2013.07.07 (Sun)

「戦隊ヒロイン花嫁衣装」特集 (その3 平成21世紀編)

戦隊史上4例目の「花嫁姿での変身」をしたのはマジピンク・小津芳香ちゃんでした。
29-15-1.jpg
3例目の「花嫁姿での変身」は「戦隊ヒーロー」だったので「戦隊ヒロイン」としては3例目。
29-15-2.jpg
Stage.15「花嫁の兄 〜ジルマ・マジ・マジュナ〜」でマジグリーン・蒔人と変身しました。

「女性の(労働)力」の活用が、これからの日本にとって急務な件について。
にほんブログ村 テレビブログへ人気ブログランキングへ

More・・・

日本の「労働力人口」は98年をピークに減少に転じました。 その頃から頻繁に外国(人)から
「日本は女性の力を活用すべきだ!」という意見が寄せられるようになったと思います。
決して "イヤミ" ではなく、本当に日本経済に立ち直って欲しいから言ってるんでしょうね。
その方が自分達も助かるので…  


「愛天使伝説ウェディングピーチ」(95-6)は "セーラームーンの次" を狙った作品。

戦闘服のモチーフが「セーラー服」(おそらく「スケバン刑事シリーズ」(85-7)の影響?)から
「ウェディングドレス」になりましたが、当時は時期的に「女の幸せは結婚か?」
と批判される事が多かったようです。 管理人は視聴した事がありませんが、二段変身を
「お色直し」と呼んで「ハイレグレオタード」姿になるセンスに驚きましたw
こういうのは「二番煎じ」と叩かれがちですが「何がウケたか知る」ために必要なようです。


「ガオレンジャー」Quest6「牛、焦がれる!!」でウェディングドレスオルグを探すため…
25-6-1a.jpg
ブルーとブラックが新郎新婦に変装して結婚式場を歩きました。 「偽装結婚式作戦」とは
言えませんね。 ギャグまたは「女性視聴者層の一部」に対するサービスだと思われます。
(右端の島田佐織 役でブルースワロー・早坂アコこと内田さゆりさんがゲスト出演されました)

戦隊史上3例目の「花嫁姿での変身」をしたのはガオブラック・牛込草太郎でした。
25-6-2a.jpg
四股踏みして派手なアクションでオルゲット(戦闘員)を薙ぎ倒した後、センターに仁王立ち。
「初の花嫁姿で変身した戦隊ヒーロー」でした。


「アバレンジャー」第21話「アバレ恋!キロキロ」ではトリノイド第12号ヤツデンワニが
アバレイエロー・らんるに一目惚れして、ウェディングドレスを着せて追い掛けましたw
27-21-1a.jpg

結婚を前提にお付き合いを! 「初の怪人によるプロポーズ」?

その後、ワニは「恐竜や」に住み込みで働いて、最終回でらんると打ち解けましたw

第28話「花嫁はアバレチャン」で、らんるが洋装、えみポンが和装の花嫁になりましたが、
27-28-2.jpg
冒頭でアバレブラック・アスカが、マホロとの竜人同士の "本当の結婚式" を回想しました。
27-28-1a.jpg

ささやかだけど俺達の「誓いの儀式」だ 第1話以前。

ダイノアースはエヴォリアンの侵略を受け、彼らの共同体は壊滅寸前でしょうから、
指輪も衣装も用意出来ません。 明日、別々に敵陣に攻め込むので「今生の別れ」
になり得ました。 初の「本編開始前に結婚した戦隊ヒーロー」です。

「七夕」どころではない って、戦隊で「七夕関係のお話」は今まで一話も無かったんですが、
実は「キョウリュウジャー」ブレイブ20「アンラッキュー タナバタのタナボタ」が初になります。
恋愛要素は全くないようですが、どんなお話か楽しみです♪ 以上、こぼれ話。


「デカレンジャー」はEpisode.17~39のヒロイン主役回で「girls in trouble! DEKARANGER」
28-SP ED
が特殊EDとして流れ、初のWヒロインによるWウェディングドレスの映像が観られました。

Episode.46「プロポーズ・パニック」でデカピンク・ウメコが「ヒロノブ」にプロポーズされました。

大切にしたいんだ、君の事。 彼の正体は伏せておきますね。

28-46-1a.jpg

仕事と結婚、両方選べば良いのにね マーフィー聞いて。

当時「寿退社」は聞かれなくなった気がしますが、ジャスミンの嘆きは「永遠のテーマ」。

ウメコは「結婚詐欺」以上の危機を迎えますが、デカグリーン・センちゃんと急接近しました。


冒頭のStage.15は初見では「偽装結婚式作戦かな?」と思いましたが、芳香ちゃんは
ボーイフレンド(十五股以上掛けてる)の一人テツヤから「呪いの赤髑髏を見た」事を
打ち明けられ「マジレンジャーとして責任(同情?)を感じた」ため結婚を提案したようです。
29-15-3.jpg
事件解決後「退屈な夫婦より刺激のあるカップルの方が楽しい」と同意して結婚破棄。
自由な御時世ですが、ラストは彼に「お礼を言って式を取り止め」して欲しかったです。

正直かなり微妙なお話。 ムリは承知でテツヤには自力で運命に抗って欲しかったかな。

タイトル通り「花嫁の兄」が主役なんでしょう。 テツヤは第29話で少し再登場しました。
(正直テツヤに感情移入出来なくて「他の被害者は大丈夫?」なんて事が気になります)

劇場版では山崎(由佳)さんが冥獣人バーサーカー グルーム・ド・ブライドンに攫われ
「傀儡の指輪」で意志を封じられ、紫のゴスロリ風ウェディングドレス姿になります。 
29-movie.jpg
マジレッド・魁が駆けつけると指輪が割れ、純白のウェディングドレス姿に変わりました。

山崎さんを演じた平田薫さんが映画公開時のインタビューで「マジパープルになりたい!」
マジョパープル
と仰ってましたが「おジャ魔女どれみ(ドッカ~ン!)」を御覧になったのかも知れません。


「魔法戦隊マジレンジャーVSデカレンジャー」ではデカレッド・バンが劇場版のヒロイン・
レスリー星人マリー・ゴールド(演:新山千春さん、デカゴールド)との挙式を考えてました。
28vs29-1a.jpg
センちゃんとウメコも「家族を作る」方向で同意してました(その後、結婚したかどうかは不明)。

Stage.47「君にかける魔法 〜ルルド・ゴルディーロ〜」で天空勇者マジシャイン・ヒカル
(サンジェル)とマジブルー・麗は結婚式を挙げました。 視聴者にショックを与えたようです。
29-47-1a.jpg
戦隊史上唯一の、本編開始から最終決戦の間に結婚した戦隊ヒーロー&ヒロインです。


「ゲキレンジャー」修行その39「ギャンギャン!お見合い問答無用」ではゲキイエロー・ランが
大地主の娘で、スクラッチには "社会勉強" という名目で入社していた事が明かされました。
ランの身の上のお話はこれ一話だけ… 母・伶子(演:美保純さん)にお見合いさせられます。
(伶子はランがゲキレンジャーしてる事をアッサリ承認、終盤に反対されても困りますねw)

【もしもシリーズ】ランのお見合いがうまくいって「寿退社」ってことになったら?
31-37-1a.jpg

男だけ! これはかなりむさ苦しい。 笑えないな~(汗)

「男だけになっちゃうから」という理由でケン達はお見合いを妨害しようとしました。
ランも嫌われるためにあれこれやりますが、相手が特殊な趣味で気に入られてしまいます。

臨獣殿カップルに力を入れ過ぎて「正義のヒーロー&ヒロインをカッコ良く描く」基本を
忘れてしまったように思えます。 玩具が売れなかったのは当然の結果でしょう。。。
(戦隊メンバーがお見合いするお話は「ジェットマン」第7話レッドホーク以来2例目)。

「ゴーオンジャー」GP-26「恋愛カンケイ」ではケガレシア様の元許嫁・害水王子
ニゴール・ゾ・アレルンブラが復活して、害水合身「ミックス・ケガレゴール」で巨大化!
32-26-1a.jpg
ニゴールは炎神ベアールVに一目惚れして求婚しましたが、拒否されました。
ベアールVは炎神ジェットラスに恋してましたが、同話のラストでフッてます。
(「ゴーカイジャー」第35話でベアールはスピードルと結婚し、マッハルコンを産んでました)


「シンケンジャー」第八幕「花嫁神隠」ではシンケンピンク・茉子ちゃんが殿と2回も
「偽装結婚式作戦」をしました。 現実シーンで一人の洋装&和装の花嫁姿は初でした。
33-8-1a.jpg
シンケンブルー・流ノ介も和装の花嫁姿になりました。 戦隊ヒーローとして2例目…
33-8-2a.jpg
戦隊ヒロインとして4例目の「花嫁姿での変身」で「和装」ではどちらもシリーズ初でした。

「ゴーカイジャー」第29話「アバレ七変化で新合体」ではゴーカイピンク・アイムちゃんが
ゴーカイシルバー・鎧とのシリーズ6例目の「偽装結婚式作戦」で「誓いのキス」を求めました。
35-29-1a.jpg

おーっと伊狩君もビックリ! この後どんな展開になるか
テレビの前の君は分かるかな?
その答えは CMの後で!!


アバレブルー・三条幸人&自称アバレピンク・笑里夫妻がゲスト出演されました。

「ヒロイン七変化」と見事に融合して「超神回」と呼ぶに相応しい見所満載のお話でした。

アイム役の小池唯さんが可愛過ぎる! 台詞の力があるので性格が悪い気がするかもw

「ゴーバスターズ」Mission37「黒と白の花嫁」ではシリーズ初の正悪Wヒロインによる
Wウェディングドレスが実現! 怪人は「ティアラロイド」で流行を採り上げてましたね。
36-37-10.jpg
7例目の「偽装結婚式作戦」で、戦隊ヒロインとして5例目の「花嫁姿での変身」でした。

Mission45「謹賀新年 小さな強敵、再び」ではブルーバスター・リュウジが新年早々お見合い。
37-45-1.jpg
36-45-2.jpg
戦隊史上4例目で他メンバーがサポート(≒邪魔)。どっちにしろダメだったようですねw
(「救急戦隊ゴーゴーファイブ」第37話のゴーレッドが3例目です)

まとめると「スーパー戦隊シリーズ」の「偽装結婚式作戦」は
①「ダイナマン」第13話、②「ターボレンジャー」第13話、③「ジェットマン」第20話、
④「アバレンジャー」第28話、⑤「シンケンジャー」第八幕、⑥「ゴーカイジャー」第29話、
⑦「ゴーバスターズ」Mission37 の全7例。

戦隊ヒロインの「花嫁姿での変身」は
①「ターボレンジャー」第13話、②「ジェットマン」第4話、③「マジレンジャー」Stage.15、
④「シンケンジャー」第八幕、⑤「ゴーバスターズ」Mission37 の全5例。
戦隊ヒーローの「花嫁姿での変身」は①「ガオレンジャー」Quest6、
②「シンケンジャー」第八幕、の全2例 でした。

「他にもある!」と "抜け" に気付いた方はコメントで "優しく" 教えて頂ければ幸いです。
全体的に面白いお話「神回」が多かったですね。
でわ

P.S.
先日(7/4)に第23回参議院議員通常選挙が公示されました(投票日7/21)。
安倍総理は「女性の力で成長を目指す」と表明されてますが、近年の歴代総理が
同様の表明をしながら満足に実現出来なかった公約である事は確かです。

「女性は家庭が望ましい」と考える方は女性でも少なくないかも知れませんが、
それでは国際競争力が低下して、日本は世界から取り残されてしまいますね。
あと10年ほどで日本の労働者人口は絶対的に足りなってくるという予想があるので
「待ったナシ」の状態になって来てます。 「豊かな日本」が維持出来なくなるかも。。。

その責任の何千万分の1は、未だ未婚の管理人にもありますが、超忙しい頃はモチロン
今でも「結婚したい人」は居ませんね。 もし「周囲が相手を決める時代」に産まれてたら
色々と思い悩んで苦しんでしまう性分だと思います。 正直「今のままで幸せ」ですw
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 特撮ヒーロー - ジャンル : テレビ・ラジオ

00:00  |  データバンク

Comment

ウェディングピーチを演じた氷上恭子さんが

フレッシュプリキュア!でキュアピーチの母親を演じた事は

大友のネタにされましたね~
kivaxtuto |  2013.07.07(日) 02:36 | URL |  【編集】

おはようございます、kivaxtuto さん

「ウェディングピーチ」は最近知りました。
設定中学1年生にしては体の線がモノ凄いですねw

「フレッシュ!」はプリキュアにしては体の線が強調されますが、
その傾向は残りませんでした。 線を出さない方が好まれるようです。
母娘間で ”ピーチの血統” が受け継がれたんですかね~。
でわ
珍来 |  2013.07.07(日) 08:31 | URL |  【編集】

ウェディングピーチ出演声優のプリキュアシリーズ出演例としては、エンジェルリリィ役のゆかな(当時:野上ゆかな)が第1作で雪城ほのか/キュアホワイトを、エンジェルサルビア役の今井由香がドキドキプリキュアでアイちゃんを演じていますね。
にっしー |  2013.07.07(日) 21:20 | URL |  【編集】

お久しぶりです、にっしーさん

最近思い掛けず「プリキュア」にハマったので
約15年w ぶりにアニメと声優さんに関心が出てます。
でもご指摘の件は全く気付かなかったです。

もうすぐ「MH」を観終わるので、あと「SS」と「スイート」を観れば
「プリキュアシリーズ全話視聴」を達成出来そうです。
でわ
珍来 |  2013.07.07(日) 22:08 | URL |  【編集】

少しだけ…

ウェディングピーチといえば、本放送当時、本来の(制作側の)
仮想敵であるセーラームーン(三石琴乃)本人が敵キャラ役で
出演していたのが有名ですね。

ちなみにこの時期セーラームーンを意識していた作品で僕が
好きだったのは「りぼん」連載だった「赤ずきんチャチャ」でした。
まるで後のアバレンジャーでの"アバレマックス"のように
3人の力を結集させて「マジカルプリンセス」に変身して
いましたが、原作には無いアニメオリジナルの設定でした。

あと、同時期にPCエンジンで発売されたアクションゲームの
「ムーンライトレディ」というのも触れておきたい所です。
主役の彩月日和子役はこおろぎさとみで、これもまた
フレッシュプリキュアで出演されていましたが…

結婚ネタでは番外としてアキバレンジャー痛でのイエローも
取り上げて欲しかった所。まぁリアルで考えると最終話で
全員死亡した戦隊とか前代未聞すぎて別の意味で痛過ぎるのですが…
堀川廉 |  2013.07.08(月) 01:14 | URL |  【編集】

こんばんわ、堀川廉 さん 

「スケバン刑事」~「セーラームーン」~「プリキュア」の「~」部分に
制作された作品を調べていて「ウェディングピーチ」もつい最近知りました。

「赤ずきんチャチャ」(94~5)が分からなくて調べましたが
原作にない「マジカルプリンセス」変身が導入された所は
”変身ブーム時のアンドロ仮面”(産まれる前ですがw)を連想しました。

「ムーンライトレディ」(93)は現在は高価格プレミアソフトらしいですね。
「プリキュアの対戦格闘ゲームを出して欲しい!」という要望は多いけど
諸般の事情で制作されない、という真偽不明の話を思い出しました。
セラムンではあったそうなので、昔の方がゲームの自由度が高かったようですね。

アキバイエローはややこしくなるので、触れ… というか忘れてましたw
アキバレンジャーは正直言って採り上げる機会を逸してしまいました。
でわ
珍来 |  2013.07.08(月) 21:46 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |