2015.09.20 (Sun)

少年を喰う悪い夢

デンジピンク・あきらさんは "操られる" 事にかけては歴代戦隊ヒロインNo.1です。
4-42-1.jpg

ピンクの頭の中にベーダー怪物が入り込んでいるんだ

ベーダー怪物の名誉挽回の為、自ら名乗り出たニンポーラーは日本古来の忍術、妖術を…
4-42-2.jpg

人間の心に棲む悪の権化 マスターした恐るべき実力者でした。

正体バレてるのに何故子供達と関わるの? 第42話「少年を喰う悪い夢」を紹介します。
にほんブログ村 テレビブログへ人気ブログランキングへ

More・・・

再放送で観た70年代時代劇では "周囲と出来るだけ関わらない" ようにしてるヒーローも
多かったので、周囲の人々を巻き込んでいる 「デンジマンも見習うべきだ」
と思ってました。 特に子供達を危険な目に遭わせてる事には違和感を感じてましたね。


"一般人が残酷に殺される" のは60年代末からの「妖怪ブーム」の影響かも知れません。
「悪魔くん」(66~7、実写)と「鬼太郎」(第1期、68~9)に続いて多くの作品が作られました。

「河童の三平 妖怪大作戦」(68~9)は主人公が美少女・カン子、その付き人・六兵衛と
妖怪退治をしながら母を探す旅に出ます。 「ねずみ男」に当たるキャラが「いたち男」。 

「バンパイヤ」(68~9)は "変身シーン" (実写とアニメの合成)が当時としては衝撃的!

第1~2話で手塚大先生が実名で登場し、水谷 豊(当時16歳)さんの実質的デビュー作。

「怪奇大作戦」(68~9)は「ウルトラセブン」(67~8)の後番組の円谷プロ作品でした。


"人間が溶ける" (第2話「人喰い蛾」)などのショッキングな怪奇シーンはその後の
70年代作品では多かったのですが「デンジマン」後の80年代作品では少なくなります。


今回「早川 秀一」役でゲスト出演した「佐藤たくみ」さんは前作「BFJ」で「中原マサル」役
090713-4.jpg
でレギュラー出演されてました。 …彼が居るせいでマリアさんの胸の谷間が見えない!

「子連れ狼」第三部(76、主演:萬屋 錦之介(97年満64歳没)さん)の「拝 大五郎」役の方。

今で言う「萌えキャラ」? 原作漫画(70~6)や映画版(72~4)はアメリカでも大ヒットしました。


「都電荒川線」の「三ノ輪橋」付近でしょうか? 「三重の塔」は「三渓園」(横浜市)所在のだと…
4-42-3.jpg
思われるんですが、自信がありません。 ロケ地が分かる方は宜しければ教えて下さい!
4-42-4.jpg

まず奴にとり憑いてやる! 忍者装束で飛び降り、何気にスゴイ!

本作に限りマスクは、アクション用の「穴開き」とアップ用の「ゴーグル」を併用してました。 
4-42-5.jpg

奴隷のクセに手向かうのか!? 秀一の頭から一旦出て…

古タイヤを燃やす。 本人は悪い事をしたくない、と見せる為ですが、それでも今なら大NG!
放火は14歳以下でも保護者に賠償責任が生じる犯罪で「女性警察官」(当時「婦警」)は… 
4-42-6.jpg

一応取り調べる義務がありますから 甘い対応はしない。

「阿像」と「仏像」が映ったので「椿山荘」(東京都)の三重の塔ではないと思うんですが…
4-42-7.jpg

先生、助けて、助けてよ! あきらさんの頭にとり憑きます。

「ベーダー医院」から処方された「一生一回」の毒薬を「デンジマン」殿に飲ませるよう命令。 
4-42-8.jpg

何をためらっている? お前は俺の奴隷だ

ニンポーラーは頭の中で暴れて従わせる、みたいなやり取りだけど、これじゃまるで、
「あきらさんが苦痛に負けて仲間を裏切った」みたいに見えてしまいます。 管理人も
そうでしたが「児童層」にとっては "ガッツが無い" 的な描写はマイナスなんですよ。
4-42-9.jpg

痛い、やめて、やめて! やるか? 意識が無くなって…

操られる的にして欲しかった! 「ブルーマウンテン」らしいですが、秀一が駆けつけて失敗。
4-42-10.jpg

毒なんて入ってないわ  切紙九字護身法「智拳印」を握ってドロン。

あきらさんは黒い衣装で現れ "悪落ち" した雰囲気が出てますが、仲間達と戦ったりしない。
操られると異常に強かったりする事が多いんですが、そういうアクションを求めるのはムリ!

演じた小泉あきら(現:弓あきら)さんは何故か "操られる" 演技だけは天才的に上手く
"操られる為に生まれて来た" (失礼w)と言っても過言ではない方でした。
歴代戦隊ヒロインでも "ピンチの数" は圧倒的に多いので、一部の「男性層」には
カルト的な人気がありましたが、強さやガッツを求める「児童層」にとっては微妙でした。


ベーダーはデンジランドの在り処を探ってるので、無抵抗で良いんですけどね。 でも…
この映像は極小の偵察機を飛ばして撮ってるとしか思えない。 そんなモノがあるなら。。。
4-42-11.jpg

ニンポーラーが秘密基地・デンジランドの内部に潜入します

あきらさんに電気ショックが掛けられますが、ニンポーラーは分かってないのか抵抗せず。
4-42-12.jpg

あぁ、あぁ~っ 表情と悲鳴が実にエロい、ニンポーラー分離に成功!

偽基地の出口は「小田原城」(1,417~)で明治4年(1,871)に廃城になり、関東大震災(1,923)
までに石垣まで崩壊した "廃墟" と化しましたが、戦後から整備が始まり、天守閣は60年に
鉄筋コンクリートで、青梅さんが立ってる「常盤木門」は71年に "外観復元" されました。
4-42-13.jpg

見よ、電子戦隊デンジマン

「デンジ影分身」 で戦隊史上初の予備スーツを使用した "分身" が見られました。
4-42-14.jpg

フイフティーンアタック! 15人でボコって欲しかったけど攪乱技。

ラストは秀一に "夢" だと思わせて終了。 敵の前で変身+名乗りする事がウケるから序盤で
正体をバラす、敵は周囲の人々を襲う、しかし "周囲と関わらない" ようには出来ないので… 
4-42-15.jpg

忘れる為に思いっ切り泳ぎましょう 子供達は危険な目に。

以後の作品では "敵はヒーローの周囲の人間を(あまり)襲わない" 事にして解決しました。

戦隊に限った事ではなく「プリキュア」などでも同様ですが "人間ではない敵" の場合は…

 ①「人質」が有効ではなく、周囲を襲う事を思いつかない

 ②プライドが高く、人間のような「卑怯」な事は出来ない

などの解釈が可能です。 「ベーダー一族」は人間に非常に近い種族かも知れませんね。
でわ

P.S.
70年代作品では "残酷に殺される一般人犠牲者多数" で "解決後も生き返らない"
事も多かったんですが、80年代以降の幅広い年齢層向けの作品では少なくなりました。
(特に70年代タツノコ作品の多くはモブ死にまくりで「モブ厳」(モブに厳しい)と評されます)

「ゲゲゲの鬼太郎」第3期(85~8)は "怖くない" と管理人を含む第2期再放送世代までに
批判されましたが、仕方なかった、とも言え "ヒーローの王道を極めた" 長所もあります。
第4期(96~8)はもっと規制が強まった時期なのに "怖い鬼太郎" を出来るだけ実現した、
と評価が高いようで、第5期(07~9)は第3期と第4期の中間的でバランスが良いですね。

「キャラクターソング」(キャラソン)の先駆けはアニメ「キン肉マン」(83~6)と言われます。

「鬼太郎」でも第3期以降は色々作られました。 ねこ娘・ねずみ男・目玉おやじ以外の
キャラソンあります。 時代に合わせて柔軟に変わったから半世紀以上愛されていますね。
やろうと思えば、いくらだって怖く出来るけど、それじゃダメなんです。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 特撮ヒーロー - ジャンル : テレビ・ラジオ

06:00  |  04.電子

Comment

モデル業は続けているみたいです。

小泉あきらさんは「電子戦隊デンジマン」終了後、21世紀に入ってからは2003年には「スーパー戦隊大全」と言う本の取材に応じたり、2004年にはデンジマンの5人全員が雑誌「東映ヒーローMAX」とDVDの解説書の取材に応じています、ネットで検索するとあきらさんは今ではモデルとして活動を続けているみたいです、「超新星フラッシュマン」でジンを演じた垂水藤太さんも同じモデルの事務所に所属しているのを以前確認しました、あきらさんは身長は167cmで3サイズは不明ですが昭和の戦隊のヒロインを演じた女優の中では一番背が高かったのではないかと思います、後、あきらさんは役者としての経験はデンジマンだけだと証言しています、生年月日は過去の書籍や現在のウィキペディアを検索するとバラバラでどれが本当なのかハッキリしません、身長は167cmで間違いないと思うのですが。
あさばよしゆき |  2015.09.20(日) 13:03 | URL |  【編集】

ゲキレンジャーのメレは本人がそういう真似を嫌っていましたが
忠誠を尽くすリオのピンチで追い込まれている所を
ロンに付け込まれてそういう手段に出たことがありましたね
kivaxtuto |  2015.09.20(日) 19:39 | URL |  【編集】

昭和戦隊ヒロインでは…

最も背が高かったと思われます。
2位がダイナピンクの166cm、
3位が2代目イエローフォーの165cm、逆のような気がする。。。
宝塚で165cm以上あると「娘役」は出来ないと聞いたので
けっこう、というか非常に重要です。 80年代は
背が高くてアイドル歌手デビュー出来なかった人も多かっただろうな。

21世紀以降は170以上ある女優さんもフツウですね。
でわ
珍来 |  2015.09.21(月) 15:26 | URL |  【編集】

修行その30

「セイセイでドウドウな女」ですね。
ケンの妹・幸子は「操獣剣」を奪わせる過程で
"ケンは悪くない" と思わせる為に出て来たキャラです。

卑怯な手段を避けるのは何故か? は説明されない事が
フツウですが、ゲキは敵側視点が主だから説明されたんですね。
玩具が売れなかったのは当然かな、と思います。
でわ 
珍来 |  2015.09.21(月) 16:00 | URL |  【編集】

三渓園みたいですね、ていうかこんな重要文化財でロケしてたんですね(笑)

あきらさんの操られている演技は凄く好きなんですが、シンプルな熱さを求める子供と純粋な大きなお友達には理解しにくのかもしれないですね。苦悶の表情と悲鳴は今見てもドキドキしてしまいます。
女優さんでなく純粋なモデルの方だったので、この才能を他の作品などに活かされなかったのが残念でなりません。
化膿 |  2015.09.21(月) 22:48 | URL |  【編集】

こんばんわ、化膿さん

「都電荒川線」が映ってるので「三渓園」だろう、と思って
画像を見比べてみたんですが、どうにもハッキリしません。
茨城県桜川市にもある事は知ってましたが、調べてみると
(桜川市に2基、つくばみらい市にも1基ありました)
栃木の3、千葉に2、埼玉に3、関東に計13もありました。
ちなみに現存する5重の塔は全国に22基で関東には4塔あります。
「小田原城」(復元)でアクションも今では絶対ムリでしょうね。

"操られる" 事に掛けては、あきらさんの右に出る者は居ませんw
苦悶の表情、悲鳴も「男性層」にとっては素晴らしいモノです。

しかし、当時の管理人を含めた「児童層」にとっては
"苦痛に負けて仲間を裏切った" ⇒ "ガッツが無い" ように
見える事は「大きなマイナス」でしょう。、
その後、戦隊メンバーが洗脳の類を受けるシーンは
"どんなにガッツがあっても抵抗する事は不可能"
的な描写が徹底されています。 …このお話の後、気がついたのかなw

背の高さもあるでしょうが「エイッ!」「ヤー!」的な掛け声が
どうにも決まらない方なので、女優業は難しいかな。。。
"操られる" シーンだけは、他のどんな女優にも負けないですけどね。
でわ
珍来 |  2015.09.21(月) 23:15 | URL |  【編集】

たまたま覗いてみたら、久しぶりに大好きな桃井あきらの話題を扱ってくださっていたので大いに感動してます。ありがとうございます。
モモ |  2015.10.12(月) 20:51 | URL |  【編集】

お久しぶりです、モモさん

2年ぶりですね。
デンジマンは数年前に観返しましたが記憶通り、
デンジピンクがベーダー怪物とタイマンして圧倒するシーンが
一度もありませんでした。 ここまで徹底してるとは思わなかったw

それでいて、ピンチの数と操られる演技は歴代随一でした。
それから "コスプレ"(劇中で着た衣装)数も歴代1位でしょうね。

しかし、児童層は「強さ」と「ガッツ」が感じられるシーンの方が
観たかったんだと思います。 私もそうでした。
でわ
珍来 |  2015.10.13(火) 19:56 | URL |  【編集】

ロケ地

都電のシーンと鉄橋の上であきらが苦しむシーンはおそらく現在のJR王子駅付近です。
都電の部分は駅裏のお花見で有名な飛鳥山公園です。

ヒロインピンチがないのでご無沙汰してましたが、久しぶりにきたらデンジピンクの記事で嬉しかったです。
ゴーグルピンチ |  2015.11.17(火) 00:10 | URL |  【編集】

初めまして

「ゴーグルピンチ」で検索して、コメントを頂いた事が無かったので。
私は「路面電車」に乗った事が無いので、一度乗ってみたいです。

今年は「ピンチ」の特集をしてるので、何かありましたらコメント下さい。

デンジピンクのように頻繁にピンチの人は居ませんが、
「ゴーオン」のGP-29、「ガオ」のQuest 31、
「ハリケン」の巻之十五、「アバレ」の第4話、
「デカ」のEpisode.31とEpisode.39、
「ゴレンジャー」の第40話、「BFJ]の第26話と第44話、
は今年採り上げた「ヒロインピンチ」で命に関わるモノが多いです。
でわ
珍来 |  2015.11.17(火) 22:53 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |