2013.12.15 (Sun)

八手三郎原作の巨大ロボットアニメ (76~85)

「百獣王ゴライオン」(81~2)は東映制作「八手三郎」原作巨大ロボットアニメの6作目です。
131215-1a.jpg
後番組「機甲艦隊ダイラガーXV」(82~3)とハイパーリンクさせた「ボルトロン」(84~5)が…
131215-2a.jpg
アメリカで放送され大人気! 四半世紀後の現在でもハリウッド映画化の噂があります。

この頃から日本アニメは積極的に 海外にも市場を求めました

にほんブログ村 テレビブログへ人気ブログランキングへ

More・・・

「八手三郎」は実在の人物ではなく、東映映像本部テレビプロデューサーの共同ペンネーム。
76年から「ザ・カゲスター」「忍者キャプター」「超電磁ロボ コン・バトラーV」に使われました。
131215-0.jpg
「集団ヒーロー」+「合体巨大ロボ」作品は「ゲッターロボ」(74~5)で始まり「コンV」で早くも
完成したと言えます。 一つの方向性が出て2~3年で決定版が出ることはよくあります。

2作目「超電磁マシーン ボルテスV」(77~8)では「やや高い年齢層」にアピールするため
「大河ドラマ」を導入しましたが、3作目「闘将ダイモス」(78~9)が話数短縮になったため
4作目「未来ロボ ダルタニアス」(79~80)の制作が間に合わなくなりました。
(4作目は「児童層」向けに回帰して「美形悪役」が登場しないため「女性層」が離れました)

「スパイダーマン」(78~9)は「東京12チャンネル」(81年より「テレビ東京」)「水曜19時代後半」
131215-0a.jpg
に放送され、後番組は「ダルタニアス」になりました。 「スパイダーマン」の流れを汲む
「バトルフィーバーJ」(79~80)が「ダイモス」の後番組になり「テレビ朝日」「土曜18時代前半」
最高の枠を確保して「スーパー戦隊シリーズ」は再スタートする事が出来たのです!

「ダルタニアス」以降の「八手三郎原作の巨大ロボアニメ」は「BFJ」以降の戦隊にとって
"生き別れの兄弟" 的な関係であり、様々な要素がフィードバックされました。


5作目「宇宙大帝ゴッドシグマ」(80~1)は「海陸空」のロボと無人機「ビッグウイング」が合体! 
「児童層」からの「ロボットをたくさん出して!」の要望に応えたのです。
「ビッグウイング」はプロポーション調整、武器運搬と "特攻兵器" として活躍しましたw


水金地火木土天海冥 惑星の名前をこれで覚えた人は多いようです。

管理人は内容を全然覚えてないです。 ただ再放送で観た「ゲッターロボ(G)」より
「キャラが立ってなくて」「ロボが動いてなかった」事だけが漠然と印象に残ってます。
「太陽戦隊サンバルカン」(81~2)にもロボの合体方法などに影響を遺してます。
「スーパーロボット大戦Z」シリーズ(08~12)に参戦した事で若い世代にも知られました。

6作目「百獣王ゴライオン」(81~2)は81.4/1に水曜18時代前半に枠移動しました。
131215-3.jpg
81.10/19~12/31までの11週間は平日18時前半に「巨大ロボアニメ」が勢揃い!!!
管理人も子供心に「スゴイ!」と思いましたが、毎週観たのは「ゴライオン」だけです。
(土曜日の「太陽戦隊サンバルカン」を含めると週6日巨大ロボが観られました)

キャラ名と戦闘服、乗機の色が統一されてなくて、ワケが分からなかったですw
131215-4.jpg
「大戦隊ゴーグルファイブ」(82~3)のゴーグルブラックに先駆けて "黒" が採用されましたが
131215-5a.jpg
第6話「勇者銀の死」で退場! 一番まともそうな人がいきなり死んで、管理人も驚きました。
後任はファーラ姫で当初からの予定でした。 「女性メンバーを!」意識が既にありました。

やはり再放送で観た「コンV」と比べると「キャラが立ってない」「ロボが動いてない」でした。
頭部と手足に獅子の顔は斬新なデザインだと思いましたが、分離時の個性が乏しいので
「ライオンと他4種類の動物にした方が良いんじゃないかな?」と漠然と感じました。

第20話「さようなら地球」では「第三次世界大戦」(1,999)により地球が滅亡しました。

「アルテア王国」のゴライオンに選ばれて「ガルラ大帝国」と戦う戦士になった黄金達に対し、
アルテア人が酷過ぎた事を強烈に覚えてます。 「姫」が一喝すれば救いがあったのに…

第23話「十三日の金曜日」で「姫」がビキニで飛び込みしてトップレスになりました。
topless.jpg
おそらく唯一のサービスシーンです。 戦士として優れてる所もこれと言って無かったですが
地球人4人よりはキャラが立ってました。 でも最もキャラが立っていたのは「敵」でしたね。
「スーパーロボット大戦W」(07)に参戦して若い世代にも知られました。

第7作目「機甲艦隊ダイラガーXV」(82~3)からは放送時間が5分切り上げ。
「超人戦隊バラタック」(77~8)以来の東映動画(現:東映アニメーション)制作になりました。

主役ロボ最多の15体合体がよく知られ「スパロボ参戦」を熱望する声が絶えません!
管理人はすぐ観るのをやめましたが、ロボは比較的よく動いてた記憶があります。
「宇宙戦艦ヤマト」(74~5)を彷彿とさせる重厚な内容だそうですが、解説不能です。

第8作目「光速電神アルベガス」(83~4)は「ゲッター再生」を目指し、主題歌は良いです。


三体合体六変化 玩具の再現性を最重視、没個性で変り映えしません。
メンバー3人の1人が女性は「超獣戦隊ライブマン」(88~9)を先駆けてましたね。
「ゴッドシグマ」「ゴライオン」が参戦したなら「スパロボ参戦」するかも知れません。

第9作目「ビデオ戦士レザリオン」(84~5)は八手三郎原作の(巨大ロボ)アニメ最終作。
前作でテレビ東京の枠を失って、TBS系列日曜17時前半に放送されました。

今更「リアルロボ路線」を目指し、ほとんど語られる事が無い幻の作品です。
コンピュータ・ネットワーク社会の要素を採り入れるなど前衛的な内容だったようです。


日本の子供人口(15歳以下)が減少に転じ「パイが年々小さくなる」事を見越し、
東映はそれ以前からあった「海外市場の開拓」により力を入れるようになりました。

「ボルトロン」(Voltron: Defender of the Universe)はその一つで、アメリカでは今尚
絶大な人気を誇ります。 管理人は海外ファンサイトを色々と閲覧しましたが、どうしても
「もっと良い作品があるのに、何故?」という疑問は消えませんでした。

放送コードが国によって異なるので「キン肉マン」での「ブロッケンJr.問題」など
様々な問題が起きましたが、日本のアニメは世界的に高い評価を得るようになったのです。

「トランスフォーマー」シリーズ(85~90)の作画は主に東映動画が担当し、日米で大ヒット!
「ロボットがたくさん出て来る」ので「児童層」人気が高く、玩具も大ヒット!!
その凄まじい勢いは「やや高い年齢層」向けのリアルロボを駆逐していくほどでした。
でわ

P.S.
「ゴライオン」で最もキャラが立っていたのは敵である「シンクライン皇太子」でした。
第14話「地獄の皇太子」で "美形悪役" 然として登場しましたが「姫」に一目惚れ!
第21話「アルテアの姉弟星」では姫の遠縁で容貌が似てるアミュー姫を拉致!!


私がファーラ姫を手に入れるまで 良く分からないけど…

その代わりをするのだ!!! 「コイツ最低!」と思いました。

その後も最低発言のオンパレードでしたが、声が神谷明さんなので次第に「カッコ良い!」
と感じてしまいましたw 物語は彼を中心に進んで行き、強烈な存在感を放ってましたね。

「スパロボW」では "ハーレム設定" を持つそれまでに無いタイプの悪役キャラになりました。
ハーレム
女性キャラからは蛇蝎の如く忌み嫌われ、ゲッターの流竜馬を始めとする男性キャラからは
「破廉恥なヤツ」と軽蔑されますが、一部には密かに強い憧れを抱く者も居ました。
サブロウタ

女性キャラを攻撃する際 ハーレムに加えてやろう と原作に無い発言をします。
「機動戦艦ナデシコ」(96~7)のミスマル・ユリカ艦長あたりにも言ってのけるワケですねw

「声付き」なら最高でした! 05年から離れてますが「スパロボ」やりたくなりましたよ♪
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アニメーション - ジャンル : テレビ・ラジオ

13:00  |  巨大ロボアニメ

Comment

DVD化されないですね

今回、コンバトラーVを筆頭にビデオ戦士レザリオンまでの八手三郎原作のロボットアニメを取り上げましたね、コンバトラーV、ボルテスV、闘将ダイモスは東映ビデオの方からDVDが発売されましたが未来ロボダルタニアス以降のロボットアニメは未だにDVDもしくはブルーレイ化されてないみたいです、東映ビデオのサイトやAmazonのサイトをのぞいたりはしょっちゅうしているのですが音沙汰が無いですね未だに、ソフト化を願っているファンを大勢いるとは思うんですが、東映チャンネルでは再放送され視聴の機会がありましたが。
あさばよしゆき |  2013.12.15(日) 19:16 | URL |  【編集】

こんばんわ、あさばよしゆき さん 

私が本放送で毎週観た巨大ロボアニメは
「鉄人」「ゴライオン」「イッパツマン」「ダンバイン」
それに「レイズナー」の5作、更にもしかして「ゴッドシグマ」です。
「ロボの者」を名乗るにはちょっと少ないですねw
戦隊に与えた影響が多いシリーズなので採り上げてみたかったです。

「ダルタニアス」「ゴッドシグマ」は入手し難いかも知れませんが
DVD化されてます。「ゴライオン」以降は日本ではソフト化されてません。
アメリカでのVoltron人気は「Lion Voltron」に集中してるようです。

「ダンガードA」「ガイキング」「ガ・キーン」「バラタック」が
DVD化されたので、きっと近い将来実現すると思います。
その時「萌え擬人化した美少女キャラ」が販促するかも知れませんw
でわ
珍来 |  2013.12.15(日) 20:41 | URL |  【編集】

お久しぶりです。ゴライオンのアミュー姫の気絶、お姫様抱っこシーンたまりません。
yamada |  2013.12.25(水) 13:58 | URL |  【編集】

お久しぶりです、yamadaさん

「気絶に興味を持った切っ掛けを教えて下さい」とレスしたら、
コメントされなくなったので「どうしたのかな?」と思ってました。

ゴライオン本放送時「不思議な番組」と思ってました。
4人の地球人の主役回がなく、どういう人かサッパリ分からなかったです。
姫の頑張りや気転で勝利した事も、少なくても私の記憶には無かったです。
でも、皇太子のキャラが立っていたので何となく毎回観ました。
どうしてそういう煮え切らない構成にしたのか、未だに不明ですね。
でわ
珍来 |  2013.12.25(水) 23:02 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |