2015.01.11 (Sun)

大翔ヲトメロ

ゴーオンゴールド・須塔大翔を庇って、ゴーオンシルバー・須塔美羽はハンマーバンキの…
32-29-1.jpg

ハカイ! アニ、あぁ~!!! 連続攻撃を浴びてしまいます。

近年稀に見る大ピンチ! 大翔は冷静さを失い、未調整の新兵器で単独復讐に走ります。
32-29-2.jpg

ゴローダーGT、ホイールモード! 玩具の販売促進回。

須塔兄妹の強い絆を描いた、GP-29「大翔ヲトメロ」とGP-38「乙女ノホンキ」を紹介します。

今年(2,015年)のテーマは「ピンチ回」特集 です。

にほんブログ村 テレビブログへ人気ブログランキングへ

More・・・

「なんでそれを早くやらない!?」と言われそうですが、これまでも多くの「ピンチ回」を
採り上げてます。 細かいモノも含めれば2~3話に1話はピンチで「恋愛回」以上に
定義が難しいので、未採用で "需要がある" と思われるお話を採り上げる方針です。
やりながら "分類" して主な例を "リスト" にして行けたらと思います。 それと… 

・内部留保蓄積は「守銭奴」=麻生財務相が企業体質批判
 ttp://news.nicovideo.jp/watch/nw1392779  新年早々 "動き" がありました。

今年は内部留保蓄積328兆円溜め込んだ企業を "悪者にする年"

そうすれば "完全に悪者にされる" 前に渋々賃上げするでしょうから、必要な事です。
"悪者にされる前にやってくれれば、こちらも悪者にしなくて済む" んですけどねw

前回の記事で「義賊」と書きましたが「盗賊」は数居てもそんなモノは居なかったと言われ、
"自由にモノが言えない時代の架空の英雄" でした。 そもそも…

「英雄」なんて居るのか? 「正義」って何だ?

を含めた "何故ヒーロー(英雄)を求めるのか?" 的なお話を少しずつしようと思います。 


GP-18「庶民ヒーロー」で美羽が磔にされて「ゴーオンウィングス」の "強い絆"
が描かれました。 ぶっちゃけ一言で言えば、極度の「シスコン」と「ブラコン」です。 
32-18-7.jpg
「ソージキバンキ」はノズルで吸ったりしませんw 最近は捕えても何もしないんです。 
「ゴーオン」は "ぬるい" 作風なのでピンチは期待出来ないと思ってました。。。 …が!

GP-29はAパートから「何事!?」と思いました。 顎の一撃でマスクが外れた時点で… 
32-29-3.jpg

ハカイ! あぁ~! 美羽ぅ~っ! 現実的に「即死」でしょう。

更にハンマーバンキの追撃! アニ(大翔)は害地大臣ヨゴシュタインに羽交い絞めされ…
32-29-4.jpg

ハッ!? ハカイ! あぁ~!  助けに行く事が出来ない!

頭を狙われたら終わりですが、ハンマーバンキはヨゴシュタインが部下・ヒラメキメデスを
失った憎しみで、他2大臣の助力を拒んで製造した蛮機獣。 破壊衝動の塊で理性は無い。 
32-29-5.jpg

ハカイ! ハカイ! あぁ… 美羽は意識を失ってしまいます。

遂に頭を狙われて絶体絶命、と思われた瞬間、ゴーオンジャーの救援がやっと入りました。
32-29-6.jpg

トドメだ、消えろ! ヤメロ~ッ!!! ドン引きしました。

このお話のネット上の反響は凄まじく 「ピンチに飢えた男性層」 の多さを
証明しました。 「玩具販促」の為、その "需要" が、久しぶりに? 満たされたんですね。

美羽がスーツの性能で一命を取り留めて、Bパートの戦闘に参加。 戦隊ではお約束です。


70年代から80年代の前半くらいまでは「男性層」の "需要" が比較的満たされてました。
「快傑ライオン丸」(72~3)は時代劇的な集団ヒーローですが、変身するのは獅子丸だけ。

女忍者・沙織はミニスカ風の着物で頻繁にピンチになり「男性層」受けを狙いました。
「男児層」は変身出来なくても頑張る姿を応援しながら "目覚めた" ようですが、
「女性層」が "自由にモノを言う時代" になるに従って減って行ったのです。

管理人の場合は「ゴーグルピンク」が第39話で "火炙り" にされそうになるシーンと
「ダイナピンク」が第29話で "鞭打ち" されるシーンで "目覚めた" と思われます。
どちらもアイドル的なルックスで、一人でも「頑張る」「強い」から非常に応援してました。

90年代後半から ネット社会=クレーム社会 になると更に減りましたが、
"自主規制" に過ぎないので "玩具販促" の為ならアリ、と言う事だと思われます。


GP-38は男性陣が「酸性雨」(ケガレシア様が成分を間違えた)で行動不能になるピンチ。
「エンジンオーG12」登場で存在意義が無くなった「ゴローダーGT」が最も活躍と言うより…
32-38-1.jpg

今日は女の子だけでお相手よ♪ 炎神・ベアールV大活躍!

美羽は 「アニが居ないと生きて行けない~」 と弱気になる事が判明。
ゴーオンイエロー・楼山早輝はGP-34で姉・早苗が登場。 「妹コンビ」で励まし合います。
32-38-2.jpg

私達で頑張ろう! ホラ、スマイル♪ ベアールが…

32-38-3.jpg

女の子のド根性見せたるで! 非常に頼りになりました。

「囮作戦」の為に男性陣を「女装」させました。 一話で全員「女装」したのはシリーズ初w
32-38-4.jpg

みんなは今頃安全な所で大勢の注目を浴びてるわ!

「ゴローダーGT in 炎神ベアールV」の女性的仕草が秀逸! ですが、パワーを使い果たす。
32-38-5.jpg

3人揃って「ゴーオンプリンセス」 

巨大戦は動けるようになった「5人の女装の騎士」が着替える間も惜しんで駆け付けました。
32-38-6.jpg

最近俺固まり過ぎじゃねぇか!? ゴーオンレッド・走輔は…

GP-36で「硬化」し、仲間達がヨゴシュタインを倒したので復活。 需要が無いピンチかな。 

ゴーオンブラック・軍平は「今日は何でも言う事聞いてやる!」と約束。
32-38-7.jpg

いえ何でも… スピードルは「ゴーカイ」第35話でベアールと結婚した事が判明。

20世紀までは「戦えるのが1人になる」ピンチが多かったんですが、21世紀以降は…

ドラマ性重視の為か「2人で…」が増えました。 このお話は実質「3人」ですね。。。

「妹コンビ」の "ルックス" は歴代でも最高クラスですが、幼少期の管理人が観たら、
それほど印象に残らなかったと思います。 管理人が強く印象に残ってる戦隊ヒロインは

男性陣と同等か、またはそれ以上に優秀な人

ばかりですから。 女性戦士が「優秀」「頑張る」「強い」所を見て "初めて認めた" のです。

例として「秘密戦隊ゴレンジャー」第10話のペギー松山・モモレンジャーを挙げます。
・翼仮面 (ヒロインピンチ その15)
 ttp://supersentaiseries954.blog77.fc2.com/blog-entry-355.html#more
戦う事は当前であり、仲間達は「よくやった」とも言わないし、本人も全く求めません。
「女性の自立」 が強く叫ばれた時代を反映していた、と思われます。 
「今は等身大を描いた方が喜ばれる」「時代が変わった」と言われればそれまでです。
でわ

P.S.
<追加> 「少年漫画的な戦闘美少女アニメ」(2D)に約2年ほど大ハマリしてましたが、
今年は3D回帰したいと思います。  ゴーオンイエロー・逢沢りな さんの水着動画。


ゴーオンの頃は細かったんですが育ちました。 ゴーオンシルバー・杉本有美 さんも活躍中。

…杉本さんは正直もっとブレイクされると思ってました。 何かが足りないような。。。
サッカー選手で言えば 「代表に選ばれても "おかしくない"」 逸材だと思います。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 特撮ヒーロー - ジャンル : テレビ・ラジオ

00:00  |  32.炎神

Comment

>>20世紀までは「戦えるのが1人になる」ピンチが多かったんですが、21世紀以降はドラマ性重視の為か「2人で…」が増えました

近年はドラマ性重視と謳うのわりには、内容が薄いものが増えたなぁという印象があります。
それは正義側のドラマやピンチ場面だけでなく悪側の迫力や散り様等にも同じことが言えますが(勿論見ごたえのあるものもあるのですが)


杉本有美さんは本当に素晴らしい逸材だと思うので(大河ドラマにもちょっと出てたし)、今後の活躍に期待したいです。
ギジロク |  2015.01.11(日) 22:43 | URL |  【編集】

薄くはないと思いますが…

個人的に「一人で頑張る」の方が非常に燃えました。
それで初めて戦隊ヒロインに強い関心を持った記憶があります。
「ルックス」だけでは認めないというか、興味を持たなかったですね。
近年は「W主役回」が増えたのはストーリを消化する為
でしょうが、一人が強烈に印象に残る回が減った気がします。

仰る通り、悪のヒロインの散り際は近年でも強烈なのは
ありますね。 着ぐるみと生存が増えた事も事実ですが。

杉本さんはGP-42「学園ノヒミツ」で「スケバン刑事」的な
啖呵を切った時「ちょっとフィジカルが弱いかな」と感じました。
良い所が多い逸材ですが、そこだけがネックのような。。。
でわ
珍来 |  2015.01.12(月) 00:04 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |