2014.06.08 (Sun)

魔物ハンター妖子 (90~5)

OVA「魔物ハンター妖子」は「セラムン」よりも前に制作された非18禁「戦闘美少女アニメ」。
(「魔法少女ちゅうかなぱいぱい!」 (89)の「やや高い年齢の男性層」向けアレンジかも)
140608-1.jpg
真野妖子(声:久川綾さん、セーラーマーキュリー)は "魔物ハンター" として覚醒しました。
140608-2.jpg

やった~けっこうイケるじゃなぁい♪ チャイナドレス姿。

男の子達に混じって(変身)ごっこ遊びした "変わった女の子" について。
にほんブログ村 テレビブログへ人気ブログランキングへ

More・・・

戦後から「チャンバラごっこ」「忍者ごっこ」が男の子達の間でブームになり、当時から
男の子達と一緒に遊ぶ "変わった女の子" が居る事は知られていたようです。

日本初の集団ヒーロー番組「忍者部隊月光」(64~6)では既に女性隊員・三日月
(演:森槙子さん)が居ました。 その後 "紅一点" はほぼ恒例になります。
忍者部隊 月光 1stOP1
(原作漫画では男ばかりで描いてて辛いためか唐突に隊員の一人が少女と判明しますw)

「科学忍者隊ガッチャマン」(72~4)ではG3号・白鳥のジュンが人気を集めました。
「変身ブーム」(71~4)には "紅一点" も変身するようになり、戦隊に引き継がれます
140608-a.jpg
漫画「けっこう仮面」(74~8)の "おっぴろげジャンプ" を彷彿とさせるジュンの飛び膝蹴り!
「兵隊」(戦闘員の固有名称無し)は避ける事が出来ず、ジュンの膝が鼻にめり込みますw

「やや高い年齢の男性層」にも観てもらいたいので "サービスシーン" がありましたが、
「男児層」もこういうので初めて "性に目覚めた" 事がよくあったようです。

83年に「ゲーム」(ファミコン)と「OVA」が登場した事によって「男児層」という "足枷" が外れ
85年頃から「やや高い年齢の男性層」向けの「戦闘美少女アニメ」が制作されました。

ゲーム「夢幻戦士ヴァリス」(86)はOVA「幻夢戦記レダ」(85)と「スケバン刑事」(85)を混ぜた
的な内容らしいです(管理人は未プレイ)。 「ギャルゲーの始祖」と呼ばれます。

「プロモーションアニメ」(87)。 この頃「ファンタジー」と「ビキニアーマー」が一般化します。

90年代初頭にかけ「女性キャラが主役」「女性キャラばかり登場する」OVAが
多く制作されましたが、当然ながら「やや高い年齢の男性層」向けの内容ばかりでした。
テレビ放送を前提としないので「エロに走る」事が出来る利点がありましたね。


「美少女戦士セーラームーン」(92~3)は"女児層のための戦闘美少女像"
を追求した画期的な作品でした。 メンバーが全員女性ですが、その事により「女児層」は…
140420-2.jpg

男の子抜き女の子だけで変身ごっこしたい

"夢" が叶ったのです。 テレビ番組製作者は "変わった女の子" には気付きましたが、
その陰で "男の子達と一緒には出来ない" 女児が大勢居る事に気付かなかったのです。

「児童層」は要望をうまく言葉に出来ないのですが、男性クリエーターは昔そうだったので
「男児層」の要望はある程度想像出来ます。 しかし「女児層」は何を考えてるか分からない
"謎の存在" なので、20年以上気付かなかった事は "仕方がない" と言えます。


「美少女戦士セーラームーンCrystal」(14.7/5~)のキャストが先日発表されました。

三石琴乃さん以外は「セラムン直撃世代」ですね。 「キュアピース」の金元寿子さんが
「キュアムーンライト」の久川さんから「セーラーマーキュリー」を受け継いだと聞いて…
140608-e.jpg
管理人は上のネタイラストを思い浮かべました。 説明省略、分かる人だけ笑って下さいw
(「ピカピカぴかりん じゃんけんポン♪」は前代未聞の名乗りでしたが、好評だったようです)

「セーラーマーズ」を受け継いだ佐藤利奈さんが「レイちゃんをやりたかったけど…」
「背が高いから、まこちゃんだった」と "ごっこ遊び" の思い出を感慨深く語られてます。
「セラムン」で「女児向け戦闘美少女アニメ」が定着したから持てる思い出でしょう。

久川さんはOVA「ああっ女神さまっ」(93~4)で三女(末っ子)「スクルド」役を演じられました。

続けざまに人気キャラを演じられ、完全にこの頃は "人気声優" になられていたようですね。
管理人は国立大学の工学部に入りましたが、こんな事は絶対に… と思いますw

「カードキャプターさくら」(98~00)では「ケロちゃん」(ケルベロス、仮の姿)を演じられました。

真の姿は「グリフォン」に近いようです。 顔の中心の点が "鼻" じゃなかったらコワい。。。

「ハートキャッチプリキュア!」(10~1)で「セーラー戦士」と「プリキュア」の両方を演じた…

唯一の声優になられました。 他とは一線を画す非常に重い宿命を背負ってましたね。

更に「聖闘士星矢Ω」(12~4)では2人目の女性黄金聖闘士・蠍座のソニアを演じられてます。
140608-f.jpg
ちなみに初の女性黄金聖闘士は双子座のパラドクス(声:ゆかな さん、キュアホワイト)です。


管理人が「妖子」を初めて観たのはケーブルテレビ、これ18禁作品じゃないんですよね~。
真野家の女は16歳で「魔物ハンター」を継ぐ宿命がありますが "処女" 限定という設定。
140608-3.jpg
「敵」は当然その資格を失わせようとしますね。 必然性があるサービスシーンと言えます。 
140608-4.jpg
ぶっちゃけ声が無いのが残念! 第107代目の祖母・マドカが乱入して阻止しました。

90年代初頭までテレビアニメでも "乳首" を映してました(例「らんま1/2(熱闘編)」(89~92))。

そして「キューティハニー」(73~4)以来の "伝統" 「変身時に裸体になる」を踏襲します。
140608-5.jpg

今は昔の神代から卑劣な魔力を封じ込む!

「セラムンでも体の線が見えてた」と思う方も多いでしょうが、かなり抑え気味でしたよね。
140608-6.jpg

第108代目魔物ハンター・妖子 只今参上!

初陣の後の襲名祝い。 一度資格を得てしまえば、後はドンドンやってしまって良いそうですw
140608-7.jpg

早く曾孫の顔を見せるのじゃ! マドカの声は三ツ矢雄二さん。

本作は大人気となり、95年まで6本のOVAとゲーム、CD、小説、漫画が発売されました。
そのイベントで久川さんが「妖子」のコスプレされた事があるそうです(画像未入手)。

次回の記事で当ブログとしては初めて「18禁アニメの戦闘美少女」を採り上げる予定です。

管理人はその方面にそんなに詳しくはないんですが、全く知らないワケではないんですよw
当然「やや高い年齢の男性層」向けですが、無視出来ないくらい "需要" がありますね。

「渋谷でチュッ!」(97~8、声優ゲストのトーク番組)に久川綾さんがゲスト出演された回。

現在放映中の「トッキュウジャー」では「ノア夫人」を演じられ、特撮に初進出されてますね。
でわ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アニメーション - ジャンル : テレビ・ラジオ

13:30  |  魔法少女&戦闘美少女アニメ

Comment

魔物ハンター妖子に関する予備知識

すいません、魔物ハンター妖子は存在自体は知っていたのですが私は予備知識があまりありません、妖子のOVAがリリースされた1990年に声優の久川綾が本格的にヒロイン役を演じると聞き頑張って欲しいなと思いました、話が脱線してしまうのですが南野陽子主演のスケバン刑事Ⅱで光戦隊マスクマンのピンクマスクこと前田賀奈子さんがゲスト出演した際はチャイナドレスを着ていましたね、以前、管理人さんは賀奈子さんを取り上げた時にその時の記事を書き込みましたね、マスクマンとは違う賀奈子さんを知るキッカケになりました、妖子の場合、エロの要素を出す上であえて当時流行していたビキニアーマーでは無くチャイナドレスを選んだ事には新鮮味がありましたね、前回、管理人さんのブログで取り上げて欲しいとお願いした夢幻戦士ヴァリスは斉藤由貴主演のスケバン刑事とOVA作品の幻夢戦記レダから思いついたゲームだと言う情報は間違いではないはずだと確信しています、ギャルゲーの始祖と言う情報もしかりです、1986年の12月にパソコンゲームとして発売されたヴァリスは1987年8月にファミコン版が作られ、そのCMのアニメーション制作には新世紀エヴァンゲリオンの庵野秀明監督が初めて監督を務め上げたアニメーション作品になりました、ヴァリスはその後、1980年代終盤から1990年代初頭にかけてPCエンジンでシリーズ化を展開しました、私はヴァリスを知ったのはファミコン版からなので今でも愛着があります。
あさばよしゆき |  2014.06.08(日) 14:14 | URL |  【編集】

こんにちは、あさばよしゆき  さん

まず「チャイナドレス萌え」ですが、
私の場合は斉藤由貴さんのNECのCM(87?)が最初でした。
ピンクマスク・前田賀奈子さんのデビューはその前かな…
誰が最初なのか分かりません。 ストⅡの春麗は91年ですね。

ヴァリスがスケバン+レダだとしても、作品テーマは重いとか。。。
私がゲームにハマったのは95年からなので、よく分かりません。
庵野秀明監督の初監督作品がそのCMとPVだったそうです。
でわ
珍来 |  2014.06.08(日) 17:26 | URL |  【編集】

あまり余裕がないので取り急ぎ…

記事で扱われる前にコメントしときたいと思います。

今の所仕事が忙しくて自分のブログが全然更新できずにいますが、
元々大分前から"スーパーヒロイン"について歴史を追って来て
いてその中でも是非とも次回の更新の時、取り上げようと思った
作品が2つあります。

一つは元々18禁OVAとして作られたにも関わらず、その高い
ストーリー性から一般向けに作り直されてシリーズ化され、
今年発売されたPS3ソフトの"超ヒロイン戦記"参戦キャラ
に於いては唯一の80年代作品だった「ドリームハンター麗夢」です。
主演は「くりぃむレモン」を始めとする当時の
18禁OVA作品の殆どに出演していた松井菜桜子さん
(プリキュアでは今年の妖精リボン役とSSの
ミズ・シタターレ役で出演)

大きな特徴としては、主に夢魔相手の戦いとなるので
主戦場の夢の中ではビキニアーマー姿の"夢の戦士"
としてビームソードを振るいますが、戦場が現実世界
に移ると探偵姿かレオタード姿でマグナムや車に
装備されたミサイルランチャーを撃ちまくって
戦う所でしょうか。

個人的には元々奇面組の時から松井さんは結構
好きだったので特に思い入れは深いです。

二つ目はスーパーヒロイン物として分類するのは少々
微妙なのですが、キャスト的にセーラームーンの原型
と言えない事もないので取り上げたかった
「プロジェクトA子」です。

調べてみると元々は"くりぃむレモン"シリーズの1本
として企画された作品らしく、その名残か劇場公開
された時の併映は『旅立ち 亜美・終章』でした。

大筋としては天然娘のC子(富沢美智恵)の親友の座を
めぐってA子(伊藤美紀)とB子(篠原恵美)が争う中、
謎の宇宙船がやってくるというもので、

A子は変身は一切行わず、セーラー服のままで
数十mものジャンプやミサイルからミサイルへ
飛び移る八双跳び、鋼鉄をブチ抜く怪力等を
見せますが、これは両親がスーパーマンと
ワンダーウーマンだからということになってます。

対するB子は天才的頭脳と財力でパワードスーツ・
赤城山23号を作り、装着して対抗してました。
個人的には主武装の「赤城山ミサイル」がかなり
ツボでした。

こちらも麗夢同様に続編が数本作られましたが、
最後に作られた「A-co theVS」はキャラも設定も
別物であまりパッとせず、そのままあっさり
消えてしまいました。しかし、第1作に限って
言えば後の「Gガンダム」にも通じる様な問答無用の
美少女アクションが見られる仲々侮れない作品ですよ。

他にもコメントしたい記事は色々あるのですが
余裕がないので今回はこれまで。でわまた。

堀川廉 |  2014.06.09(月) 00:32 | URL |  【編集】

お久しぶりです、堀川廉 さん

私も消費税上がったのにヒマになりませんw
タイトルしか知らない作品が多いので調べながらレスします。

まず84年に発売されたOVA「くりいむレモン」が
アダルトアニメの実質的な先駆けのようです。
「麗夢」(85~92)はファンタジーというかホラー
と重火器アクションが楽しめるようですね。
「美神」や「いずな」は夢魔的なお話があるので
影響されてるかも知れません。

「プロジェクトA子」の第1作(86)はTVCMを観て
「スケバン刑事Ⅱに影響されてるのかな?」と思った記憶があります。
「人造人間18号」「セーラージュピター」「セーラーマーズ」
という恐ろしいメンツですねw

「メカと美少女」は現在まで変わっていない傾向ですね。
「女性キャラが主役、女性キャラばかり」の点は「セラムン」に
影響を与えたと思いますが "原型" と言える作品は無いと思います。
でわ
珍来 |  2014.06.09(月) 21:53 | URL |  【編集】

ケロちゃんといえばCCさくらのアニオリキャラの
李苺鈴(声:ゆかなさん(当時は野上ゆかなさん)、キュアホワイト)は
こんな風なコスチュームで拳法の使い手でしたね
kivaxtuto |  2014.06.10(火) 00:58 | URL |  【編集】

こんばんわ、kivaxtuto さん

私は「さくら」をほとんど観てません。
"チャンナドレス姿で拳法(カンフー)の使い手"
的な女性キャラは91年以前にも居たような気がします。
"チャイナドレス萌え" の起源は誰なんでしょうね?
でわ
珍来 |  2014.06.10(火) 22:16 | URL |  【編集】

90年頃の宇宙船

戦隊プロデューサーのインタビュー記事で「次の戦隊は女5人でという話が持ち込まれた」という談話がありました
セーラームーンはその企画が雌伏の後姿を変えたものかもしれないと思っています。漫画連載とアニメ化がほぼ同時ですしね
金注が終わってがっかりした |  2014.06.27(金) 20:42 | URL |  【編集】

初めまして、金注が終わってがっかりした さん

コメントありがとうございます。
「バイオマン」の頃「全員女性でも良いかもw」と
"冗談" が囁かれたという話は聞いた事がありますが、
「話(企画?)が持ち込まれた」は初耳です。

「戦闘美少女」要素があるアニメをOVAを含めて探しましたが
セラムン以前に「女児層を第一に考えた」作品は見つかりませんでした。
(「リボンの騎士」は「戦闘美少女」としては微妙だと思います)
特撮の方ではあるので、今後の記事で触れる予定です。
でわ
珍来 |  2014.06.27(金) 22:54 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |