2013.09.15 (Sun)

西のアシュ

ボウケンシルバー・高丘映士は、亡き母の名を知る西のアシュの長・オウガと対峙しました。
30-40-1a.jpg

貴様こそケイがこの世に残した唯一の穢れ。

「人間の子を産む」大罪を犯したケイの魂は次元のハザマで苦しんでいる、と知らされます。
30-40-2.jpg

母を思う気持ちがあるなら、死んで罪を償え!

俺を産んだせいでお袋が… 罪悪感に囚われ戦意喪失?

「異類婚姻譚」によって産まれた混血戦隊ヒーロー、Task.40「西のアシュ」を紹介します。
にほんブログ村 テレビブログへ人気ブログランキングへ

More・・・

古代、自然の恐ろしさを象徴する想像上の「怪物」の物語が世界各地で創られました。
その一部は人間が戦って倒す「英雄譚」、逆に愛し合う「異類婚姻譚」へと発展しています。
前者では「怪物」は「醜く、恐ろしく」、後者では「美しく、心優しく」描かれたのです。

オウガは百鬼界への追放は逃れましたが、映士の父・漢人により地上に封印されました。
「百鬼陽炎映し」を使って映士と一騎打ちをしますが、古傷が痛み出して一時退散しました。
30-40-3.jpg

貴様など認めん! 消えろ!! シリーズ恒例「偽戦隊」。

以前「歴代偽戦隊をリストに…」と思いましたが、あまりにも多過ぎるので断念しました。

チーフは命令無視して映士に帯同しました。 他4名から総スカンを喰らうMr.ボイス。
30-40-4.jpg

ボイスの言ってる事、間違ってないよね?

Task.47で謎の少女(レオナ)が登場しましたが、最終回(49)までボイスの正体である事を
名乗りませんでした。 もし名乗ってもボウケンジャーと視聴者は「助けなきゃ!」と思えず、
全く盛り上がらなかったでしょう。 歴代でも一二を争う人望と人気が無い司令官です。


「高丘漢人」役は「宇宙刑事シャリバン」(83~4)で主演・伊賀電を演じた渡洋史さん。
30-40-5.jpg

これはとても大切な物なんだ、とても 映士は少年時代…

ガイに自らの出自を知らされた際にアシュの血が暴走し、止めようとした父は隙を突かれて
ガイに殺害されました。 映士は父を死なせた責任を感じ、アシュの血を憎んでます(Task.20)。

「ケイ」役は「電磁戦隊メガレンジャー」(97~8)でメガピンク・今村みくを演じた東山麻美さん。
30-40-6.jpg
敵同士の2人は "惹かれてはいけないと知りつつ" 愛し合いました。 その経緯は不明ですが
「人間とアシュが憎み合う」 事に強い疑問を感じていた事は確かでしょう。
(ケイの死因が「映士を産んだ事」かどうかも不明、もしそうでも父は息子に教えないでしょう)

父が持っていたモノはケイの "愛情表現" のようで、オウガは狂ったように暴れ出しました。
30-40-7.jpg

お前、お袋と!? 一緒に育てられ、どうにかなりそうなほど愛していた。

貴様など絶対に認めん! オウガは怒りをあらわに襲いかかり…

30-40-8.jpg

俺が死ねばお袋は救われるのか? 映士は戦意喪失。

ケイの魂がこの世界に留まって、自分を見守っていた事(Task.20)が脳裏に浮かんで…
30-40-9.jpg

やっぱり死ねねえな!! 母が何を望んでいたか、に映士は気付く。

てめえがグダグダ言ってるのは 「アシュの監視者」として…

30-40-10.jpg

嫉妬でおかしくなった男にしか見えねえぜ! 

オウガと決着をつけました。 肉体を捨て巨大化したオウガを「アシュ魂滅」する際に…


貴様の穢れた魂だけは俺の命に代えても~!

死に行くオウガに執念の「百鬼次元封鎖」を掛けられ、映士は石化してしまいます。

Task.41「メルクリウスの器」ではクエスター・ガイ&レイが4つのプレシャスから造った
「ホムンクルス」で大攻勢を掛け、Task.42「クエスターの時代」は最終回のような盛り上がり!

映士はケイから「錫杖」を託されオウガを魂滅し、ガイ&レイとも最終決着を付けました。
30-42-1.jpg

これくらいしてやっても良いだろう 彼らを埋葬してやります。

「ケイのように人間との共存を望む心優しいアシュは他に居ないのか?」という疑問は
残りますが、この世に残るアシュの血を引く者は映士だけになったようです。

ここを見てる人達には常識でしょうが、ボウケンシルバー・高丘映士役の出合正幸さんは…

現在放送中の「獣電戦隊キョウリュウジャー」にキョウリュウグレー・鉄砕役で出演中です。


人類は「想像上の敵」を考え、やがてその敵と「共存出来るのではないか」とも考えました。
日本は特に「鶴の恩返し」的な「異類婚姻譚」が多いようです。 その万物に魂が宿ると見なす
「八百万の神」的な思想が、日本人の "ロボット好き" の根源かな、と思います。

「怪談」(Kwaidan)(1,904年、小泉八雲)の「雪女」は "絶世の美女" 的に描かれてます。

このお話では "雪女側の事情" が全く描かれてないので、個人的に想像してみると…

・人間に山の恐ろしさを分からせるために山の神が造った怪物だが、人間を殺す使命に
 疑問を持ち、巳之吉に恋をした。 山の神に「巳之吉と結婚したい」と願い出た際に
 「巳之吉が禁を破った時は、彼を殺すか、自分が消される」事を条件に許された。

「父を殺した私を忘れるハズがない…」幸せを感じながら彼女は常に不安だった。
そして巳之吉と子供達を悲しませないため、真実を明かさないまま去った。。。

「悪のヒロイン像」 として雪女は理想というか、究極のような気がします。
でわ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 特撮ヒーロー - ジャンル : テレビ・ラジオ

15:00  |  30.轟轟

Comment

レイ役の鈴木千尋さんは
キョウリュウジャーと同時期のニチアサのドキドキ!プリキュアに
早乙女純役でゲスト出演しましたね。
kivaxtuto |  2013.09.16(月) 17:58 | URL |  【編集】

それは全く気付きませんでした。

キュアハートに生脚で膝枕されてた奴ですねw
キュアラビーズの件は私も「もしや?」と思いました。
でわ
珍来 |  2013.09.16(月) 20:15 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |