2015.08.16 (Sun)

包帯男の仮面報告

マリアさんは、姉の死を受け入れられない少年・明(あきら)を交通事故から救いましたが…
3-26-1.jpg

明くんに失明の恐れですって!? 打ち所が悪かった。

ジャパン達の制止を振り切って看護婦(師)姿になり、彼に自分の顔を触らせて励ましました。
(後頭部を打ち視神経が損傷して失明する例がありますが、治療法は未確立のようです)
3-26-2.jpg

お姉ちゃんが付いてるから頑張るのよ!

バトルフィーバー隊の正体がエゴスに暴かれた、第26話「包帯男の仮面報告」を紹介します。
にほんブログ村 テレビブログへ人気ブログランキングへ

More・・・

78~80年に掛けて東映とアメリカの「マーベル・コミック」(Marvel Comics)社は
「お互いのキャラクターを自由に使用してよい」という契約をした。 …ハズなんですが…
「スパイダーマン」(東映、78~9)の次番組を「キャプテンジャパン」を中心としたチーム、
と企画した初期段階でマーベル側が「キャプテン・アメリカ」をモチーフとする事を承諾せず、
「ミスアメリカ」が代案として提示され「ミズ・マーベル」の影響を受け、再デザインされました。
Miss AMERICA Ms MARVEL
「BFJ」のキャラは「ミスアメリカ」を除いて "東映のオリジナルキャラクター" と言えます。
「マスクに金髪」「脚剥き出し」の "強化服らしくない" デザインは「右」の影響ですが、
「左」のデザインのままだと違和感が無いけど後でタイヘンな事になったかも知れません!

「ターボレンジャー」第1話や「ゴーカイジャー」に "ミスアメリカだけ出せない"
事態になり兼ねませんでした。 …もしかすると現在でも完全に大丈夫ではないのかも。

「水泳大会'78」 初代ミスアメリカを演じた「ダイアン・マーチン」さんが最も知られてるかな。

日本語が不得手で初代スーツアクターの小牧リサさん(モモレンジャー)が吹き替えました。
(第15・16話は「横沢 啓子」(初代「ドラミ」、花村紅緒、佐倉魔美)さんが吹き替え)

第24話で唯一の主役回を演じ「汀マリア」役の萩 奈穂美さん(当時19歳)と交代されました。  
第25話では小牧さんが「栗原小百合」役でゲスト出演され、第26話は萩さん初の主役回!
重要なお話を高い演技力で演じられました。 …20歳で引退された事が不思議です。。。 


自分達の正体を嗅ぎ回る者の動きをBF隊は察知しました。 七輪で何の鳥か不明だけど
焼いてるケニアw カメラを横切るマリアさんのヒップ、前々話で加入してもう馴染んでます。
3-26-3.jpg

その内インタビューに来るぜ 週刊誌の読み過ぎよ!

お姉ちゃ~ん と手を振る少年が(ホウタイ怪人が乗る)車に轢かれそうになる所を…
3-26-4.jpg

坊や、坊や! 間一髪救いました。 やはり下半身のボリュームがスゴイです。

明は病院を抜け出して姉を探してました。 彼は溺れた自分を助けた為に姉が死んだ事実を… 
3-26-5.jpg

まぁ。。。 受け入れられなかったのです。 沈痛な表情を浮かべるマリアさん。


「ホウタイ怪人」はケニアの足型から「胴長く、脚短く、ガニ股だ」と割り出し…
3-26-6.jpg

たとえばこの男 "若くしてハゲる" 残酷な宣告をしますw

ヤダなぁ若ハゲなんて、近頃抜け毛が多くて!

バトルケニア・曙 四郎を演じた大葉健二さんは映画「コータローまかりとおる!」(84)での…

"スキンヘッド" が大変好評で、たびたびされてますが決して "(若)ハゲ" ではありません。
(解説の必要な映画ですが、今回ボリュームが非常にあるお話なので残念ながら割愛)

髪の毛や足型などで服装まで "鑑識" 出来る「御子」(本作の怪人は首領の息子・娘)を…

手間の掛かる話ね、肝心なのは顔よ! 敢えて挑発するサロメ様。
3-26-7.jpg

この女だ! 車から一瞬見えただけなのに、御子はアメリカの正体に気付く!


マリアさんは明の元に向かおうとし、制止するジャパン達に "辛い過去" を告白しました。
3-26-8.jpg

皆にはその呼ぶ声が聞こえないの!? 私…

昔… 人を見殺しにしてしまった事があるの

今度の御子は超出来る! サロメ様に的確な指示を出し、アメリカ達を足止めしてまんまと…
3-26-9.jpg

お前達の正体、必ず暴いてやるぞ! 明を拉致し…

"催眠術" のような不思議な力と巧みな話術で "お姉ちゃんの顔" を粘土で作らせました。
3-26-10.jpg

やっぱりそうだったのね サロメ様はその正体に薄々気付いてました。


一晩中探しても明が見つからなかったマリアさんは "弟のように可愛がっていた少年"
3-26-11.jpg

私が殺したのよ!! 見捨てたの!!!

の声を聞き、間一髪ジャパンに助けられました。 "入水自殺" ではなく "自責の念" でしょう。
3-26-12.jpg

明くんもあの声と同じ声で私を呼んでるのよ

明はマリアさんを誘き寄せる為にも利用されます。 目が見えない少年を追って水に入った
マリアさんに出来る事は、カットマン(戦闘員)達が向ける機関銃に我が身を盾にする事だけ!
3-26-13.jpg

もうそろそろトドメを刺しても良いぞw  待て!

バトルフィーバーは生きているぞ
 その時ヒーロー登場!

男4人もカッコ良い! 敵のデータの不備と爆発から助かったワケを得意気に明かすケニア。 
3-26-14.jpg

仕掛けてあった火薬がプ~ンと臭ったのさ! 

俺達の顔、とっくりと見たか! 余裕をぶちかますコサック。

3-26-15.jpg

色男が揃ってビックリしたろw キザなフランスとシメのジャパン。

もう一つの顔を見せてやろう、フィーバー!

初の敵前変身&名乗りと「ホウタイ怪人」とタイマンするアメリカはカッコ良かったですね~♪
(以降の作品は「メガ」と「カー」を除いて序盤で正体がバレ、変身&名乗りを優先させてます) 
3-26-16.jpg

「弟」よぉ~! 本作の敵巨大ロボは別個体で、怪人は「弟」「妹」と呼びます。

元祖戦隊巨大ロボ「バトルフィーバーロボ」は準備が間に合わない為、第5話で登場!

合体も変形もしませんが、歴代でも孤高のカッコ良さでしょう。 劇中でも良く動きました。

目が見えるようになった明は "姉が自分の為に死んだ" 現実と向き合い涙しました。
"弟を見殺しにしてしまった" 事に苦しみ抜いたマリアさんを「姉」と呼び抱き合います。
3-26-17.jpg

お姉ちゃ~ん  明くん  明くんもマリアさんも救われたと思います。

「全員正体がバレる」重要回ですが、当時の管理人は内容を理解出来なかったような…

でも ①マリアさんのガッツ と ②ミスアメリカが強かった事 は漠然と印象に残ってます。

「猪突猛進主人公」が多い理由の一つは「児童層」が「ガッツ」を重要視するからでしょうか。
マリアさんは「猪突猛進」とは違う気がするけど "活動的で好きだった" 記憶があります。

調査員も兼ねてるし、正体がバレるのは、どうせ時間の問題だろ、と言っては何ですが…
"一人の少年" の為に戦った「妹」(最年少19歳)を「兄達」が認めたようなお話でした。
しかし、後半からはメンバーが狙われる展開が増え、第33話で初代バトルコサック・
白石 謙作は "一人の少女" の為に "強化服を携帯しなかった" 結果、殉職しています。
でわ

P.S.
本作を観返した時、正体がバレた次の第27話で "全員で海水浴" してたので脱力しましたw
(強化服「バトルスーツ」を収納した通信機「バトルシーバー」を全員腕に付けてませんでした)
3-27-水着
79.8/4放送、萩さんのダイナマイトバディがスゴイ! その次の第28話では水着で水中戦と…  
3-28-水着
ラストで「赤ビキニ」(左隣はグリッタ嬢の声の方)。 第30話(8/25)ではプールで「白ビキニ」!
090713-1.jpg
昭和戦隊では「夏は海(かプール)で水着」が当前でしたが、平成(20世紀)は少なくなり、
21世紀は「ゴセイジャー」epic23がテレビでは10年ぶりの「戦隊ヒロイン水着回」でした。
「ニンニンジャー」でも多分無いでしょうが、5年前OKなら出来なくは無い、と思われます。

本日(8/16)放送予定の「Go!プリンセスプリキュア」第28話が "水着回" でビックリ!

「キュアベリー」の水着&シャワーが有った「フレッシュプリキュア!」(09~10)第2話で…
キュアベリー 水着&シャワー
"保護者(母親層)からの苦情が多く寄せられた" と聞きますが、絶対不可ではないのかも。

あまり興味ありませんが「サンライズ」制作の「アイカツ!」(12~)にはフツウに水着回が有り、
同様の「プリパラ」(14~)の2ndシーズン2ndEDは何と "水着仕様" です。  「タツノコ」と…
韓国の「DONGWOO(同友) ANIMATION」の共同制作 …って、フツウにそういう時代ですね。

水着は制作会社の考え次第でOK、だけど東映ではあまりやらない、が真相でしょうね。
(「レスキューフォース」(08~9、松竹)と「ファイヤー」(09~10、日活) でも水着回はありました)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 特撮ヒーロー - ジャンル : テレビ・ラジオ

00:00  |  03.BFJ

Comment

前回の書き込みとカブりますが。

第26話「包帯男の仮面報告」はバトルフィーバーJの前企画作のスパイダーマン(東映)の最終回で鉄十字団に正体がバレる事を物語の最後では無く中盤で実現したものです、渚マリア役の萩奈緒美さんは1960年生まれで身長が157cmとあるサイトで書き込まれていました、残念ながら3サイズは分かりませんでした、私はこの第26話を視聴して年の差婚をしてみたいなと思いました、10歳位年の離れた年上女性と結婚したいと言う夢ですね、私は今年の11月で38歳になるので10歳年上の女性は48歳、結婚出来ても子供を作る事は難しいですね、第26話ではエゴスに完全に正体がバレますが伝正夫は第21話、第22話の能登半島編でバトルフィーバーの中で最初に正体がバレたんですけど作り手がシリーズ構成をする上で物語の状況を把握していなかった為、伝正夫も第26話で正体がバレたと言う致命的なミスを犯しています、初代ミスアメリカのダイアン・マーチンは第24話で正体がバレたのでマリアに交代する形で安全な故郷のアメリカに戻りましたが、これで正体不明のメンバーと言う暗黙の了解は守れたかに見えましたが26話で全員正体がバレます、この26話以降、エゴスは強化服を身に着ける前の5人を狙う作戦を次々に展開して行き第33話「コサック愛に死す」で白石謙作の抹殺に成功します、白石謙作に代わってバトルコサックになった神誠もすぐに正体がバレますが、スパイダーマンみたいに正体不明の戦士にしてしまうと生身のアクションシーンが出来ないと言う弊害が発生してしまう為作り手が正体をバラして物語のバリエーションを増やそうとしたのではないかと思います、科学戦隊ダイナマンは当初は素性を明らかにしてはならないとありましたが第5話「進化獣のこわい夢」でジャシンカ帝国側に正体を暴露します、長くなりましたが生身のアクションシーンを売り物にしているのがスーパー戦隊シリーズですので正体不明では生身のアクションは出来ないですね。
あさばよしゆき |  2015.08.16(日) 15:15 | URL |  【編集】

歴代戦隊ヒロインで…

最も遅い初主役回だと思います(姫を除く)。
萩奈緒美さんはこれほどの演技力と
現代的なルックス、アクションもかなりされてるのに、
81年以降は活動が確認出来ません、不思議な事です。

ゼロワン&ゼロツーはジャパンの正体に気付いたものの、
報告しなかったんですね。 まぁ不自然ですけど。

後番組「デンジマン」では第1話から正体がバレてて
"周囲の人々が事件に巻き込まれる" が多かったです。
「周囲に関わるなよ!」的なツッコミが当然出てきますが、
周囲とは出来るだけ関わらない、は出来ないので、
 ①周囲の人々はあまり敵に襲われない。
 ②仮に襲われても偶然で、正義の味方と関わった為ではない
が基本になりました。 戦隊以外でも同様です。
80年代以降 "一般人が殺害される" 描写も
クレーム対策などの為に少なくなりました。

生身アクション、変身、名乗りをし易くする為、
正体が序盤でバレても、敵は正義の味方とその周囲の人々を
(あまり)意図的には狙わない。 一般人も(あまり)殺害されない。
一部のライダーと戦隊を除いて、基本的にそうです。
「プリキュア」では全てそうですね。
でわ
珍来 |  2015.08.16(日) 20:23 | URL |  【編集】

フレッシュプリキュアの次番組のハートキャッチプリキュア!では
「自分の娘みたいな存在のキャラクターの肌さらせない」という
監督の意向で水着を却下したんですよね

変身の件でいうと仮面ライダーフォーゼの2号ライダー・メテオは終盤まで
敵に正体を隠していたということもあり(中盤まではライダー側にも)
同時変身が終盤まで見れなかったですね
(映画では正体を明かしても問題ない相手と戦う際に
同時変身やるかという話にもなっています)

それと仮面ライダードライブでは変身前に倒すという現実的な作戦を
幹部の1人ブレンが提案しましたがリーダーのハートは
自分のポリシーから断りましたよね
kivaxtuto |  2015.08.16(日) 22:37 | URL |  【編集】

管理人さんの返信を読んで本放送版が見たくなりました。

再度投稿します、管理人さんの返信を読んだ意見なんですがバトルフィーバーJはキャスト及びスタッフの交代が戦隊40周年の歴史の中で最も激しかったと思います、スタッフでは殺陣担当がビッグアクションからジャパンアクションクラブに交代、放映開始間もない頃にです、キャストはバトルコサック、ミスアメリカ、ヘッダー指揮官の役者交代、バトルフィーバー隊の女性隊員の入れ替わりがありました、ヘッダー指揮官役の潮健児さんが覚醒剤所持の容疑で逮捕されてしまい既に完成していた初期話数の撮り直しを東映が行いました、劇場版も同様です、撮り直す前の原盤は現存している説もありましたのであるとしたら1967年の円谷プロ製作のウルトラセブンの第12話同様封印状態になってますね、役者やスタッフの変更には目をつぶれますが原盤を差し替えたLDや東映チャンネルなどの再放送、DVDには納得がいきません、原盤が現存していなければ残念だけれども仕方が無いと割り切れますが現存していればBlu-ray化の際、本放送完全収録版として発売して欲しいですね、2代目ミスアメリカ役の萩奈緒美さんのプロフィールなんですが1960年10月生まれで身長が157cmです、3サイズやそれ以外の事は調査出来ませんでした、初代ミスアメリカ役のD・マーチンさんは日本語が出来なかった為、秘密戦隊ゴレンジャーでモモレンジャーを演じた小牧リサさんがD・マーチンさんの吹替えと変身後のアクションを担当していました、ミスアメリカの役者交代の件で小牧リサさんは役目を終え第25話に顔出しの出演を最後に番組を降板しました、変身後のアクションはJACの小野寺えい子さんが引き継ぎました、管理人さんは萩奈緒美さんに対して今時の若い女の子そのものだと評価しましたが私も新人類と呼ばれた世代の初期の世代とは思えない今時のイメージを持っているなと感じました。
あさばよしゆき |  2015.08.16(日) 22:45 | URL |  【編集】

こんばんわ、kivaxtuto さん

「水着ホッシーワ」で検索されると、
"プリキュアの水着" についてよくまとめられてる所が出てきます。
"矢先に敵幹部の登場で海水浴がオジャン"
"海水浴客で賑わう砂浜でプリキュアメンバーだけが服を着ている"
は観た記憶があります。 7~8月だけ調べて、まとめてみようかな。

「姫プリ」第28話は水着回である事を忘れてしまいそうな…
裏切られてはないけど内容が濃かった、ゆいちゃんは "終盤の鍵"
になりそうな予感は有ったのですが、次回の展開が読めませんね。

「フォーゼ」はメテオや敵も "正体を隠そう" としてましたね。
「ドライブ」のその回は観てませんが "変身前に襲わない理由" として
 ①ポリシーに反するから は "周囲を襲わない理由" にもなりますね。

他の作品で敵が同様の事をしない理由を考えてみると…
 ②仲間達から卑怯者呼ばわりされる事がイヤだから
 ③自分の闘争本能を満たしたいから、単純に戦ってみたい 
 ④知能が低い、またはメンタリティが人類と違ってて思いつかない
 (自分達は人質が有効じゃないので気付かない) などが考えられます。

無印プリキュア第5話で「ピーサード」がメップル、ミップルを
取り上げたのに無言で返却した事がありました。
理由は不明ですが、おそらく③ではないかなと思いましたね。
でわ
珍来 |  2015.08.16(日) 23:47 | URL |  【編集】

こんばんわ、あさばよしゆき さん

「BFJ」は開始前にかなりドタバタしたらしいです。
「ミスアメリカ」についても「ゴーカイジャー」開始前に
「出せるか?」心配してる書き込みを見かけましたが、
もしデザインが近かったら、マーベル側に難癖を付けられて
「出せなくなる」可能性もあったかも知れません。

放送時の初期「BFJ」は79年ですから「旧ドラ」(73)と
比べればビデオ録画されたテープが現存すると思われます。
個人的には特にそこまで拘らないし関心が無いですね。

萩奈緒美さんは本当に "評価されるべき" と感じますね。
初代が好きな方には申し訳ないんですが、私は第26話で初めて
"ミスアメリカを強い、カッコ良い" と感じた記憶があります。

近年「デンジマン」を観返した時「デンジピンク」を
"カッコ良い" と思えるお話はありましたが、特に
"強い" と感じられるシーンはありませんでした。 
「このお話くらい強くしても良いだろ、徹底されてるな」と
何度も思いましたね。
でわ
珍来 |  2015.08.17(月) 00:08 | URL |  【編集】

包帯男のデタラメ報告?

そんな気がしますが
過去のトラウマとの決別など心も身体も魅力的な
マリアさんのヒロインとしての成長、
そして正体バレてもドンと来いという
こちらも今までの設定の決別という
物語の転換点となる話でした。

改めてみると男前&美女の変身シーンはイイですね。
特にマリアさんは今でも通用しそうな美人ですし、
それこそ深田恭子や綾瀬はるか、佐々木希など
グラマラスながらも和風美女を変身させたくなりますし、
今なら絶対週刊誌が黙っていないでろう水着回が
この後押し寄せて来る訳で、ダイアンやその分身だった
小牧さんには悪いですが、完全にマリア派となりました。
特撮最前線 |  2015.09.05(土) 09:41 | URL |  【編集】

いやぁ私は…

ガッチャマンの第74話ともども
「なんでそこまで分かるの!?」と驚愕しましたよ。

「カー」と「メガ」で終盤まで正体を隠したのは原点回帰ですが
「変身前アクションが観たい!」人は全く歓迎しなかったでしょうね。
ギリギリやっと勝つ変身前アクション、も味があったんですが、
理解してもらえず、メガシルバーが人気だったりして。

正体バレても夏だから水着、という感性は素晴らしいです。
私も当然2代目派で、これほどの逸材が何故20歳で… と正直思います。

毎回その後の記事に関係する動画をムリヤリこじつけて貼ってますが、
ガッチャマン・タツノコ関連で最後に貼った「プリパラ」の
"肩紐を外したカット" にクレームが付いて削除されたそうです。
クレーム出す人は、命掛けてるんだな、と感じましたw
でわ
珍来 |  2015.09.06(日) 21:21 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |