2015.10.14 (Wed)

ゲゲゲの鬼太郎シリーズ (68~) その3

第5期(07~9)の鬼太郎(声:高山みなみ さん)は少なくても40年は子供の姿のままでした。
151014-1.jpg

僕は2度も人間達に警告したんだよ、それなの

に彼らは…
 じゃあ今回は助けに行かないの?

映画「クメール遺跡の亡霊」は20年前にリメイクされ2名の犠牲者を出したのに再リメイク…
151014-2.jpg

夫を失った沼御前の悲しい身の上と偶然にも付合してしまい

リメイクは賛否両論がちょうど良い、第4話「男!一反もめん」、第5話「呪われた映画」、
第26話「妖怪アイドル!?アマビエ」、第29話「ネコ娘の妖怪バスツアー」を紹介します。

ヒーローは何度でも助けるべきか?  について。

にほんブログ村 テレビブログへ人気ブログランキングへ

More・・・

第5期は第1話「妖怪の棲む街」が示すように、異世界「妖怪横丁」とそこに棲む妖怪達
(人間に危害を加える意思が無い、過去に有っても捨てた)が活躍する事が特徴です。

「鬼太郎ファミリー声優一覧表」(簡単のため敬称略、死去された方は赤字で表記)。
声優その1
第1期で「猫娘」は第20話のみ登場、「目玉おやじ」は第2期第4話のみ「大竹 宏」(現在83歳)。 
声優その2
「砂かけ婆」は第2期第2話のみ「小串容子」、「子泣き爺」は第1~2期では最も担当した
声優のみ表記。 「一反木綿」は第1期では第21・22話、第2期では第14話のみ発言ですが、
第3期からは九州弁で饒舌に喋りました。  「ぬりかべ」も第5期ではワリと喋ります。
(第1期は「ねずみ男」、第2期は「砂かけ婆」までがレギュラーで「ファミリー」は第3期から) 

「ファミリー」のキャラも掘り下げられ「一反木綿」は初の主役回で人間の少女・綾と交流。
151014-3.jpg

皆もきっと「タオルさん」のこと分かってくれるよ

濡れると飛べない、乾燥機が嫌いな設定は初。 這いつくばって「船幽霊」に突撃しますが… 
151014-4.jpg

綾~っ!!! 「杓」(船を沈める)で水を掛けられ、彩を連れ去られました。

「海座頭」は子供達を3年漬けて食べようとしてました。 「カワウソ」の助力で鬼太郎が到着!
151014-5.jpg

この人が「ゲゲゲの鬼太郎」 怯える綾を間一髪で救いました。

一反木綿が来れば千人力、空対海の戦いに!  彼の気持ちは鬼太郎と目玉おやじには… 
151014-6.jpg

海座頭が許せないって言うんだろ  完全に通じてました。

急旋回から鬼太郎のスクリューキックで、水のバリアを破り、海座頭の琵琶を見事粉砕!
151014-7.jpg

タオルさん、ありがとう   強くて、優しくて、そしてフカフカでした。

「モブ妖怪」や「新妖怪」を(セミ)レギュラーにしましたが「ファミリー」を埋没させませんでした。

物議を醸したのは "鬼太郎は必ずしも人間の味方ではない" を示した次のお話のようです。

「クメール遺跡の亡霊」は第2期第10話「アンコールワットの亡霊」を思わせるタイトルで…
151014-8.jpg
「沼御前」は鎌倉時代、福島県沼沢湖に現れ、当時の領主・佐原十郎義連が観音菩薩の
加護で退治した、伝承があります。 「クメール王朝」(802~1,431)の「ナーガ」(蛇神)崇拝、
繋がりなのか不明。 「神」の力を借りて「魔」を退治した "英雄譚" は世界的に多いです。 

結局、鬼太郎は3度目も助けますが、4度目は助けず「大久保」「千絵」が死亡したようです。
151014-9.jpg
この2人は "イヤなヤツ" 描写はされてますが "殺されるほど悪い事はしてない" でしょう。

第5期の鬼太郎も「お人好し」ですが「際限無く助けたりしない」と現実的な考えを持ってます。

実際に20年も経てば "何も知らない関係無い人間" が死ぬ事になり "可哀想" でしょうね。

何度でも助ける、それがヒーロー と思う人も居るでしょうが、

「善意」「無償」「命懸け」で戦ってる側にすれば「ふざけるな!」と言いたくなる意見なのかも。


深夜アニメ「墓場鬼太郎」(08)は主人公が初代の声優(「目玉おやじ」「ねずみ男」も同様)で…


じゃ  育ての親・水木(しげる)を "金づる" 扱いして、アッサリ見捨てる悪童でした。

原作初期は「怪奇もの」でしたが、次第に「ヒーローもの」にアレンジして人気が出ました。
"必ずしも人間の味方ではない" をどれだけ残すかで変化を付けられる、所が強みでしょう。


新レギュラーの「アマビエ」は大人気で、管理人の甥と姪は「甘海老」が出ると喜んでました。
151014-10.jpg

お待たせ♪  (待ってないのに) カワウソと運命の出会いw

「古今東西妖怪大図鑑」(通称:ココン)は関連商品「DX妖怪大図鑑」のタイアップキャラ。
151014-11.jpg
弘化3年(1,846年)4月中旬頃、肥後国(熊本県)に現れ、予言して海に帰ったそうです。

第4話で登場した「ぬらりひょん」と第18話で登場した「バックベアード」が早くも協力!
151014-12.jpg

健闘を祈るよw 大物ぶりおって 第4期では終盤で共闘。

第17話で登場した「蒼坊主」(蒼兄さん、全国の封印を巡視する役目を持つ方向音痴)が…
151014-13.jpg

ハウ☆ 閃いた 「放っとくと危ない」気がして、横丁に行くように勧めました。

「ろくろ首」は「モブ妖怪」から「ろく子」としてレギュラー化、悩みながらも人間「鷲尾 誠」と…
151014-14.jpg

人間と妖怪の恋なんか、うまく行きっこないと思うよ♪ 相思相愛。

「ぬりかべ」は所帯を持ち子供が12体も居ます。 「砂かけ婆」(おばば)は「妖怪長屋」を経営…
151014-15.jpg

おばばを放ってなんかおけん~ 「子泣き爺」は最古参で家賃を400年滞納。

旧キャラの掘り下げと新キャラの立たせ方が上手く、2年(100回)で「打ち切り」的に終了して…

「勿体無い」と感じられる作品でした。 最も気に入っていたのは物議を醸した「猫娘」です!

"萌えキャラ" 化して "コスプレ"(バイト)しまくりました。 履歴書に「猫 ひろみ(21)」ってw
151014-16.jpg

私が色々なアルバイトしてるのは皆は勿論知ってるわよね

「バスガイド」のバイトって… まぁ良いか。 コナン君のような爽やか美少年・鬼太郎に爆笑w
151014-17.jpg

猫娘は何を着ても可愛いなぁ、最高だぁ♪

爆睡する鬼太郎で腹筋崩壊ww スィッチが入るまで寝てばかりで "ニートな鬼太郎" でした。
151014-18.jpg

彼ったら今頃私が心配で心配で夜も眠れずに居るかもぉ~

一反木綿は猫娘のバックに入って寝てました。 何泊するか分からないけど下着入れ過ぎw
(第2~4期までは(猫娘の)パンチラがありましたが、第5期では一回もありませんでした)
151014-19.jpg

優しく良い香りが一杯でな、道中ぐっすり眠れちゃった♪

猫娘は「狂骨」と戦って正体がバレてしまう。 一反木綿が居るから鬼太郎が来れない…
151014-20.jpg

君達を守る、今はそれが私のお仕事だから

「妖怪横丁」は元は人間界と地獄を繋ぐ通路の一部。 鬼太郎を連れて来たねずみ男を…
151014-21.jpg

この際、一緒に頑張って…  スクリューヘッドで再利用w 

「萌え」が加わっても「ギャグ」と「ホラー」と「バトル」が堪能出来るなら「鬼太郎」でしょう。
151014-22.jpg

お前の呪われた人探しもこれで終わりだ!

「画が綺麗過ぎ」「鬼太郎が美少年」「猫娘が美少女」で違和感があった人も多いでしょうが…

管理人はすぐ慣れました。 第74話「妖怪四十七士の謎」を観た時は「3年目も!?」
と期待しましたが後番組「ドラゴンボール改」(09~11)が始まると知った時の脱力感は。。。
アニメ「ONE PIECE」(99~)に視聴率的には… と聞いていたので大人の事情なのかも。

60、70、80、90、00年代と5シリーズも制作されてるので、アニメ化50周年(2,018年)前には
第6期を是非とも期待したいです。 「賛否両論」のアレンジが多い、大人しくないリメイクで! 

しかし、水木大先生作詞のOP「ゲゲゲの鬼太郎」は残すべきでしょう。 アニメ主題歌として
計439話に使われた不朽の名曲です! …これ以上の主題歌は作れない、でしょうけど。
曲のアレンジが、それぞれの直撃世代から支持されてる、って素晴らしいですね。
(第1~2期OPを歌われた熊倉 一雄さんが10/12に満88歳でお亡くなりになりました。 
御冥福をお祈りします)

でわ

P.S.
水木しげる大先生が11/30に93歳でお亡くなりになりました。 御冥福をお祈りします。
「鬼太郎」の記事は前々から書きたいと思っていたので "虫の知らせ" とかではありません。
100歳は軽い、第6期、アニメ化50周年までお元気、と管理人は全く疑ってませんでした。


もうちょっと上の賞はないのかな  「文化功労者」では不満。

大先生ならではのお言葉でした。 漫画以外の作品(エッセイ等)も非常に評価が高いです。 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アニメーション - ジャンル : テレビ・ラジオ

00:00  |  ゲゲゲの鬼太郎シリーズ

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |