2013.10.27 (Sun)

第3期ウルトラシリーズ (79~81)

「ザ☆ウルトラマン」(79~80)は「ウルトラマンレオ」(74~5)以来4年ぶりのシリーズ復活。
131027-1.jpg
特撮ファンからもアニメファンからも歓迎されなかった "幸福とは言えない作品" でした。

「恐竜探険隊ボーンフリー」(76~7)から、円谷プロは "脱ウルトラマン" を模索して…
131027-2a.jpg

実写特撮とアニメの融合 という新しい表現を目指しました。。

にほんブログ村 テレビブログへ人気ブログランキングへ

More・・・

80年代中頃、管理人は従姉から漫画「すすめ!!パイレーツ」(77~80)を
勧められて読みました。 漫画家・江口寿史さん(1,956年生)のデビュー作です。
伝説のヒーロー
その中で「月光仮面」(58~9)、「七色仮面」(59~60)、「ナショナルキッド」(60~1)などの
黎明期特撮ヒーローが集って 最近の若いモンはなってない
と79年前後の特撮ヒーローの "不甲斐なさ" を語り合うお話が強烈に印象に残りました。

近頃はウルトラマンまでアニメになりおった 嘆かわしい

的なやりとりがあり、管理人はアニメのウルトラマンがあった事を初めて知りました。

「月光仮面」は72年に「正義を愛する者 月光仮面」としてテレビアニメ化されています。

後輩「仮面ライダー」の大ブーム下で「変身ヒーロー」として「変身怪人」と戦いました。

この作品中で 「月光仮面は怪人を殺したのか?」 

が個人的に気になります。 どうだったか御存知の方は教えて頂ければ幸いです。
実写特撮版とアニメ版の両方が大ヒットした作品は、個人的に思い浮かばないですね~。


「ボーンフリー」は「トミー」(06年「タカラ」と合併)が初めて本格的に関与した番組でした。

恐竜&メカはミニチュア実写特撮、人物はアニメで「サンライズスタジオ」が制作下請け。
モデルアニメーションの制作費が掛かり、スケジュール破綻して2クール(25話)で終了…
しかし当時最新の学説に基づいて恐竜がリアルに描かれたなど、評価する声は高いです。

「ボーンフリー」の6日後にスタートした「プロレスの星 アステカイザー」(76~7)は、
131027-3.jpg
戦闘のクライマックスで「カイザー・イン!」してアニメになることがウリでしたが…

違和感を感じた方が多く評判は良くなかったようです。 こちらも2クール(全26話)で終了。

「ボーンフリー」の後番組「恐竜大戦争アイゼンボーグ」(77~8)では立花善&愛の…
131027-4.jpg
サイボーグ兄妹が「アイゼンクロス」。 しかし視聴率は低迷し路線変更を繰り返しました。

「(巨大)ヒーローが観たい!」要望に応えましたが、恐竜が敵になる事に強い抵抗を持たれ
「特撮とアニメは敵対するモノではない」思想とは別の所で失敗、3クール(全39話)で終了。

その後番組「恐竜戦隊コセイドン」(78~9)はスーパー戦隊シリーズファンの間では
131027-5.jpg

「元祖・恐竜戦隊」 として知られてます。 アニメは採用されず全編実写。


「ボーンフリー」「アイゼンボーグ」と共にのちに「円谷恐竜三部作」と呼ばれています。

後番組「科学冒険隊タンサー5」(79~80)は「日本サンライズ」初の夜7時代番組。
131027-6.jpg
76年に東北新社傘下から離脱、円谷プロの下請けなどをしながら少しづつ力を付けました。

同時期の「機動戦士ガンダム」は "実写とアニメの融合" 「まんがはじめて物語」(78~84)
に惨敗という実に皮肉な結果になりましたが、再放送で爆発的ブームを巻き起こしました。
87年に「株式会社サンライズ」に商号変更し、94年にバンダイ傘下になりました。

トミーがメインスポンサーの枠は第5弾「伝説巨神イデオン」(80~1)が最終作になりました。
富野氏が皆殺しにして、因果地平の彼方に吹き飛ばしてしまったようですw


「ウルトラマンが観たい!」ファンの声が高まって円谷プロは「ザ☆ウルトラマン」を制作。
「ウルトラマンの新しい可能性をアニメで表現したい」という制作意図だったでしょうが、
「アニメに屈した、負けた」「嘆かわしい」 とファンは受け止めました。

しかし児童層は抵抗を持たず、サンライズ的には「ガンダムよりずっと人気があった」でした。
現に「打ち切り」にならなかったので「失敗作」「不人気作」とは言えない、ようです。

「実写でのウルトラマンが観たい!」声が高まって後番組「ウルトラマン80」(80~1)が
制作されましたが、当時の学園ドラマブームを反映した「学校編」は1クールで終了。
制作費とスケジュールの関係もありましたが「やや高い年齢層」に不評だったようです。

しかし「アクションに力が入っていた」など児童層の人気は非常に高く、最近のネット上でも
「ウルトラマンと言えば80」 という書き込みが見かけられます。


その後、国内テレビ番組での「ウルトラシリーズ」は「ウルトラマンティガ」(96~7)まで
15年半も制作されませんでした。 しかし当時の児童層は "ビデオ" でウルトラマンに
親しんでいて大ヒット! 「平成第1期ウルトラシリーズ」(96~9)が制作されました。


平成第2期最終作「ウルトラマンメビウス」(06~7)第41話「思い出の先生」は80世代から
「第51話」「真の最終回」「25年待たされた」 と絶賛されました。

矢的猛 役の長谷川初範さんが出演されてます。 管理人も本放送で観ましたが
「80」を全く観てなかったので蚊帳の外でした。 「巨大ロボに夢中だったから」かな…
「学校編が好きだった」 内容の書き込みを当時ネット上で見かけました。

テレビ放送の歴史が進むに連れて「児童層」と「やや高い年齢層」両方の支持を受ける事が
大ヒットの条件の一つになりましたが、それは "至難の業" だと言えます。
でわ

P.S.
次回は79~81年の金曜夜7時に勃発した
仮面ライダー VS 魔法少女 のガチバトルについて。

男児向け特撮女児向けアニメ がゴールデンタイムの覇権を争った
子供番組がまだ熱かった時代でした。

最近昭和の古い話ばかりで申し訳ないけど、この頃は本当に熱かったんですよ!
まだ子供番組が熱かった時代に、管理人は子供時代を過ごせて幸せでしたw
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 特撮ヒーロー - ジャンル : テレビ・ラジオ

14:26  |  戦隊以外の特撮

Comment

実写版とアニメ版両方が好評だった作品と言えば…

まず思いつくのは「ジャイアントロボ」ですね。まぁあれはアニメの
方はOVA作品で、今川監督作品で、売りにしてたのも横山光輝作品
オールスター総出演というかなり特殊な例でしたが…

それとは別にもう一つ、同じく横山光輝原作の「コメットさん」
というのもありました。これは同時期やってた「も~っとどれみ」
に比べると幾分か地味な印象もありますが、一部では名作との
評価も高い作品です。実写版の初代と2代目コメットさんも
母親と叔母の役で出てました。ちなみに「どれみ」レギュラーの
松岡由貴と永澤菜教もレギュラー出演しています。

あと忘れてはいけないのは「聖闘士星矢」の後番組として始まった
「悪魔くん」です。弟が「鬼太郎」とかの妖怪ものが好きだったので
ケーブルTVに加入して放映していた時に実写版と両方録って観てました。

他にも「仮面の忍者赤影」とか「レインボーマン」、OVAの「キカイダー」
等もありますが、やはり傾向としては「仮面ライダー」以前の頃の
特撮番組を観てた世代が親になる時期に合わせてアニメでリメイクする。
というのが多いみたいですね。尤もその位まで遡ると、以前の記事に
あった「アトム」や「鉄人」の様に実写版の方があまりにも酷い
出来でアニメ版が大好評という物の方が多い訳ですが…。
ただ例外的に以前、伊集院光がラジオで話してましたが、実写版の
「忍者ハットリくん」には"忍者怪獣ジッポウ"というのが出ていたのに
後のアニメ版では獅子丸という犬に代わってしまって違和感があった
といいます。

あと、ちょっと実写作品のアニメ化というのとはニュアンスが違うと
思うのですが、一応挙げておきたいのが、以前の記事でも
取り上げられてた「まんが水戸黄門」や、主要キャラが全て動物に
置き換えられてた「名探偵ホームズ」とか知る人ぞ知る
「男はつらいよ」のアニメ版、「フーセンのドラ太郎」というのもありました。

今でこそ特撮技術やCGが発達したので「ヤッターマン」や「ガッチャマン」
「忍たま乱太郎」の様にアニメ作品を実写化する事の方が多いですが、
80年代位だとあまりにアレだった実写作品を補完するためにアニメ化
したという側面もあったのかも知れません。

…まぁその一方で「月曜ドラマランド」などで今のコミック原作ドラマ
よりも凄まじい"アイドル学芸会"と化していたドラマもいくつもあった
のですが。

結果としてそれがいい方向に転がったのが「スケバン刑事」
だったのかも知れません。(ちなみに「スケバン刑事」も後年OVAとして
アニメ化しました。キャストは「シティーハンター」でしたが…)
堀川廉 |  2013.10.31(木) 01:06 | URL |  【編集】

そういうコメント待ってました。

実写版とアニメ版の両方が好評だった作品はけっこうあるようですね。
私はOVAを全然観てないので、よく分かりません。

「愛の戦士レインボーマン」(82~3)は間違って一度だけ観た記憶がありますw
巨大ロボ「レインボーセブン」が出て来たような…
でわ

<追加>
忘れてましたが「怪物くん」「妖怪人間ベム」の実写ドラマが最近好評でしたね。
実写版とアニメ版の両方が好評だった作品は、いくらでもありそうですね。
珍来 |  2013.10.31(木) 22:25 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |