2014.11.16 (Sun)

ジャンボーグA (73)

「ジャンボーグA」は円谷プロダクション創立10周年記念番組の一つとして制作されました。
141116-1.jpg
第27話から "2号ロボ" 「ジャンボーグ9」が登場して状況によって使い分けます!
141116-2.jpg
第27話「ジャンボーグA-2号誕生!その名はJ-9」と第28話「復活!ジャンボーグA
グロース第4号作戦」を紹介します。 低予算番組ですが "早過ぎた名作" です。 
にほんブログ村 テレビブログへ人気ブログランキングへ

More・・・

「差別用語」を連呼して申し訳ないんですが、第26話「気ちがい星とノンビリゴン」冒頭で

「気ちがいじみた活気に満ち溢れている」 と

敵・グロース星人が地球(人)を評しました。 73年当時の日本を象徴してると思われます。
(74年に「精神障害者家族会」が放送局に抗議した事から「差別用語」規制が始まりました)

「ファイヤーマン」(73)は "円谷プロ創立十周年記念番組" と銘打ち…

アカレンジャー・誠直也さん主演、岸田森(82年満43歳没)さんも出演、力が籠ってましたが、
全30話で打ち切られました。 同時期に「ウルトラマンタロウ」(73~4)も制作された為、
「ジャンボーグA」の制作費は逼迫「セスナを借りるにも困った」らしいです。


「巨大なモノ」を「畏(おそ)れ敬い」「憧れ」を抱く事は人間の本能、と言えます。

「ロボの大きさ比較」を観れば明らか! 「"人"が乗り込んで操縦した最初の巨大人型ロボ」は

「The War of the Worlds」(1,898年、H・G・Wells著)に登場した 「Tripod」 (3本脚)
141116-0.jpg
の可能性があります。ロンドンに出現した5体の内1体を英国軍が砲撃で撃破に成功した後
「(タコ型)火星人」が乗り込んでいた事が確認されました。 「自律型」かも知れませんが、
火星人達が "操縦" してたとも "自分達に似せて造った" とも考えられます。


「主人公(正義の味方)が乗り込んだ」最初の巨大ロボアニメは「アストロガンガー」(72~3)
と言いたい所ですが "融合" が正しく、主人公が操縦してる描写はありませんでした。

「ジャンボーグA」の企画段階の漫画「ジャンボーX」(70、中城けんたろう さん著)は主人公が
141116-b.jpg
巨大化しましたが、漫画「ジャンボーグA」(70~1、73、内山まもる(11年満62歳没) さん著)は
141116-a.jpg
"腹部に操縦室があり、主人公の動きをトレースして動く" 画期的な設定でした。

上は漫画「マジンガーZ」(72~3)よりも先駆けていた事を証明する非常に貴重な動画です。
(非常に惜しい事に映像化はアニメ「マジンガーZ」(72~4)に約1ヶ月半遅れてしまいました)


特撮版では「ジャンボーグA」(以下「A」)操縦室は左眼の奥になり「ジャン(セスナ)」から
"変形" する設定になりました。 主人公・立花ナオキ(演:立花直樹さん、「カゲスター」(76))
は義姉(兄嫁)から借金して、軽自動車「ホンダ・Z 」(のちの「ジャンカー(Z)」)を購入しました。
141116-3.jpg

兄貴が買ってくれた指輪で車なんか買っちゃって オイオイw

"問題行動が多い主人公" として直撃世代(現在40代半ば以上)の心に刻まれたようです。

嘗てない強敵「ジャンキラー」のミサイルが「A」の左眼を直撃! ナオキも同部分を負傷。
141116-4.jpg

クソォ! 「制御ワイヤー」で操縦、「ヘッドギア」(脳波)と「ヘッドホン」(音声)は補助。

「勇者ライディーン」(75~6)や「闘将ダイモス」(78~9)は上体のみのトレースでしたが、
「機動武闘伝Gガンダム」(94~5)的な完全なる "モビルトレースシステム" のようです。
しかし "機体のダメージが操縦者にフィードバックされる" かどうかは不明です。

第1話で「地球パトロール隊」PAT(パット)の初代隊長である兄・信也が死亡しました。
141116-5.jpg

ナオキさん、さようなら 女性隊員・野村せつ子と小太りの熊井五郎の

2名だけが第1話から最終話まで登場。 多くの殉職者が出た組織として知られてますが…


ズンズン ズビズビ ズビズバ♪ 活躍度は高いと感じました。

非常に耳に残る挿入歌「輝け!P.A.T」。 子門真人さんが「谷あきら」名義で歌いました。


「エメラルド星人」は第1話でナオキが「兄の仇」とセスナで特攻した際に「A」を託しました。

命の重みを知る若者よ …地球人とは異なる感性を持つ宇宙人です。

141116-6.jpg

君に「3つの命」を与えよう 「3つ目」が何かは教えてくれません。

予算とスケジュールの都合から「ウルトラマン」のスーツを改造、エメラルド要素は無し。

「ジャンカー(Z)」が「ジャンボーグ9」(以下「9」)に "変形" します。 操縦法は自動車的!
「A」と比べて操作性が悪い代わり、装甲とパワーに勝ります。 「ボスボロット」が登場した…
141116-7.jpg
「マジンガーZ」第48話「ボスロボット 戦闘開始!!」(73.10/28)より先の7/18放送でした。

「戦闘メカ ザブングル」(82~3)第26話で登場した「ウォーカー・ギャリア」より約9年も前で…

映画「マジンガーZ対暗黒大将軍」(74.7/25公開)で登場した「グレートマジンガー」より1年前!

アニメではありませんが 「史上初の2号ロボ」 であると断言出来ます。


「スマイルプリキュア!」(12~3)とのMAD。 毎度の「プリキュアMAD」でスイマセンw が…

「主役ロボ交代の元祖」「交代ではなく状況によって乗換」
のコメント通りなので後述します。 「ザブングル」より6週遅れて2号ロボ「三冠王」が登場した
「逆転イッパツマン」(82-3)は1号ロボ「逆転王」が登場しなくなり、多くの子供達(管理人含む)
を悲しませました。 その問題を(出来る限り)解決するアイディアを既に出していたのです! 

「スマプリ」第35話では「キュアハッピー」が巨大ロボ「ハッピーロボ」に変化させられ…
141116-10.jpg

キュアピース(黄瀬やよい)"重度のロボット大好き少女" と判明しました。


同様の「キュアハッピー」やマニュアルを一読して操縦法を覚えた「キュアビューティ」
女性として「異常」で、ロボに興味が無い「キュアマーチ」「キュアサニー」「正常」
であるという指摘を当時ネット上でよく見掛けました。 それは間違ってないけど管理人は
「どうしてなんだろう?」と "理由" が気になりました。 その件は改めて再度触れるとして…

「ピースロボ」を登場させた2次創作動画。「2号ロボ」なので自動車的な操縦法になりました。

「9」と「ザブングル」のどちらを思い浮かべるかは年代によります。 「ロケットヘッド」
(「プリキュア頭パンチ?」)をした為にピースは 「精神汚染」 (「エヴァ」(95)の造語)
してしまいましたw  「聖戦士ダンバイン」(83~4)で "思考を直接機体に伝える" 操縦法が
登場しましたが「ハイパー化」という操縦者の命が危うくなる "暴走" も想定されました。
 

次話で2代目戦闘隊長「マッドゴーネ」に早くも「9」の "弱点" が露呈してしまいました!
(冒頭で「PAT」の臨時隊員になったナオキが "機密" をペラペラ喋るシーンは違和感アリw)
141116-8.jpg

ヤツは飛べないのだw 「エアドルメン」で一方的に空爆して退散。

拉致された三ツ木博士と引き換えに三代目「PAT」隊長・浜田 守は(本物の)設計図を
持って取引場所に出向いて拉致され、上空から2人で飛び降りました。 オイオイ(汗)。。。
141116-9.jpg

分かったぞ「第三の命」 「ジャンセスナ」を懸命に修理して「A」復活!

展開がおかしい事より、前話で大ショックを受けた「A」ファンをフォローした所が素晴らしい♪
以後、空を飛べて「ジャンサーベル」などの武器を扱える「A」と「9」を状況で使い分けました。
(正義のロボが「剣」(携帯武器)を使う事も「グレートマジンガー」(74~5)に先駆けてました)

「マジンガーZ」で「ジャットスクランダー」が登場した第34話(7/22)とほぼ同時期の放送。

"巨大ロボが空を飛べるかどうか" の重要性に「特撮」「アニメ」が別々に辿り着いたようです。
(「アトム」と「鉄人」は最初から飛べるので、重要性を "掘り下げていない" 感があります)
「黎明期に多くのアイディアが出た」事を感嘆せずには居られません。

その後「石油危機」~「狂乱物価」で「(主人公が乗り込む)巨大ロボ」分野は「アニメのモノ」
になりました。 でも近年は「巨大ロボアニメ」が廃れ気味で「戦隊」が生き残ってるかな…
でわ

P.S.
管理人が「高度成長期」(54~73)の番組を視聴して、よく思う事は
「この頃の日本はまだそれほど豊かではなかったんだな」
…決してバカにはしてません。 むしろ年に10%以上の経済成長なんて憧れます!

90年代以降の番組を視聴すると「80年代と豊かさは変わらない」と感じます。
「ネット」と「ケイタイ」が普及しただけのような… いや「年功序列」が崩壊して
「格差拡大」したので、むしろ悪くなったかも。。。 でも70年代と比べれば豊かです。

「年間自殺者3万人超え」 (98~12) なんて悲観し過ぎなんですよ。
でも「一度得たモノを失う」事は人間にとって耐え難いストレスである、と言えますね。
発想を変えて、給料上がらなかったら車乗るのやめて、上がるまで待てば良いんです。
何年でも!  …それを新規で何十万人という若者が一斉にやればどうなるか。。。
「気ちがいじみた活気に満ち溢れていた時代」 が羨ましい。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 特撮ヒーロー - ジャンル : テレビ・ラジオ

17:30  |  戦隊以外の特撮

Comment

ジャンボーグAから12年後

ジャンボーグAは巨大ロボットものを実写で映像化した作品ですね、けれども同時期のマジンガ-Zみたいな格好では無くウルトラマンみたいな格好でしたので、主役2号ロボットが登場したロボットアニメのはしりである戦闘メカザブングルに先駆けて8年、早すぎたアイデアであったと言えるでしょう、実写で主役2号ロボットが本格的に導入されたのは超新星フラッシュマンからですね、フラッシュマン当時はブームとなっていたタカラトミーの戦え!超ロボット生命体トランスフォーマーに対抗する為にバンダイから厳命が下されました、スーパー戦隊シリーズでロボットを、それももう1台登場させるとなるとミニチュアや着ぐるみを作るだけでも億単位の予算がかかると言うリスクがありましたがもはやそうは言ってられない時代に突入したとフラッシュマンのチーフプロデューサーの鈴木武幸氏は証言していましたね、ジャンボーグAの時代は早すぎた展開でしたがフラッシュマンの時代には必然的に求められる様に変化していきました、戦隊シリーズも年々、新しいロボットの登場する回が増えてきています、フラッシュマンで2号ロボが戦隊でも登場する様になり超獣戦隊ライブマンでは1号ロボと2号ロボの合体が実現、これはバンダイの聖闘士星矢の聖衣装着から思いついた合体です、タカラトミーのトランスフォーマーでも星矢の聖衣装着を真似て主役ロボとサポートロボの合体を実現、年々、コンセプトをオモチャ会社を越えて浪費しています、ジャンボーグAの主役2号ロボの登場は早すぎた展開だったかもしれません、長文失礼致しました。
あさばよしゆき |  2014.11.16(日) 21:10 | URL |  【編集】

2号ロボの両立

2号ロボの登場は話が盛り上がる反面、それ
ぞれのロボの活躍を両立しなければならない
という問題が出てきました。
ザブングル以降のリアルロボットアニメ 
特にガンダム等では後期主人公機体の登場
により、前期主人公機体は仲間に払い下げ
になり、最後には大破してしまいます。
まあ、戦争末期には前期主人公機体は旧式
化していて周りの戦力について行けなくな
るので大破するのはリアルといえばリアル
ですね。

スーパー戦隊や いわゆるスーパー
ロボットアニメでも2号ロボが出てきますが、
単なる1号ロボの強化のための合体パーツ
であり単体での活躍場面が少ないケースが
しばしば見られます。

リアルロボット方式では、1号ロボは仲間
の脇役が操縦するサポートメカに降格
します。
スーパー戦隊方式では2号ロボは新型なのに
最初から1号ロボを強化するための
サポートメカの役割を背負わされています。

ロボの両立は難しいですね。
その点では、エルドランシリーズの第2作
「元気爆発ガンバルガー」では
強化合体できるようになってからも合体せず
に敵を倒す回がしばしばありました。
これはサポートメカを活躍させようという
苦心の表れですね。


片倉(焼くとタイプ) |  2014.11.16(日) 21:22 | URL |  【編集】

こんあんわ、あさばよしゆき さん

私が本作を知ったのは「フラッシュマン」を調べてた約2年前です。
低予算と言っても1年放送され、人気も高かったようなのに、
どうして「2号ロボの元祖」が「ザブングル」とされてるのか
不思議でした。 確かに「交代」ではなく「使い分け」ですが、
それはむしろ、優れてる、先駆けてる、と思えます。

「A]と「9」のデザインは「ウルトラマン」の影響を受けてますね。
新路線を模索しながらも、離れることは難しかった、ようです。
「宇宙サイボーグ」「ジャンボなサイボーグ」にも "迷い"
が感じられます。 思い切って「巨大ロボ」にすべきでした。
正直「ファイヤーマン」よりこちらに力を入れて欲しかったです。
でわ
珍来 |  2014.11.16(日) 22:22 | URL |  【編集】

お久しぶりです、片倉(焼くとタイプ)さん

「ザブングル」「ダンバイン」「エルガイム」の
1号ロボはヒロインが乗り継いでくれましたが、
「逆転王」は(私を含めて)悲しんだ子供達が多いと思います。

本作の関係者によれば "夏枯れ" 対策であり、
「A]「9」の両方を立てよう、という発想が既にあったようです。
「人が乗り込む巨大ロボ」からそこまで辿り着いた事がスゴイ!
ただ円谷プロではいつもの事ですが「早過ぎた」ようです。。。

様々な問題がありますが、もうあらゆる事をやり尽くした、
感がありますね。 やってない事は何だろう? って感じです。
でわ
珍来 |  2014.11.16(日) 22:29 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |