2015.09.13 (Sun)

ゲゲゲの鬼太郎シリーズ (68~) その1

水木しげる(現在93歳)大先生原作の「ゲゲゲの鬼太郎」は5回もテレビアニメ化されました。
150913-1.jpg

閻魔大王の命令でお前を殺しに来たんだ!

第1期(68~9)第2期(71~2)の鬼太郎(声:野沢雅子さん、初主演)は正義感が強いものの…
150913-a.jpg

助けてくれ! 困ったなぁ… 必ずしも "人間の味方" ではない。

第1期第11話「妖怪大戦争」(後編)、第20話「猫娘とねずみ男」、第2期第37話「地相眼」、
第38話「隠れ里の死神」を紹介します。 管理人が "ヒーロー物永遠のテーマ"

「見捨ててもいい人間」は居るか? を考えた作品でした。

にほんブログ村 テレビブログへ人気ブログランキングへ

More・・・

「鬼太郎」のルーツは紙芝居「墓場奇太郎(ハカバキタロー)」(1,933~5年頃?)。
紙芝居「墓場奇太郎」
民話「子育て(飴屋の)幽霊」を元にした作品で "母の死後、産まれた子供" の設定は
中国の志怪小説集「夷堅志」(1,198年頃成立)の「餅を買う女」から取られたようで、
更にガンダーラの仏教遺跡(1~5世紀頃)にも同様の設定のレリーフが見られます。
・死女が子を産む話 ttp://www.eonet.ne.jp/~kotonara/y%20bunkatu-4.htm

水木大先生は54年、32歳で契約していた紙芝居貸元の社長から「キタロー」を題材にする
事を勧められ、原作者承諾の上で4本の作品を描きました。 これが「鬼太郎」の原点です。
消えた紙芝居「空手鬼太郎」
NHK連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」(10前期)の「消えた紙芝居」より「空手鬼太郎」の…

"表紙"。 本編は失われ「水木しげる記念館」(93~、鳥取県境港市)でも捜索中です。
アクションヒーロー的にした事で人気が出ました。 また「目玉おやじ」が初登場してます。

その後、貸本漫画家を経て、65年に43歳で「別冊少年マガジン」からメジャーデビューされ、
66年44歳で「悪魔くん」(実写、NET(現:テレ朝)系)が成功! 続け様に東映はNET向けに
「鬼太郎」のアニメ化も企画しますが "墓場" にスポンサーが難色を示し実現しませんでした。
当時の「少年マガジン」編集長の提案で大先生は「ゲゲゲの鬼太郎」 に改題されてます。

第1期(68~9)は「東映動画」(現・東映アニメーション)が初めてフジ系に向けた作品で、
カラー化が進んだ時期に原作の雰囲気を重視して、敢えてモノクロ(白黒)で制作されました。
(いずみたく(92年満62歳没、当時「新鋭」後の「重鎮」)氏が担当された音楽は評価が高いです)

第10~1話「妖怪大戦争」で「砂かけ婆」「子泣き爺」「一反もめん」「ぬりかべ」が集結し、
いずれも戦死しましたが、後に復活。 まだ "ファミリー" ではなく "ゲスト" 扱いでした。
妖怪大戦争
灯台の光で紙一重の勝利を掴みましたが、依頼者・キチの父(灯台守)も犠牲になりました。
妖怪大戦争2

勝ったのにちっとも嬉しくない(涙)  戦争とはそういうもんじゃ

西洋妖怪の総大将・アメリカ妖怪の「バックベアード」は大先生の創作のようですが、強烈な…

印象を残し「変身忍者 嵐」(72~3)第42話や「超神ビビューン」(76~7)第1話にも登場します。

映画「妖怪大戦争」(68)は「鬼太郎」と直接関連はありませんが、怪奇よりヒロイズムを重視!

妖怪達の造形は「仮面ライダー」(71~3)の「(ショッカー)怪人」に引き継がれたと言われます。
大先生は「怪獣ブーム」と「変身ブーム」を橋渡した「妖怪ブーム」を巻き起こしました。
(「鬼太郎」以前まだ「妖怪」は一般語ではなく「幽霊」「怪物」「怪人」「悪魔」等とゴッチャでした)

管理人が第1期で最も印象に残ったのは第20話。 「三虫」(三尸)の報告により閻魔大王が
妖怪に "赤紙" を出して、悪行を行った人間を殺すよう命令を出す、とアレンジされてました。
150913-2.jpg

いくら悪人とは言え、人を殺すのは良い気持ち

じゃないからなぁ
 声:田の中 勇(10年77歳没)さんの御冥福をお祈りします。

殺した事があるような口ぶりのおやじと納得する鬼太郎、やはり他のヒーローものとは違う。
今回だけゲストヒロインの「猫娘」(半妖怪)は何と "御褒美"(金?)欲しさに立候補してます!
150913-3.jpg

閻魔大王の命令で人を殺すと 御褒美 がもらえるのよ

「ねずみ男」(半妖怪)は「三虫」を衰えさせる丸薬(インチキ)で商売をして、大王の怒りを買う。
150913-4.jpg

なんじゃね? 長生きしたい年寄りから悪い事をして貯めた財産も騙し取る。

管理人は図書館で「三虫」を調べた時、非常に興味深い "対策" を知ったので後述します。

鬼太郎は悪友を殺せず "断食" をさせ、原作では猫娘が "死ぬような目" に合わせて…

誤魔化してます。 「三虫」が厳格に機能したら、この世は "理想郷" ではなく "地獄" ですね。

①償い切れない悪事を重ね、悔い改めない者

で全くの他人ならば、鬼太郎は人間を殺しただろうか、と考えずには居られませんでした。


第2期は第1期の続編で第34話から最終回(第45話)は大先生の他の作品を流用した為、 
「地相眼」など鬼太郎が傍観者のお話が出て来ました。 「猫娘」はレギュラー化してよく… 
150913-b.jpg

私達自己満足の為にしてるのね パンチラしてましたw

安井安男は「地相眼」になって父の役に立って "逃げる=死ぬ" 事に決めました。
150913-d.jpg

徳川家康は我が子・信康に腹を切らせたじゃないですか

信康(長男) は1,579年10月5日に満20歳で切腹させられました。 父との不仲説が有力です。
(死後「徳川」から「松平 信康」に "格下げ" され、生前の悪評は "捏造された" 説があります)
150913-c.jpg

親父が特別にエゴイストだというワケじゃないんだなぁ~

猫娘が最後に「悲しいなぁ~」と言ってますが、管理人はむしろ 怒り を感じました。

こんな父子の為に戦え、と鬼太郎に言えるだろうか? と思わずには居られませんでしたね。
魑魅魍魎達はどんな力を持ってるか分からない「妖怪大戦争」になって戦死者多数でしょう。

②自力で戦わず、生きようとしない者  の為に何故?


また第43話「足跡の怪」はおそらくシリーズ "最恐" で「タイタンボウ」は姿を見せませんが、
鬼太郎でも手がつけられない "何か" で2名の人間が自業自得の悲惨な最期を遂げました。
150913-h.jpg
("いらずの山のタイタンボウの石" には天変地異が起きるほどの恐るべきタタリがありました)

③再三の警告に従わない者 以上①②③のどれかならば

「見捨ててもいい人間」と言えるのではないでしょうか? "人間ではない" ヒーローなら
尚更です。 …しかし、考えるたびに胸がモヤモヤして、どうにもスッキリしない問題ですね。


「隠れ里」は飢えも戦(いくさ)も無い理想郷。 攫われた子供達は数百年も子供のままでした。
150913-e1.jpg

豊臣様と徳川様のいくさはどっちが勝っただ?

「関ヶ原の戦い」(1,600年10月21日)で徳川家康の東軍が勝ち、戦国の世が終わりました。

「隠れ座頭」は元人間、貧しい子供達が飢えと戦で死んで行く事が許せなかったのでしょう。
150913-f.jpg

ここでは人間は永遠に死なないし、歳も取らん
ご覧、この一面の花々は決して枯れる事は無い


素晴らしい世界なのだ  あの子達にとっては

たとえ貧しくても親や兄弟が居る村の方が良い

に決まってるじゃないか!!!
 鬼太郎は義憤に駆られます。

子供達は父母の元に行く事が出来ました。 猫娘は祈りを捧げ、鬼太郎は自分を責め…
助けない方が良かった 隠れ里に居れば幸せだったと涙します。
150913-g.jpg

人が死ぬのは悲しいものじゃが、かと言って

何百年も生き続けたとしたら、それはもっと

悲しい事に違いない
  「目玉おやじ」を継げる方は居るのか。。。

「隠れ座頭」は "生きたくても生きられない命" を見捨てずに救おうとした "善人" ですが、
どこかで道を誤りました。 しかし、他に子供達を見捨てずに救う方法があったでしょうか?

鬼太郎のした事は正しい、でしょう。 少なくても彼がヒーローである事だけは間違い無い。
(「ヒーローがどう頑張っても絶対助けられない人達」は最近の作品ではあまり登場しませんね)

今後の記事で第3~5期も採り上げて 「見捨ててもいい人間は居るか?」
という "ヒーロー物永遠のテーマ" について、もっと色々と考えてみます。

鬼太郎の性格もかなり変動してますが、猫娘もまるで別人のようにかなり変わってますねw
でわ

P.S.
管理人は図書館で「三虫」を調べ、60日に一度の「庚申」(こうしん、かのえさる)の日に
"眠る" と 「天帝」(閻魔大王とも言われる)に罪悪を報告される、伝承がある事を知りました。

そこで中国では8世紀頃から「庚申」の日に集まって"寝ないで頑張る" 「守庚申」を行い、
日本にも9世紀頃から「庚申待」として貴族の間に広まったそうです。 その風習は
江戸時代には民間にも広まり、一部で茶をガブ飲みしてドンチャン騒ぎをしたりしました。
そんな事を3年18回続けた記念に「庚申塔」と言われる石塔が全国で建てられてます。
庚申塔&三猿
「三虫」を封じ込める為「見ざる、言わざる、聞かざる」の「三猿」がよく彫られました。

「60日に一度みんなで善行をする日にすれば良かったのに。 
そうすれば三虫に悪い報告をされずに長生き出来るよ、
と広めれば、きっと世の中がもっと良くなった!」
 と管理人は
「24時間テレビ 愛は地球を救う」(78~)を知っていたから思いつきました。 また…
日光東照宮の「三猿」の役目は家康(徳川家)の「三虫」を封じる事? とも思いました。
(「三猿」のモチーフは古代エジプトにも見られ、シルクロードで日本に伝わったようです)

「庚申塔」は明治以降撤去や移動させられました。  「みんなで善い事をした記念」なら
祖先を誇らしいと思えるので、何としても遺して欲しいけど「寝ないで頑張った記念」は
誇りに思う事は到底出来ないので、ムリをして遺す事はない、とまで思っちゃいました。
…こう言っちゃなんですが、そんなダサい石碑を壊しても "タタリ" なんて無いでしょw
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アニメーション - ジャンル : テレビ・ラジオ

00:00  |  ゲゲゲの鬼太郎シリーズ

Comment

鬼太郎は何と言っても。

私にとってゲゲゲの鬼太郎は戸田恵子主演の第3作目が一番好きですね、リアルタイム時、小学2年生~小学4年生でした、再放送で第2作目を、高校3年生の頃に第4作目を少し視聴しましたがどれも鬼太郎が悪の妖怪を退治するだけの内容で面白く無かったです、しかし3作目は戦闘ものの要素があり面白かったです、鬼太郎に協力する人間の少女のユメコも魅力的でした、今で言う萌えキャラですね、ユメコみたいな萌えキャラを出したのは3作目だけだったと思います、それだけで無く1、2作目で顕著だった不気味さを抑える代わりに80年代当時、社会問題になっていたいじめの問題にも向き合ったので3作目のスタッフはよくぞ時代背景に沿いリメイクしてくれたなと思いました、鬼太郎の最後の敵のぬらりひょんを今は亡き青野武さんが演じていました、目玉の親父役の田の中勇さんも5年前に故人となられました、3作目の最終回はユメコが命を落としますが鬼太郎の母親が閻魔大王に頂いた命をユメコに与え鬼太郎に別れを告げます、最後は命を取りとめたユメコの視点で完結します、悪が現れた時には鬼太郎は人間の為に戦う、ヒーローものの王道を貫きましたね3作目は。
あさばよしゆき |  2015.09.13(日) 01:57 | URL |  【編集】

第3期は…

第1期に親しみ、第2期の内容の深さに唸った世代から
第2期の再放送を何度も観て、打ちのめされながらも
色々考えた私の世代から見ると「怖くない鬼太郎」だったようです。
第4期、第5期世代から見ても「バブルな鬼太郎」で怖くないようです。

"必ずしも人間の味方ではない" 他のヒーローとは一線を画す所が
歴代で最も希薄で「悪の妖怪を退治するだけ」の印象が最も強いです。
尤も「ジャンプアニメ全盛期」にそれらを凌駕する視聴率を勝ち取り
歴代で最も成功し「ヒーローの王道を貫いた」作品である事は確かです。
「いじめ問題」も採り上げたなら、他の世代の認識は不十分かも知れません。

そうそう「天童夢子」は賛否が別れました。 大先生も人間の女の子が
鬼太郎達と頻繁に関わる事に違和感を感じてらっしゃったらしいし、
管理人も「何の特殊能力も無いのに何故?」と疑問に思ってました。
鬼太郎好きの女児層や女性層に至っては嫌悪感を示す人すら居ました。
「ねずみ男がロリコンになるのだけは…」という指摘もありましたw

「萌えキャラ」は第3期だけ、は第4期、第5期世代が黙ってません!
どちらの猫娘が可愛いか、でよく論争になるらしいですよ。
第1期から第2期再放送世代までは沈黙せざるを得ませんw
しかし「萌えキャラ」という言葉こそ無かったものの、
起源が分からないほど昔からそういうキャラは居ましたよ。

また「地獄編」は評価が高いようです。 抑え気味ではあったけど
鬼太郎誕生が継続的に描かれたのはシリーズ唯一で、特筆すべき事でしょう。
「鬼太郎の母」は他シリーズでも(幻覚を含めて)出たかも知れないけど
「生前?の父」が布団からちょびっとだけ姿が見えたのは唯一のようです。

青野 武(12年75歳没)さんについて調べると、第3期と第5期の
「ぬらりひょん」を演じられました。 御冥福をお祈りします。
2,018年はアニメ「鬼太郎50周年」なので "第6期" があると思いますが、
田の中さん同様、継げる方は居るのかな、と心配になります。
でわ
珍来 |  2015.09.13(日) 10:43 | URL |  【編集】

五期

鬼太郎の五期ですが明らかに中途半端な所で終わっています。
どうみても打ち切りです。 原因は公式発表が無いため不明ですが、
サブプライムローン・リーマンショックが原因かもしれません。 
あの大不況のなかではスポンサー・テレビ局としてもすぐに儲かりそ
うな番組を欲しがるのは当然です。そこで後番組であるドラゴンボール
のリメイクが選ばれたのでしょう。
ドラゴンボールを少年期に見ていた世代はその時30歳前後、 子供の
教育費や住宅ローンを負担する前の金回りのいい世代なのです。

鬼太郎の主題歌に「おばけには会社も仕事もなんにもない」という一節
があります。
この歌が出来た当時は高度経済成長時代であり働きすぎる日本人を
風刺する内容でしたが五期の頃は非正規雇用・派遣労働者の解雇が
社会問題になり、 平社員にすらなれずに 別の意味で「会社も仕事も
なんにもない」人が続出しました。
そう考えると 鬼太郎五期は放映された時期が悪かったのかもしれません
。  もう少し後なら「ゲゲゲの女房」がヒットするなど状況が変わって
いたかもしれません。
片倉(焼くとタイプ) |  2015.09.13(日) 18:27 | URL |  【編集】

第5期は…

2年目から実はけっこう観てました。 ・2007 鬼太郎 OP2 
ttps://www.youtube.com/watch?v=2N3sap0M93w
になってからですね。 2番の歌詞を初めて聞いた気がします。
「聞くたび落ち込む」的な書き込みを見かけた記憶がありますw
 
第73話で「四十七士」が出たお話は観てました。
…調べると08年9月7日放送で「リーマン・ブラザーズ」破綻が
9月15日でした。 日本には影響が少ない的な事が当初は言われてました。
あれから7年ですか、早いなぁ。 その影響か分かりませんが、
中途半端に終わって残念でした。 もっと観たかった第5期(の猫娘)。。。

「ドラゴンボール改」(09~11)は全く観ませんでした。
そうじゃなくなってるとは聞いたけど "引き延ばし" が辛くて
観なくなった過去の経験がそうさせましたw …関係ありませんが先日
「超」をちょっと観ましたが「プリキュア」の方が動いてるようなw

「女房」は映画化や舞台化されるなど大人気でしたね。
水木大先生の著作を少し読んだ事がありますが、大先生の
"人生そのものが面白い" から大ヒットしたんでしょう。

50周年まであと3年なので「超」はとっくに終わって、
「妖怪ウォッチ」(全然関心無しw)も… 続いてないでしょう。
「第6期」をやるにはちょうど良くなってる気がします。
「目玉おやじ」をどうするか、など諸問題をクリアして、
よほど路線を間違えない限りは、軌道に乗るでしょう。
第3~5期と2年やるって「鬼太郎」は鬼強コンテンツですね。
でわ
珍来 |  2015.09.13(日) 21:26 | URL |  【編集】

鬼太郎を初めて知ったのは昭和41年(1966)

昭和41年ころの週刊少年マガジン(自分の世代がわかってしまいます)にて、『墓場の鬼太郎』というタイトルで読んだのが初めてでした。その後第一期のアニメに触れるわけですが、当初は毎週水曜19:00からの放送で、途中から日曜の18:30に変わった記憶があります。昔はスポンサーの影響で曜日が変更するのは当たり前のようでした。
鷲尾飛鳥 |  2015.09.14(月) 07:50 | URL |  【編集】

初期の原作漫画を読んだ事がありますが…

鬼太郎が喫煙してて驚いたりしましたw
「大海獣」だったかなぁ、記憶がかなり曖昧になってますが
「近代兵器は人間を大勢殺す為に作られたので
 "こういう時" には全く役に立たない」
的な大先生の解説があって "こういう時" は誰も考えないだろ、
根拠は無いんだろな、と思いつつ妙に納得しましたねw

仰る通り、アニメ第1期は第14話から枠変更されてますが、
第13話までは「水曜18:15~45枠」で放送されてたようです。
その前に日曜18:30枠で放送してた「マッハGoGoGo」が…
 ttps://www.youtube.com/watch?v=cPR45cBkRq4
カラー、というか方向性のギャップが有り得ないくらいありますねw

私は70年代作品でも自信が無く、60年代作品はかなり不安です。
今後も何かありましたらフォローお願いします。
でわ
珍来 |  2015.09.14(月) 20:17 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |