2009.02.14 (Sat)

シンケンジャー放送前夜

いよいよ明日(090215)放送開始の「侍戦隊シンケンジャー」
090214-1d.jpg
最初に見た時は驚きましたが、このマスクにも慣れて来ました。
個人的に前作「ゴーオンジャー」のエンジンオーを見た時よりずっと抵抗が無くなっています。
あれも「目玉」が微妙だったのですが、すぐ慣れました。不思議。
少なくてもシンケンレッドはカッコよく見えて来ました。
ゴーグルに炎が浮かぶのがダイレンジャーみたいです。
にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

More・・・

私が気になるのは、ジイ(日下部 彦馬)役の伊吹吾郎さんです。
もしかして、時代劇「水戸黄門」ばりの”勧善懲悪”なのかなと…

前作「ゴーオンジャー」はグッズの売り上げが予想では
2,000年以降で最高を記録しそうだそうです。
090214-2a.jpg
個人的に「低年齢層と高年齢層の両方にアピールできた」からだと思います。
マスクオフの多用、など娯楽性が高かったです。

その反面、「ゴーオンジャー」に対する不満で多かったのは
「シリアスさが足りない、ストーリー性が少ない」だと思います。
ストーリー性は敢えて捨てて流動的にしたんでしょう。
やろうと思えば「ゲキレンジャー」のようにできたはずです。

シンケンジャーではその名の通り「シリアスさ」を出そうとしてるように感じます。
その根拠は敵組織「外道衆」
090201-3aa.jpg
女幹部「薄皮太夫」だけ見ても、
何となく「萌え」ではなく「凶悪さ」を前面に出そうとしてる気がします。

ここ数年の戦隊も終盤の敵は凶悪だったのですが、
「外道衆」は初期から「凶悪」さを発揮してくれるかも知れません。
でも、過度の期待は禁物ですけど。


何年か前、マジピンク・別府あゆみさんが出てるということで
「水戸黄門」を見ましたが、殺陣に迫力を感じませんでした。
(時代劇を見るのはフィルムの頃以来、何年ぶりか不明。
ウメコとジャスミンも最近時代劇に出てましたね)

何でだろう?と考えたんですが、斬られたとき火花が散らないで音だけだから
(斬られて火花が散る演出はマスクマンから)。

でも、火花より遥かに簡単に迫力を出す方法があります…
そう、血が飛び散ればいいんです。絶対ダメですけど
いくらでもシリアスに、ハードに、怖くすることはできますけど
視聴者が受け入れられる範囲でないといけません。

個人的なシンケンジャーの予想として

①「勧善懲悪」色が濃い

②敵組織の凶悪度が高い

③シリアス度が高い


を上げておきます。「高校生戦隊」の予想を既に外してますけどw


最後に納得ができないのが女の子のメカが「猿」と「亀」だということ。
もっと女の子らしい動物はいくらでもいるはず!
私がマネージャーなら、どうやって伝えたらいいか苦しみますね。
「熊」なら、ぬいぐるみ。「虎」なら純粋にカッコイイから
女の子が喜びそうな伝え方がありますけど、猿と亀では…
きっと自分のモチーフは何だろうとワクワクしてるはずです。

「土はしょうがないけど、モチーフの動物は可愛いといいな」
「天だから鳥系だろうな。「白鳥」… 和風だから「鶴」かな」
そんな彼女達の希望と期待を打ち砕いてしまいますよね。

最後に動画です。この子のモチーフが「猿」では可哀そうです。




この子達のどこが「猿」と「亀」なんだ、可哀想過ぎる!
でも、オーピンク・珠緒さんは「モアイ」だぞ、挫けるな。でわ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 特撮ヒーロー - ジャンル : テレビ・ラジオ

23:40  |  33.侍  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |