2015.08.02 (Sun)

死を呼ぶ暗号!猛毒コブラツイスト

クライムの殺し屋・コブラ大神官は自信満々に "勝利宣言" してからジャッカーに挑みました。
2-30-1.jpg

勝てる! だから呼んだ。 行くぞジャッカー!!

Aパートはジャッカー瀕死の大ピンチから、民間人が2名殺害される超シリアス展開でしたが…
2-30-2.jpg
ふざけ過ぎBパートでブチ壊し、第30話「死を呼ぶ暗号!猛毒コブラツイスト」を紹介します。

サイボーグ戦隊ならではのアイディア について。

にほんブログ村 テレビブログへ人気ブログランキングへ

More・・・

"強化服破壊" は生命の危機に直結する大ピンチであり、元祖「ゴレンジャー」で
既にアイディアが出てました。 「JAKQ」は「強化服」を着用しませんが "毒物注入"
に対抗するアイディアを原作者・石ノ森章太郎(98年満60歳没)大先生は出されてました。
前作との差別化を図る大先生の意欲が伺えますが、残念なお話になってしまいました。。。


第43話「真赤な不死鳥(フェニックス)!無敵バリドリーン登場」は敵も味方も戦力大増強!
3代目大幹部「火の山仮面マグマン将軍」は「ゴレンジャースーツ」を分析して、その弱点を
攻める画期的作戦を提唱! 黒十字総統は興奮に打ち震え、遂にその正体を表しました。
1-43-1.jpg

必ずゴレンジャーを倒すのだ  演:安藤 三男さん(没年不詳)。

「移動要塞ナバローン」(小説「ナヴァロンの要塞、The Guns of Navarone」(57)より)で
イーグルの「科学兵器研究所」を陥落させ「ゴレンジャースーツ」の資料を強奪しました。
1-43-2.jpg
配下の「ダイヤモンド仮面」はキレンジャーのゴーグルとミドレンジャーのスーツを破壊!
ゴレンジャーは絶体絶命の大ピンチに追い込まれ「バリドリーン」で緊急離脱しました。

「ニューゴレンジャースーツ」を着用する為「バリタンク」内で5人は "洗礼" を受けました。
発生電圧が10万ボルトから負担アップしましたが「転換」のメカニズムは不明なままでした。
1-43-3.jpg

15万ボルトだ、腹にシッカリちから入れろよ!

「キーステッカー」が追加され「ゴレンジャーストーム」も「ハリケーン」に強化されました。

外観に変化は無いもののスペック(防御力)はアップした… ハズですが、第55話で登場した
「二代目キレンジャー・熊野 大五郎」は第67話で「カンキリ仮面」の「カンキリカッター」に…
1-67-殉職
「ニューゴレンジャースーツ」を貫かれて殉職しました。 "完全な防具" は存在しません。

何と続けざまに第68話「ピンクの反乱!!針・針・針の大攻撃」でも新スーツを破られました。
「注射器仮面」は「ビューティフルブラック液」を風邪の特効薬と偽って、人間を操る作戦で…
1-68-1.jpg

敵の襲撃だわ! 功を焦らなければ、ペギーさんを操る事が出来ました。

「ゴールデン仮面大将軍」(4代目大幹部、第54話より登場)に「大成功!」と得意気に報告。
1-68-2.jpg

直ちに全国のイーグル基地を叩き潰すんだ!

安藤さんは体調を崩し第55話で降板されました。 第53話で「死神博士」役で出演された
八名 信夫さんが第54話から黒十字総統の声を演じ、第56話から役も引き継ぎました。

007・加藤陽子がペギーさんと "Wヒロイン" のように奮闘! ゾルダー(戦闘員)達が
撃ってきた注射は「ビューティフルブラック液」入りで、当たれば操られると思われます。
1-68-5.jpg
第37話、第58話では「替え玉・モモレンジャー」に扮しましたが、戦闘力は心許無い…

注射仮面が手裏剣のように投げる "注射" は「ニューゴレンジャースーツ」を貫きました!
1-68-3.jpg
「液」を入れていたら操る事も出来たし「毒」を入れれば殺害する事も出来たハズです。

バリタンクのアームは第64話以降は「テンフィンガー」と呼ばれる巨大マジックハンドになり、
1-68-a.jpg
仮面怪人に乱暴狼藉をしました。 今回は注射仮面を握って注射液を搾り取ってます、残酷w
1-68-4.jpg
復帰したばかりの初代キレンジャーがミゾオチ辺りに "太い注射" を受けてしまいました。

「殉職?」とギョッとしましたが、その後もいつも通り戦って悠々と帰ったので安心しました。

訓練されていても急所に刺されば絶命ですし、毒物に対する耐性も変わらないでしょう。


コブラ大神官はコブラの猛毒を "毒針" でジャッカーの体内に注入して勝ち誇りました。
サイボーグでも生体部分には神経毒が効くから「あとは死あるのみ」のハズ!
2-30-3.jpg
しかしジャッカーは「スペアエネルギー」を使って毒素を分解しました。 …御都合主義ではなく
生体部分が損傷しないギリギリまで体内のエネルギーを上げる大先生の天才的アイディア!  

大神官はクライムの掟「失敗は死」に従おうとしますが、珍しくアイアンクローが止めました。
2-30-4.jpg

もっと強力な毒を使えば良いのだ! 面白い展開です。

コブラの10倍の毒 "ハマドX" を巡って内藤商事の「中村専務」がコブラの毒で殺害され、
ジャッカーも秩父山中に "財宝" を隠した旧日本陸軍の特別部隊・浜戸部隊に注目。
「古田レーシングの社長」はちゃんと保護してやれば殺されずに済んだんじゃ。。。

暗号解読中のジャッカーとサイボーグ・ハムスターとのやり取りを可能な限り解説します。
2-30-5.jpg

「薔薇十字架暗号」じゃない 「スライド暗号」でも解けないわ

「クリスチャン・ローゼンクロイツ」(1,378~1,484)を始祖とする秘密結社「薔薇十字団」
(錬金術や魔術で人類救済を目指すとされ、多くの作品で「悪の組織」のモデルにされてます)
"伝説" からだと思われますが、どんな暗号なのか不明。  「スライド暗号」はおそらく
「シフト暗号」と呼ばれる「シーザー暗号」(a→d、b→eのようにズラす)の事でしょう。

「スキュタレー暗号」でもなさそうだ  ポリピオスだよ

棒(スキュタレー)に革紐を巻き付けると縦に文章が現れる、等間隔に文字を離した暗号。

「ポリピオス暗号」それだ! 「ポリュビオス暗号」の事、下の画像参照。

(ポリュビオス、スキュタレー、シーザーは古典的暗号で図書室の本で知った記憶があります)
2-30-6.jpg

「はまとらいまと」どういう意味だ? 「キングコブラの別名」

…は番組の創作のようです。 Bパートで暗号解読が何の役にも立ってない所が悲しい。。。

大神官がハマドXをジャッカーに噴射しようとした時、姫 玉三郎が赤フンのターザンに扮して
場を攪乱! 彼が初めて役に立ちました。 …キングコブラはアフリカには分布してません。
2-30-7.jpg

ジャングルの平和を乱しては、いけんぞなもし

人質にされた「浜戸雪枝」を演じたのは後番組「透明ドリちゃん」(78)で主演した柿崎 澄子さん

(当時13歳)で「浜戸院長」を演じたのは "悪役俳優" 吉田 義夫さん(86年満75歳没)です。
2-30-8.jpg
「悪魔くん」(モノクロ実写版、66~7)は平山 亨(13年満84歳没)プロデューサの初テレビ作品。

吉田さんは「メフィスト」(兄)役をコミカルに演じましたが、第10話で体調を崩して降板され、
第19話で再登場。 潮 健児さん(93年満68歳没)が「メフィスト」(弟)として第10-26話(最終回)
に出演されました。  東映特撮の原点と言える作品で、アニメ版(89~90)も制作されてます。

十二使徒の第十使徒・鳥乙女ナスカ(右)が "コスプレする人が居るほど人気" と聞きました。
幽子&ナスカ
第四使徒・幽子(左)の方は近年なら "美幼女" にして「ロリコン層」を狙うんでしょうね。

番場がインド的なターバン蛇遣い姿で現れ、笛で大神官を躍らせて雪枝を逃がしました。
2-30-9.jpg

電線に コブラが3匹止まってた それを猟師が鉄砲で撃ってさ

当時大人気だったと聞く「電線音頭」。。。 解説する気も… と思ったら「デンセンマン」の

デザインは石ノ森大先生で「超神ビビューン」(76~7)のマスク型を流用したそうです。
2-30-10.jpg

アフリカ象キライ! 当時大人気「がきデカ」(74~80)のギャグ、トホホ…

Aパートのシリアスな展開を、Bパートのふざけ過ぎがブチ壊してる個人的に残念なお話。

「第1次石油危機」(73)以来、多くの人気テレビ番組、シリーズが終了する危機的時期に、
「戦隊」は期待されたものの「JAKQ」は年を越せずに終了、78年は空白期になります。
「第2次石油危機」(79)が起きた79年は正に "再生の年" になりました。

78年ってテレビ番組にとって非常にヤバい "受難の年" だったのでは、と思います。
PTAの「ワースト番組」にアニメでは「ルパン三世」(77~80)が初のベストテン入りしました。
次回は73年に旧作が放映され、79年の新作が現在まで続いてる長寿アニメについて。
でわ

P.S.
管理人は80年代初頭の番組で「野球を観ない人」や「スポーツに関心が無い人」までも
江川 卓さんをあまり良く言ってないのを観て漠然と「不思議だな…」と感じた事があります。

事情が分かると納得は行きましたが、今思えば73年末以降の「頑張ってもウマく行かない」
という鬱憤不満をぶつける為の "アンチヒーロー" が必要とされたのでしょう。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 特撮ヒーロー - ジャンル : テレビ・ラジオ

00:00  |  02.JAKQ

Comment

ヒロピン視点からしか見てないんですが、ハートクインがコブラツイストされるシーンは良かったです。
ヒーローが順番にやられて最後のヒロインが一番責められる描き方はぞくぞくします。
ゴーグルピンチ |  2015.11.25(水) 03:38 | URL |  【編集】

う~ん…

状況がどうこう、珍しいかどうかよりも
"視覚的に来るかどうか" の方が重要、という事でしょうか。。。

今年採り上げたヒロインピンチは前回のレスで書きましたが、
それ以前のモノでも良かった回があったら教えて下さい。

今年は「全員変身不能になった回」
「一人を除いて全員洗脳されて敵になった回」を採り上げてから…

"死以外で最大のヒロインピンチ" を年末に記事にする予定です。
アニメですが、絶対に実写ではやって欲しくない内容でした。
個人的に「他では見られない、トンでもない大ピンチ」
だと思うのですが、もしかしたら「ぞくぞくしない」どころか
「ドン引き」で「期待外れ」になるかも知れません。
でわ
珍来 |  2015.11.25(水) 23:42 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |