2013.08.25 (Sun)

西部警察シリーズ (79~84)

「西部警察」は「西部劇のようなイメージ」を目指した石原プロモーション制作の刑事ドラマ。
130825-1.jpg
第1~2話「無防備都市」で装甲車が国会議事堂に迫るシーンは "伝説" と化してます。
130825-2a.jpg

現代の西部劇に必要だった 有り得ないほど凶悪な犯罪者 と
世界初のSF小説に登場した 「名も無き怪物」(人造人間) について思った事。
にほんブログ村 テレビブログへ人気ブログランキングへ

More・・・

「西部劇」は60年代の「公民権運動」(「ブラック・パワー」「レッド・パワー」)により
「インディアン」(ネイティブ・アメリカン)を "悪者" にする事が出来なくなって衰退しました。

その後、勧善懲悪的作品を作るために重宝されたのが「宇宙人」や「異世界人」です。
「侵略者は絶対悪」 なので "正義の味方" は倒す(殺害する)事が許されます。
架空の存在なので地球人と異なる姿にすれば、クレームが少なくなる利点もあります。

「西部警察」(PART1、テレ朝日曜夜8時、79~82)は我が家では父が好んで観ましたが…

母と姉達は毛嫌いしていた事を覚えてます。 管理人はOPから漠然と「この番組はスゴイ!」
と感じ取りましたが "ドン引き" するシーンが多かったので、あまり観ませんでした。

「太陽戦隊サンバルカン」で2代目バルイーグル・飛羽高之を演じた五代高之さんは、
この番組のオーディションに合格して、兼子仁(通称:ジン)刑事役でデビューされてます。
130825-3.jpg
実は管理人はこのブログを始めてからコメントを頂いて、初めてその事実を知りました。

まず取り調べや聞き込みの手荒さにドン引きしました。 「ギャグだと思って観る」事も…

「シュールさを楽しむ」事も出来ず「この人達が何をしたの!?」と疑問に思ってしまいました。

犯人が射殺されるシーンはトラウマでした。 「有り得ないほど凶悪な犯罪者」である事は
しっかりと描写されてましたが、それでも 「人間の姿をしてるから」 ダメでした。

特撮で怪人が爆殺されるのはOKだった事について「おかしいだろ!?」という疑問は…

日本全国縦断ロケが始まった「西部警察 PART-II」(82~3)放送前には気づいてました。

その後「怪人」(着ぐるみ)は子供が観るために必要な措置であることが分かりました。
海外版「パワーレンジャー」シリーズ(93~)では、どんな極悪人でも殺すのは厳禁ですが
(「殉職」もNGで日本版では死亡した戦士もパワーレンジャーでは最後まで生きてます)
「怪人」(怪物)は "人間ではない事を強調した上で" 倒(殺)していいことになってます。
(ただし「パワーレンジャー・S.P.D.」では異星人犯罪者をカードに封印する事になりました)

80年代は「金が掛かっても良いから視聴率を取れ!」的なテレビが熱い時代でした。

「西部警察 PART-III」(83~4)のOPを観れば、その事が分かって頂けると思います。

ややSF的な最新鋭車輌が人気を呼びました。 でも「怪人」(人間以外の存在)は出せないから
「有り得ないほど凶悪な犯罪者」を出す、受け入れられる人だけ観てくれ、ということです。 

やはり我が家では父だけが観て、母と姉達は毛嫌いという状況は変わりませんでしたね。
当時まだテレビが一台でしたが、その収入で家計を支えていた父の権限は強かったです。

女子供は観るな、大人の男だけが観てくれ

80年代はそういうテレビドラマをまだ作る事が出来た時代でした。


IIIのOPは他に類を見ない超ド迫力なので、多くの「西部警察OP MAD」が作られてます。

切っ掛けになったと言われる「西武鉄道」との名作MAD。 電車に乗るのが怖くなりますw

「装甲騎兵ボトムズ」(83~4)は前番組「太陽の牙ダグラム」(81~3)と共に現在では…

”リアルロボット最高峰” と評価される事が多いです。 管理人は学生の時「ボトムズ」は
地方局の再放送で(数話見逃しましたが)ほぼ全話観ました。 でも「ダグラム」は挫折w

「機動戦士Ζガンダム」(85~6)とのMAD。 「機動戦士ガンダム」(79~80)の続編で…

鳴り物入りで始まりましたが、管理人は序盤で観続ける事が出来なくなってしまいました。

「スマイルプリキュア!」(12~3)とのMAD。 管理人は思い掛けずハマりましたw

女児アニメに革命をもたらしたアニメシリーズですが、様々な試行錯誤があったようですね。
現在「ふたりはプリキュア Splash Star」(06~7)を観てますが、ヒロイン達が強過ぎですね~

「ガールズ&パンツァー」(12~3)とのMAD。 最近、遅ればせながら管理人もハマりましたww

放送前はアニメ雑誌からも無視されたようですが、予想を覆す大人気アニメになりました!
ヘルメットと耐火服姿ではない、ミニスカ制服の女子高生達が「戦車道」に邁進します。 
服装の事くらい流せない人は観なくて良い、力の入ったシーンが多い注目の作品です。

調べると色々スゴイ動画はありましたが、最後は「MAD特集」でお茶を濁してしまいました。 
「他に語ることは多いだろ!」と思われるでしょうが「西部警察シリーズ」は管理人にとって

「勧善懲悪に必要なモノ」 を気づかせてくれた作品です。
でわ


P.S.
84年の夏休み、管理人は「フランケンシュタイン、あるいは現代のプロメテウス」(1,818)
を読みました。 科学的に造られた「人造人間」が登場した「世界で最初のSF小説」です。
(読書感想文には最適だと思われるので、ここを見てる小学生は読んでみたらいいかもw)
「名も無き怪物」は人間を越えた身体能力と数日で言語を習得した知能を持ってましたが、
”醜い容貌” のため人間に絶望しました。 SF小説最初の「怪人」であり「超人」とも言えます。

アメリカ映画「フランケンシュタイン」(1,931)では怪奇性を全面に出したイメージを打ち出し
Frankensteins_monster_(Boris_Karloff).jpg
”犯罪者の脳が埋め込まれた凶暴な怪物” に設定変更され「勧善懲悪」的になりました。

個人的に小説版「怪人・フランケンシュタイン」と「スーパーマン」(宇宙人)の根本的違いは

人間(地球人)に受け入れられる容貌か?
だけじゃないかと思いました。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 特撮ヒーロー - ジャンル : テレビ・ラジオ

15:30  |  ドラマ

Comment

マツコ&有吉の怒り新党という番組で
この作品の爆破シーンに凄さについて
触れた事がありますね
kivaxtuto |  2013.08.26(月) 18:43 | URL |  【編集】

当時としても異常だと思います。
石原裕次郎さんがご存命の頃の石原プロは、本当にスゴかったですね。
今後の記事で別の刑事ドラマを採り上げて、補完したいと思います。
でわ
珍来 |  2013.08.26(月) 20:57 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |