2014.12.28 (Sun)

ハピネスチャージプリキュア! (14~5)

世界に平和が戻った後、キュアラブリー・愛乃めぐみ は幼馴染・相楽誠司に救われました。
141228-1.jpg

せめて俺の前くらいは本当の事を言ってくれよ

141228-2a.jpg

私、うっ、失恋しちゃった  "愛の名を持つプリキュア" が「失恋」。

「敵」を含めて全ての人々の「幸せ」を願った結果、彼女だけが愛を失い「不幸」になりました。
141228-3.jpg
悲劇が繰り返されなかった、第44話「新たなる脅威!?赤いサイアーク!!」を紹介します。

スーパーヒロインの悲しみ が描かれた意欲的なお話でした。

にほんブログ村 テレビブログへ人気ブログランキングへ

More・・・

神さま「ブルー」は人間「誠司」の "引き立て役" だと個人的に確信してましたが、
誠司がこんな重要な役割を果たすとは思いませんでした。 完全に予想の斜め上でしたね。

後述しますが「戦闘美少女もの」に於ける「男性キャラの役割」は "恒久の課題"
なんです! 「戦闘美少女もの」の可能性の追求とシリーズ変革の意欲を感じました。


その前に「バンダイナムコホールディングス、2015年3月期通期の連結業績予想」(11/6)。
「妖怪ウォッチ」(14~)売上が "400億円" に上方修正されるなど絶好調でした!
キャラクター別売り上げ(12~5見込)
「スーパー戦隊(Power Rangers)」など集計や数値が急遽変更されて「ニチアサ売上」グラフが
更新出来なくて困っていますw  ハッキリしてる事は「ハピチャ」売上が不調だと言う事。。。
ニチアサ売上14見込
<追加>折角作ったので参考までに14年10月時点の「見込」を加えた「ニチアサ売上」グラフ。

「妖怪ウォッチ」は、競合する「ポケットモンスター」(96~)が不振以外全く興味ありませんが…

「ライダーと戦隊の某裏番組を終了に追い込んでくれれば良い」と密かに期待しています。


「ハピチャ」は、競合する「アイカツ!」(13~)を意識し過ぎ、的な批判が当初からありましたが、
個人的に「フォームチェンジ」は非常に楽しめました。 例として「マカダミアフラダンス」の…

「プリキュア・ハワイアンアロハロエ」は一定範囲の敵を "脱力" させる効果がありますが、
自分も味方も巻き込んでしまう恐ろしい技w 「戦闘員」(チョイアーク)も継続して欲しいです。

「恋愛禁止」 を司令官・ブルーが定めた事には疑問を感じました。 というより、
「恋愛をストーリの根幹にする事」に 「プリキュアの基本は百合」 だからです。

大人からそう見えるだけで「女児層」は 「女の子同士仲良く」 を好むようなので。

女児(性)は男児(性)よりも "孤独" を恐れ「グループ」で行動する事を好む、傾向があります。
「どうして?」かは分かりませんが、単独より仲間が居る方を「女児層」は好むでしょう。

「美少女戦士セーラームーン」シリーズ(92~8)は "男性助っ人戦士" 「タキシード仮面」が…

登場しましたが、年を重ねる毎に扱いが悪くなりました(当初からギャグ的ではあったw)。

男性の力を借りず 女性の力で地球を守る が

「プリキュア」シリーズ(04~)の基本であり「女児層」に支持された理由の一つでしょう。

「Yes!プリキュア5」(07~8)ではキュアドリームと妖精・ココの人間態との "恋愛" が…

描かれましたが、キュアミントと妖精・ナッツの人間態のペア共々、2年目の「5GoGo!」
本編では "立ち消え" になりました。 「男児層」同様 "恋愛に興味が無い"
のかも知れません。 また、ココとナッツは司令官としては甘く見て "及第点" くらいでした。

「スーパーヒロインもの」の 「優秀な男性司令官」 と管理人が思い浮かべるのは
漫画「エスパー魔美」(77~83)の高畑和夫と「絶対可憐チルドレン」(04~)の皆本光一の2名。
高畑さん&皆本
「先手先手」で動いて作戦を練り、彼女(達)の「負担を最小限にする」よう最大限努力し、
更に「アフターケアも欠かさない」と、男から見ても 「尊敬に足る男」 です。 …が!
「彼の方が超人なんじゃないか?」 「彼が居ないと何も出来ないように見える」シーンが
多々あるので「男性向け」でOKでも「女児向け」では "NG" だと思われます。 つまり…

男は出しゃばらないで! がメイン視聴者「女児層」の本音。

サブの「やや高い年齢の男性層」も "男性がほとんど登場しない作品" が人気なので
「イケメンなんか見たくない!」 ぶっちゃけ 「処女で居て欲しい」 が本音。
"カッコ良い戦いが見たい" 「男児層」が3番で、最後である「やや高い年齢の女性層」の
"(イケメンとの)恋愛が見たい" は 「無視しても良い要望」 でしょう。

映画「人形の国のバレリーナ」と「装甲騎兵ボトムズ ペールゼン・ファイルズ」(07~8)のMAD。


俺の為に死ね! とは言いませんが、ブルーがやってる事はそんな感じ。

どう好意的に見ても 「最悪」 の司令官です。 全て「後手後手」で「ムダな負担を増やし」
そして「アフターケアを全くしない」。。。 「イケメン」で「人当りが良い」から余計タチが悪い! 
「矛盾してる」「自覚が無い」「諸悪の根源」で、世界各地に「プリキュア」を増やした事も 
「ムダな犠牲を増やした」 ようにしか見えない。 一言で言えば "地雷" 。 


第44話の前半では「パジャマパーティ」でプリキュア達が彼に対する不満を言い合います。
失恋した時に女同士で男の悪口をよく言い合いますが、男はそういう事は絶対しません。
どうしてなのか? 管理人は答えられませんが、女性に対してその質問はしないで下さいw
141228-4a.jpg
ミラージュさんを好きなら好きってさっさと言ってれば

こんな大変な事にはならなかったのに!!!

キュアプリンセス・白雪ひめ(本名は長い)は "アクシア" を開けてしまい「幻影帝国」を
復活させた事で苦悩しました。 人を疑わない彼女でも「どうして自分で管理しないの?」
と彼に対して疑問を持ったと思われます。 薄々「諸悪の根源」と気付いたのでしょう。
(ブルーがどうやって「幻影帝国」を封印したのか? 再封印出来ないのか? は不明)

キュアハニー・大森ゆうこ(ゆうゆう)は世界のプリキュア達のケアを "丸投げ" されました。
(「世界のプリキュア」はやるなら、もっと力を入れて欲しかった非常に勿体無い設定です)
141228-4b.jpg

なんであんな胸元開けてるのかしら? ソコかよw

しかし、非常に聡明で出来る子なので、服装を見ただけで「自覚が無い」と直感したのかも…

キュアラブリー・愛乃めぐみ だけは、彼がミラージュとキスするまで全く気付きませんでした。
141228-5.jpg

キスするなんて! 確かに 男から見てもヒドかった。 

キュアフォーチュン・氷川いおな は正義感が強く、納得出来ない事には従わないので、すぐ…
141228-6.jpg

「恋愛禁止」とか出しておきながら 「矛盾」に気付きました。

誠司を含めて誰か一人が「めぐみにしてる事は何?」と問い糺せば、ブルーは悪気無く

えっ? そんなつもりは全然無いよ と答えたでしょう。

めぐみは軽傷で済んだのに、4人とも余計な気を回してしまい助けられませんでした。
尤もそうなったら、彼女達の士気は著しく下がり「幻影帝国」に勝てなかったでしょう。。。

管理人にとっては色んな考察が出来る非常に味わい深いシーンですが、人によっては
"不快" と感じたでしょう。 でも「戦士は疑問(不満)を持ってはいけない」でしょうか?


OVA「マジンカイザー」(01)挿入歌とのMAD。 「キュ荒ブリー」と称される暴れっぷりでした。 

「児童層」がキュアラブリーに期待してる事は「超人的な強さ」「カッコ良さ」だと思います。
でも敢えて「みっともなく」「ブザマ」に胸が苦しいと大泣きする「人間的弱さ」を見せました。
ショックを与えただけかも知れませんが 「悲しみ」 を感じて欲しかったのでしょう


誠司はめぐみがブルーに惹かれるのを見て初めて恋心に気付き、彼女の幸せについて考え、
自分のプライドを二の次にして、彼女のメンタルケアが出来る男に短期間で急成長しました。
141228-7.jpg

お前も幸せになれる! 絶対になれる!!

激励した後「告(コク)れなくて場を外した」事も好感が持てます。 傷つき弱った彼女の心に…

つけ込む者が突如現れました! ミラージュを「クイーンミラージュ」にした「赤い声」

 
お前に救われておきながら お前が苦しんでるのに笑ってる

141228-8.jpg

何故みんなが幸せで自分だけがそうでないのか? 精神攻撃。

お前は後悔してる!! そう、お前は優しい人間だ…

「幻影帝国」の黒幕だった「ディープミラー」の正体・レッドは、めぐみの心を崩壊させました。
141228-9.jpg

しかし、その結果お前だけが愛を失った。

彼女の心に入り込み、その中を悲しみで満たし 「憎しみの結晶」 を植え付けます。 
141228-10.jpg

愛する者がお前を離れた お前は深く傷つき涙を流した

"第2のクイーンミラージュ" になってしまう寸前、彼女の危機を察した誠司の熱い声が…
141228-11.jpg

めぐみ 行こう…  めぐみぃ~!!! 心に届きました。

「憎しみの結晶」を自ら引き抜いた彼女にレッドは「幸せになりたくないのか?」と問います。
141228-15.jpg

みんなと一緒に幸せを探して行きたい!!!

チッ、ミラージュの代わりになると思ったが…

赤いサイアーク(通常の3倍?)と戦う! OPの台詞 この胸に愛が有る限り…
141228-12.jpg

キュアラブリーは無敵なんだから~!!!

倒れそうになった時、プリンセスが「ドラゴンロケット」(プリキュア全部パンチ)で怒りの乱入!
141228-13a.jpg

これ以上めぐみを傷付けさせないんだから!

ハニーとフォーチュンに支えられ、ラブリーは熱い涙を流し、誠司の言葉を噛み締めます。
141228-13b.jpg

誠司の言った通りだ… 私にはみんなが居る

めぐみが誰にもメンタルケアされず、一人で嘆きを爆発させたら絶対助からなかったでしょう。


…寒いな。 俺、何か温かいの買って来る!

愛を憎む「クイーンラブリー」が誕生する悲劇は阻止出来ました。 しかし、レッドは…

キュアラブリーの心を支えているモノは仲間の存在…

141228-14.jpg

そしてこいつか。 めぐみの "心の支え" を切り崩しに掛かります。

前話は最終回のような盛り上りで心配でしたが、予想外の怒涛の展開で目が離せません!

えっ~と、これって良く観たら、昔から「女児向けアニメ」に非常にありがちなお話のパターン

「地雷に引っかからず自分を本当に思ってくれる男を選べ」

ですよね?  制作側からの「女児層」に対するメッセージというか "永遠の真理" です。
しかし、大人になると完全に忘れて "地雷" に引っかかる女性が後を断たないんですね。。。
「地雷でも良いからイケメン!」? …そうですか、男でもそういうヤツ居るから分かりますw
でも、同じ手は続けて使えないので「男性キャラの役割」という課題は残ったままです。
プリキュアシリーズには「女児向け戦闘美少女」の可能性を模索し続けて欲しいです。

劇場版と第44話の「ラブリー VS 赤いサイアーク」で流れた挿入歌「勇気が生まれる場所」。

歌: 中島 愛 さん 、 潘 めぐみ さん、 北川 里奈 さん、 戸松 遥 さん のパート表示付き。

売上に影響せず「児童層」には理解されない事が多いのに、何故「悲しみ」を描くのか?
制作側、大人の自己満足ではないのか? その疑問に対する答えは、管理人の経験上 

「悲しみ」を感じた作品は大人になっても覚えてるから

だと思います。 次回は年内に「恋愛回のまとめ・平成21世紀戦隊編 後編」。
管理人が「悲しみ」を感じた最初の作品についても触れます。
でわ

P.S.
「ピッコロ大魔王」みたいに「ブルーとレッドは元は一つの存在だった」的な
結末は絶対やめて欲しいですね。 「何の為の戦いだったんだ?」となるから。。。
「レッドがブルーを憎む理由」も明かさないで欲しいです。
もし「憎まれても仕方無い」理由だったら同様になってしまうので。

全て好意的に解釈して、様々な仮説を立てて「ブルーを全力で弁護してみる!」
のも難度が非常に高くて面白いと思いますが、管理人は全然やる気しませんね。

女に負担ばかり掛けてる野郎は理屈抜きでムカつくから

ブルーが可哀想、と思う人は優しいけど "地雷" に引っかからないで下さいねw
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アニメーション - ジャンル : テレビ・ラジオ

06:00  |  プリキュアシリーズ

Comment

新しい大ヒット作品と対称的に数字が伸び悩んでるのは確かですが
注目度に関しては既に長期作品となってて今も続いてるモノが
今更新しい大ヒット作品並みの注目度を浴びるなんてことなんて
そうそうないでしょうがね(大衆も新規のモノが食いつきやすいでしょうし)

児童雑誌通りならレッドにも愛があると信じて戦うようなので
例え憎む理由がなくても根っからの外道ではないってことになりますかね
kivaxtuto |  2014.12.28(日) 08:02 | URL |  【編集】

おはようございます、kivaxtuto さん

10月頃に出されたデータは前年までと繋がっていたのに、
最新で今まで含まなかった分が含まれてて驚きました。
Power Ranger抜きのトッキュウの売上は120億くらいのようです。
「妖怪」も「アイカツ!」も全く興味無いですね。

そうですか、全くの外道は良くないかも。
今週のハピチャを観てから「クックファン」に行ってきます。
その後、外泊して30日頃に帰る予定です。 
今後コメント下さる方はレス遅れますね。
でわ
珍来 |  2014.12.28(日) 08:30 | URL |  【編集】

よいお年を…

日曜8:30枠は「戦隊・ライダー」と「デジモン」のつなぎとしてどれみの頃から観ていましたが、「ハマッた」といえるのはフレプリくらいで、最近は観ていませんでした。でも今年は面白かったようですね…(何となくですが、戦隊でいうところのゴーバスっぽいポジション?)。
観ておけばよかったかなあ、と思いました。

トッキュウはトッキュウオーの売れ具合を考えると妥当なところかもしれませんね。妖怪ウォッチはコンテンツとしてはもうピークを過ぎつつあるようなので、来年のニンニンジャーもそれほど“被害”は受けずに済むかな、と楽観視しておりますが…。

逆にモロ妖怪にやられてしまったのがドライブのようです。久々に公開時点で格好良いと思えたライダーで、作風も堅実なので、こういう状態になってしまったのは非常に残念ではありますが…。
ただ、コレクション商法もいい加減食傷というか、上手く言えませんが「今さえ良ければ」的な戦略だと思うので、これを機にいっそのことクウガアギトくらい販促を抑制した作風のライダーを投入してほしい!という願望もあります。規制もあって難しいでしょうが。

何にせよ、2015年も新しい記事を楽しみにしております。
よいお年をm(__)m
たーたん |  2014.12.29(月) 10:58 | URL |  【編集】

お久しぶりです、たーたん さん

寒いので予定より早く帰って来ましたw
私は以前ちょっとだけ観ましたが「女児向けアニメを調べよう」
と思って「スマイル」から俄然ハマって、遡って「全話視聴」しました。
観たり観なかったりだったライダーも毎週観るようになりましたね。

「ハピチャ」は第44話だけでも大満足です。
急遽「ニチアサ売上」の考察をやめて、採り上げてしまった次第です。
売上不振は残念だけど「フォームチェンジ」(と「戦闘員」)は
次作でも残して欲しいです。 略称は「プリプリ」になるのかなw

「トッキュウオー」が売れるとは完全に予想外でした!
毎年年末から1月は気分がブルーですが、2月から元気になりますw
「ニンニンジャー」も期待したいです。 ご存知でしょうけど、
キャストが26日に発表されて驚きました! 年初の記事で採り上げます。

「妖怪」は一度観て「キャンデリラ&フォーチュンが出てる…」
しか心に残りませんでした。 「ポケモン」同様どうでも良いなぁ。。。
うまく言えませんが、私は「ドラえもん」よりも
「パーマン」「魔美」の方が断然好きなタチです。

そうそう「ドライブ」がスタートから "エンストw" らしいです!
「クウガ」の頃に戻して欲しい、要望は多いようです。

年末に「恋愛回のまとめ」をやって今年は終わりにします。
では、来年も宜しくお願いします。
でわ
珍来 |  2014.12.29(月) 13:23 | URL |  【編集】

ドライブより前から平成初期と比較されとやかく言われることはありましたね
まぁ戦隊も昔と比較されますが(ストーリーとか今のCG多用バンクの批判とか)

売り上げと言えば小林靖子さんがメインライターの戦隊は
平成ライダーの時と比べると低かったですが
(まぁシンケンは前作のゴーオンが高いだけで100億を超えていますが)
トッキュウジャーではかなり成功したようですね
kivaxtuto |  2014.12.30(火) 23:10 | URL |  【編集】

「クウガの頃に戻して欲しい」要望はいつ頃から
多くなったのかは分からないです。
小林靖子さんがメインライターの戦隊は
ゴーバスはやや不振でしたが、トッキュウは成功らしいですね。

ハピチャ第45話でテンダーと世界のプリキュア
再登場は嬉しかったです。 もっと「Gガン」みたいに
偏見に満ちた「トンでもプリキュア」が居ても良かった。

誠司は「囚われのお姫様」っぽくなりましたねw
プリキュア的にはそれが正しいのかも知れません。
めぐみが「一番大切な人」と気付くのが早過ぎですが、
丁寧に描いてる余裕がないんだろな、と思います。
1/4がお休みで11日まで待つのがツライです。。。
でわ
珍来 |  2014.12.31(水) 08:14 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |