2014.11.30 (Sun)

女性がロボに興味を持たない理由

「スマイルプリキュア!」(12~3)第35話で「キュアピース」(黄瀬やよい)は大興奮しました。
141130-1.jpg

合体したぁ~!!! 「バッドエンドドッキング」のカッコ良さが分かる。

「キュアサニー」(日野あかね)「キュアマーチ」(緑川なお)はそのカッコ良さが分かりません。
141130-2.jpg

合体したな。 合体したね。 女性として「正常」な反応なのかも。

「管理人が今年最もガッカリした事件」 について。

にほんブログ村 テレビブログへ人気ブログランキングへ

More・・・

昔から特撮やアニメには「女性戦士」「女性パイロット」だけではなく「女性科学者」
「女性司令官」が登場します。 女児だけではなく男児も "憧れ" を抱きましたが、

「その憧れを打ち砕く出来事」 が今年立て続けに起きました。


OVA「真(チェンジ!!)ゲッターロボ 世界最後の日」(98)の主題歌「HEATS」とのMAD。

「女児(性)も "アクション(戦い)" を好むけど "ロボット(メカ)" は好まない」指摘が
ありましたが、後者は「日本アニメ黎明期」から知られていた "真理" であると言えます。

アニメ(第1作)「鉄腕アトム」(63~6)、「鉄人28号」(63~6)そして「8(エイト)マン」(63~4)と…
141130-3.jpg
「ロボアニメ」が3本も黎明期に放送され "日本人のロボ好き" を証明しましたが、

"男児(性)に限る"事も知られてました。 「(第一次)東映魔女っ子シリーズ」(66~75)年表。
140525-4.jpg
"女児向けではロボ(メカ)は排除"が「リミット」を除いて徹底されています。
「戦闘美少女アニメ」を定着させた「美少女戦士セーラームーン」シリーズ(92~7)や
"女の子だって暴れたい" を証明した「プリキュア」シリーズ(05~)でも変わらない傾向です。

「バッドエンドドッキング」を「勇者ロボ」他に置き換えたMAD。 「合体アカンベェ」に対し… 


飛んだぁ~!!! 飛んだな。 飛んだね。 

やり取りがあり、ピースは即座に「ハッピーロボ」を「天使デコル」で飛べるようにします。 
「何がスゴイのか分からない」サニー、マーチが "女性として「正常」" であり、
ピースと "マニュアルを一読して操縦を覚えた" ビューティが 「異常」 と言われました。

その理由としては「①先天的なモノ」「②後天的なモノ」が考えられます。

①脳の構造の違い 男性は空間認識、女性は言語が発達してるようです。

②育て方の違い 男児には「車」「飛行機」「ロボ」の玩具をよく与えるから。

「何故そうするか?」と言うと "明治時代の「富国強兵」策の名残" が考えられます。
兵隊になる事をイヤがる男 子供を産む事をイヤがる女
は国にとって必要無かったから。 それ以前から "子供の性別で与える玩具を変える"
事は同様の理由で行われた、と思われます。 尤も大人達は「そういうモノ」と深く考えず、
子供に与えてるでしょう。。。  「もう一つ考えられる理由」を後述します。
(女児に「車」「飛行機」「ロボ」玩具だけを与えたら、は興味があれば "自己責任" でどうぞ) 


「やや高い年齢の男性層」向けの「OVA」(83~)では30年以上メカ美少女
が一大潮流で、ゲームや深夜アニメでも"メカフェチの女の子"はよく登場します。
141130-4.jpg
例として漫画「ああっ女神さまっ」(88~14)の「スクルド」と「ばんぺいくんRX」。 
ゲーム「サクラ大戦」シリーズ(96~05)の「李紅蘭」と霊子甲冑「光武」(紅蘭機)。 
「こんな女の子居るハズがない!」のは分かり切っているんですが「男の夢」です。

<追加>古典名作MAD「闘えっ! エヴァんぺいくんRX」 詳細はコメントを参照にして下さい。

「少年レッドのテーマ」(歌:渕崎ゆり子さん)、管理人は「花組」で紅蘭が一番好きです。


「ガールズ&パンツァー」(12~3)と「ヤッターマン」(77~9)2ndOP「ヤッターキング」とのMAD。

主役の「あんこうチーム」と「カメさんチーム」(生徒会、モデルは三悪)と同等に活躍したのは…

「レオポンさんチーム」(自動車部)の4名! 準決勝までは戦車の修理&改造で異常な技術力
を発揮!! 決勝戦では満を持して「ポルシェティーガ」で参戦、高い戦術眼で大活躍!!!

「影のMVP」と言えます。 「ゼンダマン」(79~80)OP「ゼンダマンの歌」とのMAD。

「ゴレンジャー」(75~7)第16話では敵がシリーズ初めての "分断作戦" を行い、その標的に
ペギー松山を選びました。 彼女が必殺技 "ゴレンジャーストーム" を開発管理してるので…

モモレンジャーが欠けた時、ゴレンジャーは最も弱体化する
から、 以降の「戦隊ヒロイン」にそこまでの "戦力" は居ないので、初代が一番優秀かも。
特撮アニメに登場する「女性技術者」の元祖は不明ですが、戦隊ではモモレンジャーです。

男児向け作品では "科学技術の重要性" を訴える内容が多いので
男児は「科学者」や「技術者」に対する "憧れ "を持つ機会が多いのに対し、

女児向け作品では、女児がそれらに "憧れ "を持つ機会はほとんど無い、と言えます。


「女性がメカ(ロボ)に興味を持たない理由」の3番目は、非常に眉唾な説ですが…
③科学の究極の目標の一つは「人造人間」を造る事なので
「産みの性」である女性は、男性より強く興味を持たない


「そんなこと幼少期から意識するのか?」疑問です。 誰が言ったか出典は不明ですが、
女性が科学で男性より成果を挙げられない理由 が元ネタです。

今年1月に「理化学研究所」の小保方 晴子(30) 研究員が「STAP研究」を発表し、
「リケジョの星」 「ノーベル賞級の発見!」と一躍 "時の人" になりましたが…

その後、研究不正の疑義が発覚して「日本の科学技術への信頼」を大きく揺るがしました。
多くの日本人女性がガッカリしたでしょうが、それと同じくらい日本人男性もガッカリしました。
(「青色発光ダイオード」のノーベル物理学賞受賞により辛うじて救われた、感があります)


「第2次安倍改造内閣」(14.9/3~)は "女性の活躍推進" を標榜しましたが、
1ヶ月半で「松島みどり(58)法相」、「小渕優子(40)経産相」がW辞任する醜態を晒しました。

こちらは最初から期待してなかったけど、ここまでダメだとは思わなかった。 個人的に
「総理大臣になって欲しい女性政治家」 はまだ一人も居ません。
「韓国初の女性大統領」みたいに "ダメだった事が後世まで語り継がれそうな人" は
御免被りたいけど、優秀な人なら大歓迎! …あと20年は待たないと出て来ないかな。。。

これらは、プライベートな事を除けば管理人にとって「今年最もガッカリした事件」です。
「女性はダメという風潮が強まる!」と心配する人も居ますが、それは無いでしょう。
「女児達が自信を無くしてしまうのでは?」心配はナンセンス、それは無い、絶対無いw
"女性の活躍推進を先頭に立って牽引出来る方" が来年こそ登場しますように!
でわ

P.S.
"世界最初のSF小説" 「Frankenstein: or The Modern Prometheus」(1,818)の著者は、
イギリスの女性小説家メアリー・シェリーで「科学的に造られた人造人間」
を最初に発想しました。 「名も無い怪物」はSF初の「超人」であり「怪人」とも言えます。

「女性は科学で男性より成果を挙げられない」説を覆す事例はいくらでもありますね。

・「ガンプラビルダーズワールドカップ2014」ジュニアコース日本代表は11歳の女の子!

国内V4で「今年こそ世界一を取りたい!」そうです。 実に頼もしい!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ☆女性アイドル☆ - ジャンル : アイドル・芸能

21:30  |  未分類

Comment

ブログ開設7年目、おめでとう御座います。

遅ればせながらブログ開設7年目突入、おめでとう御座います、これからもスーパー戦隊シリーズのみならず他の特撮ヒーローやアニメの記事を書き込んで下さるのを期待しています、私が管理人さんのブログを知ったのは2009年の頃です、私が好きな昭和の戦隊や宇宙刑事と言った作品のヒロインを演じた女優さんの水着画像が無いかどうかをネットで調べていた時に管理人さんのブログの存在を知りました、特撮ヒロインがハイレグ水着を着ている画像を見られなくなってしまいましたからね、特に光戦隊マスクマンのピンクマスクこと前田賀奈子さんのハイレグ水着画像が見れた時には嬉しかったですね、戦隊のみならず他の特撮ヒーローやアニメ、ゲームの記事を読んで管理人さんの分析力には驚くばかりでした、私だったらここまで書き込めないと思いましたね、素晴らしい限りです、今回の記事では女性向けのアニメではメカは出てこないとありましたが80年代のOVAは美少女とメカのトピックスが流行していた様に思います、ただしこれに関しては男性向けであって女性向けではなかったですね、アニメ制作会社が男性なら美少女とメカのトピックスならウケるだろうと数多くの美少女とメカのトピックスのアニメを大量に生産していったと思います、それに対して女性の反応はどうだったのかは分かりかねますが、90年代の美少女戦士セーラームーンは原作者の武内直子先生が女性にウケるだろうとする発想を錬って始めたと言うセーラームーンの前作の聖闘士星矢の原作者の車田正美先生的なメジャー路線を狙って始めた事と同じ様に思えました、セーラームーンが放映開始となった1992年3月、私は当時、中学2年生の終わりの頃でした、弟から「兄貴、面白いアニメがやってるんだけど。」と言われ見始めました、第2話から見たのですがつまらなくはなかったので中学3年生になってからも見続けました、見続けてきた途中で私の母親がイヤミを言って来た為に弟が見なくなり私も1人で見ているのが辛くなり見なくなりました、見なくなった要因は高校受験が控えていた事もありますが、高校生になってからはマスコミがセーラームーンを取り上げる様になっていましたので自分が気が付かない内にセーラームーンは社会現象まで発展していたのだなと実感しました、声優志望の若者が急増したのもセーラームーンのヒットで巻き起こった第3次声優ブームからですね、特に若手女性声優のアイドル化が現在まで続いています、セーラームーン以降は声優の情報が過剰なほど増え続け、かつては情報を入手出来なかった受け身的層にもいともたやすく情報を入手出来る様になりました、セーラームーンが終了して約18年が過ぎたにも関わらずまだまだ過去の遺産で儲けようとしている東映アニメーションもどうかとは思いますが、近年ではセーラームーンに代わってプリキュアが女性の人気を集めているみたいですがこちらもメカは出て来ないですね。
あさばよしゆき |  2014.11.30(日) 23:44 | URL |  【編集】

ありがとうございます。

最初の頃はバカみたいに更新してましたねw
今回の件は「当前」と言われがちですが、けっこう重要だと思います。

・女児向けアニメは "メカ(ロボ)の排除" が第一歩でした。
頭脳明晰キャラは "ポケコン" を扱ったセーラーマーキュリー以降、
受け継がれてますが "メカに強かった" と言えるのは、
ハッピーロボを操縦したキュアビューティとジェット機を操縦した
キュアロゼッタくらいですね。 "ロボを自作" したりしません。

・やや高い年齢層の男性向けアニメは "メカと美少女" が伝統。
ロボを自作するような天才的メカフェチがよく登場します。
女性から見ればおかしな事が多いと思います。 美少女ばかり
登場は良いとしても "彼氏無し" が多い事は有り得ないです。
でも男性層は「イケメンなんて見たくない」から問題無しw

私が「セラムン」を最初に観たのは「なるちゃん」と「ネフライト」
のお話でした。 いきなりそれだったのでビックリしましたねw
「アクション」(燃え)重視ではなかったのでハマりませんでした。

年末に「今年の売上」を採り上げる予定ですが、バンダイさんに
"過去最高の利益" をもたらした「妖怪ウォッチ」にも触れないと…
個人的に全然興味が無く「ポケモンと潰し合えば良い」程度の認識です。
でわ
珍来 |  2014.12.01(月) 00:27 | URL |  【編集】

飛行機模型の話ですが。
おジャ魔女どれみの3期であるも~っと!おジャ魔女どれみ第42話で
飛行機模型が大好きな小学生の女の子・ようこが
自分の服が洗われちゃったので
瓜二つの双子の弟・じゅんじの服を借り飛行機を買った際に

もし母親に見つかったら女の子の癖にと言われると思って悩み
更に趣味繋がりで仲良くなった年上の男の子・ともやが
自分を男の子だと勘違いした上に
女の子に趣味は分かって貰えないと言ったことで
女の子だと知られたら遊んで貰えなくなると思い
つい弟の名前を名乗ってしまい
ともやが同じ学校の上級生だったと知ると学校でも話がしたくなり
弟に頼んで1日だけ入れ替わりをお願いする展開がありましたね

この双子の姉弟はどちらも岡村明美さんが演じていて
ハピネスチャージプリキュアだとホッシーワの人でしたね。
kivaxtuto |  2014.12.02(火) 01:22 | URL |  【編集】

貴重な情報ありがとうございます。

私も子供の頃、再放送?で同様のお話を観た記憶があります。
「ラジコン(車)」でしたが、検索しても分かりませんでした。
「女の子らしくない」と悩んでましたが、結末は記憶にありません。

記事の最後に採り上げた「畑めい」さんで気になる事は
「ガンプラが好きである事」に悩まなかったのかな、です。
私はガンプラをやった事がなくて、W杯の存在も初めて知りました。

「車」「飛行機」「ロボ」が好きな女児は多いかも知れません。
北欧では古来より女児にも「剣」「銃」などの玩具を与えた為か、
現在では「ロボ」を欲しがる子も多い、と聞いた事があります。

最近何となく「こち亀」を読んだら
「全ての女性は車を "家電" だと思っている」と書かれてて
偏見も甚だしいだろ、と思った事があります。

それから関係無い話ですけど、思い出したので書きます。
"小柄で軽い" という理由で大学の「飛行機同好会」
男子部員達に「パイロットになって欲しい!」と頼み込まれて、
入部した女性を特集したテレビ番組が面白かった記憶があります。
「女神(アテナ)」のように男子部員達にチヤホヤされたけど
「鳥人間コンテスト」が近づくと重圧で押し潰されそうになったそうです。
でわ
珍来 |  2014.12.02(火) 20:03 | URL |  【編集】

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
 |  2015.10.24(土) 17:12 |  |  【編集】

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
 |  2017.03.13(月) 08:32 |  |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |