ハートキャッチプリキュア!」(10-1)第6話でも観られた技です。
120519-9.jpg
「どれみ」のスタッフが「ハトプリ」に合流してたので使われたのかも知れません。

「おジャ魔女どれみ16」(16歳の高校生となったどれみ達を描いた小説)第1巻は
2,011年に出版されました。 今だに根強い人気を誇る作品のようです。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アニメーション - ジャンル : テレビ・ラジオ

00:00  |  魔法少女&戦闘美少女アニメ

Comment

はづきが10日間魔法を使えなくなってる時に
売れないお笑い芸人に誘拐される事件がありましたね。

結婚詐欺、流産、駆け落ち、片親、差別など現実的なテーマを扱い
魔法で何でもかんでもやっちゃわないテーマがありましたね
kivaxtuto |  2013.05.19(日) 02:55 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます、kivaxtutoさん

魔法が使えなくなった後は気になったので第19話は観ました。
「禁呪」が使われた辺りのお話と「マジョレンジャー」
「どれみロボ」それに「のんちゃんのナイショ」は観ました。
他にも何話か観ましたが面白かったですね。

先々代の女王が掛けた「魔女ガエルの呪い」に関するお話も
興味があるので、いずれ観てみたいです。

2,000年以降の「戦隊」「ライダー」と「どれみ」「ナージャ」「プリキュア」の
”(玩具)売上”の推移もいずれ記事で採り上げる予定です。
でわ
珍来 |  2013.05.19(日) 10:54 | URL |  【編集】

ちなみに…

実質上のどれみシリーズ最終回は「ナイショ」の#13になりますね。
もし今後「どれみ16」がアニメ化されたとしても。です。

なぜならこの話で直接的描写はなかったものの、確実に主人公
春風どれみが死亡した事が示唆されていたからなのですが…。

ちなみにその最新作、どれみ16の3巻にて驚愕の事実が発覚しました。
最終TVシリーズ「どっか~ん」に登場したゲストキャラのあの人と
最終話直前でやっとキャストが明らかになったあの人が実は○○だったとは!!

全シリーズ観てたからこそ読んだ時には大興奮ものでした。
是非とも全話通して観る事をお勧めします。他にも「どれみしゃーぷ」
劇場版の話は#40とリンクしているとか色々ありますね。

戦隊関係で他に押さえておきたいポイントとしては、やはり主人公
どれみの父親がティラノレンジャー(望月祐多)だったという事と、
どれみ役の千葉千恵巳が元「オーロラ5人娘」の1人でプテラレンジャー
(千葉麗子)と一緒に活動していたという事があげられますね。
ちなみに、ミュージカル版のどれみで主役だった鈴木かすみは
どれみシリーズ終了後、アバレンジャーでリジェ役を熱演していました。

あと戦隊とは直接関係ありませんが、「どれみどっか~ん」でも声優として
一度ゲスト出演された原田知世さんについてちょっと一言。
当時小学生の僕にはかわいいお姉さん程度の認識でしかなかったのですが、
かなり好きで良く観てたのはフジTVのドラマ版「ねらわれた学園」でした。
実質上ドラマ版「スケバン刑事」のルーツの一つと考えていいでしょう。
まだ当時1人で気軽に映画を観に行けなかった自分には「時かけ」よりも
この番組の主題歌「ときめきのアクシデント」の方が印象に残ってます。

いわゆるトレンディードラマにも野島伸司ドラマにも一切見向きも
しなかった僕が唯一90年代のドラマでハマった「南くんの恋人」
と併せて何らかの機会に一度取り上げて欲しいと思います。

どれみに関しては好きすぎて書きたい事が多すぎて逆に何も書けない
のですよ…観てて涙が出てきた回もありますし。おすし。
堀川廉 |  2013.05.26(日) 21:48 | URL |  【編集】

こんばんわ、堀川廉 さん 

「ナイショ」最終話は観ましたが?? 「どれみ16」はまだ存在しか知りません。
今現在「プリキュア」のMHを観終わりそうで、続けてSSに行こうと思ってます。
プリキュアと戦隊繋がりなら色んな情報を見ました。
SSのアクダイカーンが2代目鷲とか。 どれみも色々と繋がっていそうですね。

私は斉藤由貴さんからなので原田知世さんのデビュー当時は
よく知らなかったりします。 どれみに原田さんが出演された情報は目にしました。 
「南くんの恋人」 はテレビ離れする前に最後に観続けたドラマです。
個人的に思い出があったりします。 というか、斉藤さんの後に乗り換えるとしたら
高橋由美子さんしか居ないと思ってました。 「グループアイドル」が好きではないので、
一人で頑張ってる能力が高い人 というと限られましたね。
でも、冬の時代の冷え込みが激し過ぎて、アイドルに興味を無くしましたけど。
でわ
珍来 |  2013.05.26(日) 22:48 | URL |  【編集】

どれみ16はまだ存在だけですか?
かくいう自分もネットで調べて多少中身を知った程度ですが。

久し振りの友達との再会、新キャラの登場、
既存キャラの新たな(明かされてなかった)せってい、
かつてのクラスメイト達の成長
人間関係(恋愛など)の変化
主要キャラが家族のトラブルによる不幸など
色々描かれてるようですね
勿論どれみ達も再度魔女見習いになります。

ファンの間で色々議論されたドッカ~ン!最終回で
中学生のどれみがラブレターを渡した相手も判明しましたね
kivaxtuto |  2013.10.08(火) 05:27 | URL |  【編集】

最近アニメに興味が出てます。

「どれみ」は気になった所だけ観たので
「16」を読んでもピンと来ない事が多いと思います。

「SS」を観終わったので「スイート」を観終われば
「プリキュアシリーズ全話視聴」達成です。
「どれみ」はその後、と言う事になりますね。

現在、記事の方は個人的にも思い入れがある
「巨大ロボットアニメ」を採り上げてます。 
やっとピンと来る事が多い80年代に入りますw
でわ
珍来 |  2013.10.08(火) 19:19 | URL |  【編集】

まだ見終わってないスイートはそういえば
シリーズ構成の大野敏哉さんが
ドラマ、映画、舞台などを手がけてきた方で
当時は初のアニメーションだったんですよね
(今は他作品でもアニメをやっています)
kivaxtuto |  2013.10.09(水) 00:48 | URL |  【編集】

「大野敏哉」さんを調べましたが…

「ドラえもん」を何年も観てないので正直よく分からないですねw

「SS」は正直言って序盤が低調だと思いました。
満と薫が登場するまでは「??」で、もっと冒険して欲しかったですね~。  
EDが「ガンバランスdeダンス」に変わる頃にはフツウに面白かったです。

「スイート」も個人的に序盤は低調だった印象を持ちましたが、
どんな感じかこれから確かめてみます。
でわ
珍来 |  2013.10.09(水) 20:13 | URL |  【編集】

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
 |  2013.10.11(金) 05:58 |  |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |