2015.07.05 (Sun)

妖怪、ワタシ失敗しないので

モモニンジャー・百地 霞(かすみ)ちゃんは "影の実力者" ニンニンジャーの "裏番長" です。
39-15-1.jpg

シュリケン忍法「美人代理人の術」です メガネと…

スーツ姿で戦闘が行えない、話し合いで勝つしかない "交渉の場" での勝負に臨みました。
39-15-2.jpg

勝算は有りません。 でも、負けはしません!

「心が揺らぎ易い者」を狙え! 忍びの15「妖怪、ワタシ失敗しないので」を紹介します。

「飯食わぬ女房」で管理人が感じた事 について。
にほんブログ村 テレビブログへ人気ブログランキングへ

More・・・

「飯食わぬ女房」の話を聞いて、幼い管理人は「男」の "主張" が完全否定された事に漠然と
違和感を感じた記憶があります。 「飯食わぬ」人間は居ないので、現代風に言い換えれば…

①妻子を持たず自分の為に金を貯める方が幸せに成れる

②生活費を負担しなくて良いと契約する相手ならば結婚する

「男尊女卑」の昔なら "ナイ" 主張ですが(ほぼ)「男女平等」の現代なら十分 "アリ" でしょう。

「共働き」の夫婦は当り前だし「専業主夫」も珍しくない、生活費を出さず家事もしない所謂
"ヒモ" であったとしても相手の女性が納得してるなら、部外者は口を挟むべきではない。
が現れないならを目指すと言う "主張" は、現代では "アリ" と言えるでしょうが…

「完全に妻子を養える」男性を理想とする女性 が現代も多い事と、

その事に疑問を感じる男性 が増えた事が日本の人口減少を加速させるかも。

女性の権利が確立されて、相対的に男性の権利が低下した、事は確かでしょうから…

権利が低下した分、男性の義務を軽減すべき

ではないでしょうか? 「言ってる事は理屈では分かるけど、絶対受け入れられない」
「完全に男女平等でも、男性は妻子を養うのが当前!」という考えは根強いと思います。

管理人は「食わせなくて良いなら結婚する」 "契約" を破られて、妖怪「二口女」に
食べられそうになった「男」の "主張" を完全否定して笑う事は出来ないですね。。。
(妖怪だから人間との契約は「無効」でしょうが、それなら「退治」されても文句言えません)



「晦(つごもり)正影」は九衛門を全く信頼せず、ワザと名前を間違えたりして牽制しています。
39-15-3.jpg

どうじゃ? 「九兵衛」w 九衛門で御座いまする

「僕と契約して、魔法少女になってよ!」(QB) を彷彿とさせるやり取り、
「ウマイ話にノッてはいけない」的な教訓を含んだお話は神話の時代から世界的に多いです。

<追加>こんな感じでガッツいて "営業" してたら絶対に "契約" は取れないでしょうねw

男を騙して財産と生命を奪った「二口女」は "交渉事なら誰にも負けない" 妖怪に進化!
しかし「正影」(声:中尾隆聖さん、フリーザ様)は全く評価せず、おそらく戦闘力が低いから。
39-15-4.jpg

お主如きが儂に意見する権利などないわ!

米倉涼子さん主演の「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」シリーズ(12~4)は観てません。


私、失敗しないので 「ブラック・ジャック」(73~83)の女性版ですか?

「ブラックジャックは成功率1%以下の手術を50%成功」と聞いてスゴイと思った事があります。

更に正影は「九兵衛」に命令w 九衛門はブ然としながら「(巨大)ガシャドクロ」を召喚します。
39-15-5.jpg
「コアラのマーチ」(84~)に「眉毛コアラを見つけると幸せになる」という都市伝説があります。


フタクチオンナは「ロデオ丸」に続いて「スターニンジャー」キンジ・タキガワを狙いました。
(民法第90条「公序良俗に反する事項を目的とする法律行為を無効」は適用されないようです)
39-15-6.jpg

甲が乙の写真を撮る際は一枚までとする!?

事態をこれ以上悪化させない為に霞ちゃんと八雲がキンジを止めに行き、天晴はロデオ丸の
相手をします。 風花ちゃん&凪の年少コンビは "分身" で却ってキツくなりながらも勝利!
39-15-7a.jpg

更にガシャドクロを出さぬか「十兵衛」 フッ#


<追加>「キュウべえ」加藤英美里さんによる「十兵衛」w 管理人も「魔法中年」に成りたい!

止めるのも聞かずキンジは拇印を押してしまう。 何か良い手は有るのか!?
39-15-8a.jpg

有りません えっ? お手上げで~す♪ えっ!

霞ちゃんまさかのギブアップ宣言!? 更に天晴が事態の悪化をダメ押しして絶望的にw
(戦隊では "街の被害" はよく描かれますが、責任を問われない事が "伝統" で "お約束")
39-15-8.jpg

男と男、拳で語り合おうぜ!「猪突猛進主人公」が多い理由は…

「バカは動かし易い」からです。 周囲の迷惑を考えるキャラだと話が作り難いし、
雰囲気が重くなってしまう。 (奇跡的タイミングで)周囲にフォローさせる方が "楽" なのです。


霞ちゃんのウィンクの合図で、八雲は「何か考えが有るようだ」と察し、咄嗟に話を合わせる。
39-15-9.jpg

俺達がイージーだった。今までのどの妖怪よりも強かったな

契約しない限り負けないが、勝ちに行く手段が無い、と思われる圧倒的に不利な勝負を…
39-15-10.jpg

こんなにも優秀な貴女はもっと幸せになる権利

があります! 妖怪として、女として!
 相手の心の弱さ

ハッ、妖怪として、女として!? を突いてひっくり返しました。

フタクチオンナは「ヨイショッショの術」で自ら契約書を破りました。 確かに騙してません。
39-15-11.jpg

ごきげんよう フタクチオンナの声を演じた「沢城みゆき」さんは「Go!プリンセス

プリキュア」(15~)に「トワイライト / トワ」役で出演中で「三代目峰不二子」(12~)の方です。

30分後に再登場されました。 …実は管理人は幼い頃「峰不二子」が好きではなかった。。。
そう書くと驚かれるでしょうが、その理由については今後の記事で触れたいと思います。 

九衛門は正影に辟易としながらも "心が揺らぎ易い者" を狙う作戦には共感。
39-15-12.jpg

僕の弟子にならないかい? いずれ大ピンチを招く予感。。。

最早「恐れ」すら感じた と八雲は霞ちゃんの活躍を評しました。 凪は…  
39-15-13.jpg

裏番長の術ですかw # 要らん事言って、真顔で睨まれてビビるw

「モモニンジャー・百地 霞」役の山谷花純さんに演技力があるから出来るお話ですね。

管理人は物心付く頃から「猪突猛進」より「周囲のフォローが出来る」方が好きになりました。

「スターニンジャ」キンジは忍びの10で、アカ・アオ・シロの3人を軽くあしらったんですが、
"心が揺らぎ易い"為「お命頂戴」が成功しません。 登場が早かっただけに "心の弱さ"
を克服出来ないと、終盤で埋没する恐れがあります。 …出来る展開になると思われますが。

次回は「初めて戦隊メンバーが操られたお話」。
でわ

P.S.
・日本人過去最大の27万減 総務省人口動態調査
 ttp://www.sankei.com/politics/news/150701/plt1507010029-n1.html

日本の人口減少を止めるには「3人以上子供を持つ夫婦を増やす事」が必要ですが、

生きてる間の幸せを放棄して、未来に貢献しろ

と要求する事とほぼ変わらないと思います。 …非常に難しい問題ですが。。。
"強制" 出来る時代ではないので、そうする "メリット" を社会的に作る必要が有ります。
管理人なら「死んだ後の世界に貢献する事」より「生きてる間の幸せ」の方を取りますね。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 特撮ヒーロー - ジャンル : テレビ・ラジオ

00:00  |  39.手裏剣

Comment

モモニンジャー役の山谷花純ちゃんの演技力。

モモニンジャー役の山谷花純ちゃんは演技力の面では5人(スターニンジャーを含めて6人。)のニンニンジャーの中ではトップクラスの実力がある様に思えます、同じヒロインのシロの矢野優花ちゃんがダメと言っている訳ではありません、優花ちゃんも優花ちゃんなりに頑張っている様に思えます、シロの兄のアカの演技を見ていてSLAM DUNKの主役の桜木花道のイメージが出ている様に思えます、アオは同じくSLAM DUNKの桜木のチームメイトかつライバルの流川楓のイメージがあります、今年、桜木を演じた草尾毅さんが婚約発表をされたばかりですね、話をモモに戻しますがモモの花純ちゃんは昨年の宇宙刑事の新作のOVA作品の宇宙刑事NEXT GENERATIONで宇宙刑事達が戦った敵側の黒幕を演じました、今年のニンニンジャーのオーディションのテスト的意味合いもあったのではないかと思います、しかしその一方でキニンジャーが6人の中では個性が弱い様に思えます、演技の面でもっと自己主張しても良いと思います、くどい様ですがもう夏に突入しました、優花ちゃんと花純ちゃんの水着姿を番組で流して欲しいですね、2人の水着グラビアの写真集やDVDが発売されたら絶対買います!
あさばよしゆき |  2015.07.05(日) 01:15 | URL |  【編集】

山谷花純さんの…

演技力は突出してますね。 
忍びの5も主役回でしたが、お話自体が微妙でした。
忍びの15では本領を存分に発揮されたと思います。

「ウィザード&フォーゼ」(12)の頃はまだ16歳になる直前ですね。
ttp://laughy.jp/item/54ab89dc0cf24ce6a6af6294
「小牧 瑠美」役、「怪人同盟」の紅一点でサブリーダー、
愛称は「ルビィ」。 いい感じの悪役でしたね。
…正直「2代目ポワトリン」の方ばかり注目してました(汗)。

第18話を観て、アカとアオはだいぶ良くなって来ました。
こちらが慣れたワケではないと思います。
「考えなきゃダメでしょう!」と兄を一喝する風花ちゃんは
第8話くらいから安定してますね。 凪は最初から安定してるけど、
仰る通りもっと自己主張しても良いかも知れません。

スターさんは追加戦士らしく自己主張が激しかったんですけど、
「こいつ強いの?」という点がもう完全に怪しくなってます。
契約社会のアメリカ帰りなのに口車に乗せられ易いって。。。
大ピンチを招いた後、目立たなくなる、何て事はないと願いたい。

水着回かぁ… 本編では可能性は無いでしょうね。
DVDや写真集、グラビアはどうなのか調べてみます。
でわ
珍来 |  2015.07.05(日) 10:29 | URL |  【編集】

フタクチオンナは・・・

CVが沢城さんだったので色っぽい女怪人を期待してましたが・・・
この回はシノビマルのロボ戦の方が楽しかったですね(笑)

フタクチオンナは巨大戦の方に時間を使ったので印象が薄くなってしまったのが残念です。(ザコ怪人では珍しく巨大化もしなかったですし)
最近の怪人では稀に見る弱さで逆に哀愁すら感じました。

沢城さんとロボットで思いついたのが、何故か「風雲維新ダイ☆ショーグン」でした(苦笑)最近はロボットものも何でもアリな時代になりましたけど・・・
これに登場する沢城さん演じる敵の「法光院」がエロいのでお勧めです。
ギジロク |  2015.07.05(日) 17:51 | URL |  【編集】

そう言えば…

フタクチオンナの巨大戦は無かったですね。
単純な戦力としては全く期待されてなかったのか、
「スターを揺さぶった方が面白い」と九衛門が思ったのか…

契約が分からない児童層もロボ戦を存分に楽しめたでしょう。
ある程度の年齢になると「どれだけ被害が出たんだ」
とシュールさを楽しめるようになると思いますw
霞ちゃんもフタクチオンナも被害には全く言及しませんね。
言及したら「過去の戦隊」やスターの責任を問わないといけませんw

「飯食わぬ女房」には「二口女」が「男」に対して
「飯食わぬ女房が居るか!」と "説教" する展開もあり、
幼いながらも「約束を破ったくせに偉そうな事を言うな!」
「人間がやる事に口出しするな!」と反感を感じた記憶がありますw
今回「交渉事に強い妖怪」と真逆にアレンジされてて、思い出しました。

「キュアスカーレット」関連で「沢城みゆき」さんについて
調べ始めました。 三代目峰不二子、非常に良いと思いましたね!
「ルパン三世」まだ記事にしてなかったんだ。。。
個人的にも思い出があるので、いずれ記事にする予定です。
…いや、予定変更して次回にしちゃおうかなぁ。

「風雲維新ダイ☆ショーグン」(14)ですか、調べてみます。
最近 "最初にヒロインピンチに関心を持った切っ掛け"
になった80年代ロボアニメを全話視聴しました。
でわ
珍来 |  2015.07.05(日) 19:08 | URL |  【編集】

戦隊シリーズでは久しぶりの女怪人ですかね?
昔は魅力的な女怪人がよく登場していたみたいなので、女幹部同様今ではあまり見る機械が無くて寂しいかぎりです。

風貌もキャリアウーマン系で、眼鏡あり絶対領域ありと、巨大戦がメインのせいか、活躍がパッとしなかったのが残念です。
女同士とはいえ、最期は一方的にフルボッコされてあっけなく倒された雑魚っぷりもなんだか物悲しく感じました。
CVも沢城さんで非常にもったない怪人だっただけに、どこかで再登場してほしいくらいでした
NEC |  2015.07.09(木) 19:58 | URL |  【編集】

調べてみたら…

前作「トッキュウジャー」の「シャドー怪人」には女性は
居なかったようです。 グリッタ嬢とノア夫人は声優は
豪華ですが、"悪女好き" の方にとっては「コレジャナイ」かも。。。
前々作「キョウリュウジャー」ブレイブ19の
「デーボ・キャワイーン」(かないみか さん、黒白モードがある面白さ!)
以来ほぼ2年弱ぶりで、確かに女性怪人は少ない、と言えます。

「フタクチオンナ」の活躍は "パッとしなかった"
とは個人的に思えないです。 だって "交渉の場" では、
どう考えてもフツウの方法では絶対に勝ち目が無いですから。
おそらく「契約書」にビッシリ書かれてる事には全く意味が無く
"義務感" につけ込んで操る妖術でしょうから
"突き抜けたバカ"(例:天晴w)には効かないかもw

霞ちゃんが「妖怪として、女として」とヨイショして
自滅してしまいましたが、それ以外では勝ち目が無い手強さでした。
妖怪として評価が低い事に不満を持ってる事は描かれてましたが、
女として… は沢城さんの演技力で、何となく想像出来て良かったです。
「単純な戦闘力で強くなかった事が残念、勿体無い」
と言われればそれまでですが、私としては非常に楽しめました。
でわ

P.S.
最近の記事とコメントで触れましたが
「ゴーバスターズ」の「ティアラロイド」「タテロイド」
「ゴセイジャー」の「イリアン様」「アリス様」
「遮光器土偶のピカリ眼(め)」ちゃんはかなり魅力的でした。
「妖精のサラワレテ居」は失念するほど印象薄かったですねw
"女性怪人は近年少ないけど魅力的" と言えそうです。
珍来 |  2015.07.09(木) 22:53 | URL |  【編集】

お久しぶりです

しばらくコメントもしていませんでしたが…toshiです(笑)
ニンニンジャーも楽しく見ています。
自分はやはり素顔のアクションがあってのヒーローって思ってしまう所があるので剣中心のニンニンジャーはちょっと物足りないこともあります。

山谷さんは映画舞台挨拶で二度お見かけしましたがやはり演技が素晴らしいと思います。

また時々伺いますね。
toshi |  2015.09.19(土) 18:58 | URL |  【編集】

お久しぶりです、toshiさん

2年3ヶ月ぶりですね。
剣戟中心だと変身前アクションは少なくなる傾向がありますが、
それにしても少ないですね。
カクレンやハリケンと比べるとホント少ない。
もっと昔の忍者アニメや特撮は非常に動いてました。

山谷さんはまだ18歳なんですよね。
シンケンピンクのようにブレイク出来るのでわ、と思ってます。
でわ

珍来 |  2015.09.20(日) 07:43 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |