2015.10.25 (Sun)

ブラック!大逆転

ゴーグルブラック・黒田 官平はスーパー戦隊シリーズ初の "ブラックのヒーロー"
151025-1.jpg

許せないのはお前達の方だ!!! 「悪」を許さぬ「黒」。

演じた春田 純一さんは変身後のスーツアクターも兼任され、高度なアクションをされました。
151025-2.jpg
第26話「ブラック!大逆転」、第29話「眠りの街の恐怖」、第42話「暗殺!サソリの罠」と3度も
変身不能になり、生身でも一人で戦い抜いた "黒田アクション編" を紹介します。

助けられる側は何もしなくて良いのか? について。

にほんブログ村 テレビブログへ人気ブログランキングへ

More・・・

「ゴレンジャー」の敵組織が「黒十字軍」であるように「黒」は「悪」を連想させる色です。
本作のキャラデザを担当された方によれば「緑」は子供達の好き嫌いが分かれる為
「紫」案は印刷媒体での見栄えが悪い、という理由で「黒」案が初採用されたそうです。
(「紫」が初採用されたのは25年後の「ゲキレンジャー」の追加戦士「ゲキバイオレット」)

春田さんは70年「JAC」(現:JAE)一期生(「バトルケニア」「デンジブルー」大葉健二さんが同期)
本名の「春田 三三夫」(みさお)名義でスタントマン・スーツアクターとして活動を始めました。

「超神ビビューン」(76~7)の「ビビューン」を担当されてます。 OPのダイビングが印象的!
(「アカレンジャー」(代役)、「スペードエース」「ビッグワン」や「イナズマギンガー」も担当)

78年に「春田 純一」名義で役者デビュー。 戦隊では「BFJ」第36話、「デンジマン」第40話、
「サンバルカン」第7話にゲスト出演され「ゴーグルV」で初レギュラー、兎に角スゴかった!
151025-3.jpg

よし、今行くぜ、トォーッ! ワンカットでダイビングに管理人は唖然。

「ショック爆弾」で記憶を失い、ブラックである事を忘れて逃走! 「敵を欺くには味方から」。
(「新宿西口バス放火事件」(80)、「深川通り魔殺人事件」(81)後の "爆弾通り魔" は危険球) 
151025-4.jpg

分からない、ワァーッ! デスギラー将軍の猛追を受けます。 

敵の注意を自分一人に引き付け、被害を最小限に食い止める為の「変身出来ないフリ」。
151025-5.jpg
でも戦闘員「マダラマン」達の機関銃に膝を撃たれたのに、何故大丈夫だったのか不明。
151025-6.jpg

記憶を奪われた子供の悲しみ、親の嘆き、

今こそ晴らしてやる! ゴーグルブラック!!


管理人はアクションがスゴイ黒田さんとゴーグルピンク・桃園ミキさんを応援してたから…

「ゴーグルロボ」に思い入れがありません。 興味が「ヒーロー」「ヒロイン」に移ってましたね。

「マスクマン」第41話(操られたフリ)、「ターボレンジャー」第20話(記憶を失ったフリ)、
「ファイブマン」第32話、「オーレンジャー」第9話(降伏したフリ)の先駆けになったお話かも。


戦隊の「変身アイテム」は「BFJ」の「バトルシーバー」が初でしたが、商品化されたのは

「ゴーグルブレス」が初でした。 第29話では初めて「変身アイテム」が破壊されました。
151025-7.jpg

ハッ、ブレスレットが! 本当に「変身不能」&仲間との「通信不能」。

シゲルとタカシを守りきり情報をもらいます。 この状況で鳩の「太郎」に感謝する微笑み。
151025-8.jpg

鳩くんにたっぷりお礼の御馳走しなくちゃな

デスダークの次の狙いは東京! 黒田さんは走行中のトラックの荷台の上で仕掛けました。
151025-9.jpg
マダラマン4人を余裕で蹴散らしますが、ハエモズーには大苦戦! 鉄橋から落とされます。

先回りして命懸けで戦うと宣言! 見事トラックに積まれた「眠りガス」を全て始末しました。
151025-10.jpg

俺にはゴーグルの武器も何も無い だがこの体が有る

全身を武器に戦い 必ず食い止めてやる!!


しかし、デスギラー将軍(演:高橋 利道さん)のサーベルには全く為す術が無く、絶体絶命!

「アクマイザー3」(75~6)の「ザビタン」を高橋さんが担当され、春田さんも代役をされました。
"人間態を持たない集団怪奇ヒーロー" でしたが「児童層」には受け入れ難い部分があり、
後番組「ビビューン」は「変身もの」に戻されました(戦隊では「人間態の無い戦士」が復活)。

ゴーグルブラック、貴様の最期だ! ギリギリ間一髪で…

151025-11.jpg

ブラック、新しいブレスレットだ! スペアを持って仲間到着!

黒田さんが変身してゴーグルVが全員揃い、戦隊史上初の "色付き爆発" が炸裂しました。
151025-a.jpg
「ハエモズー」は非常に機転が効く優秀な怪人でしたが「ゴーグルサーベル・殺虫剤」や…

「ゴーグルハエ叩き」という "一度しか使われなかった珍技" に敗れた事が印象的でしたw


幼馴染の「さやか」(演:仁和 令子さん、「仮面ライダーX」(74)のチコ)と「ひばり幼稚園」の
園児達を守りきった第42話は圧巻でした。 右腕を自分でナイフで抉って毒を吸い出す!
151025-12.jpg

蠍人間になってたまるか~! …それで防げるか疑問でした。

傷で変身不能になり「ポーズを決めなきゃダメなの?」とブレスの余計な機能にビックリ!
151025-13.jpg

官平さん… 変身出来ない …必死で戦う姿に圧倒されました。

苦戦しない序盤から新装備が続々と出る最近の作品を観てると、忘れてしまいそうですが…
151025-14.jpg

黒田 官平 「そんなモノは必要無い!」事を思い出させてくれるヒーローです。

命の有る限り、子供達を守ってみせる!!!

戦闘機「デスファイター」の空爆の為か、仲間達が到着! 「レッドルビー光線」(一度きり)で…
151025-15.jpg

よし! 傷が治って変身可能! 第26話ではポーズを取らなくても変身出来たのに。

ラストで黒田さんは謝罪するさやかを逆に慰めます。 傷は完全には治ってませんでした。 
151025-16.jpg

黄島、痛いよ! 左腕に付け替えて、強く振ればブレスは作動したのかな?

「ゴーグルブレス」は「声」(本人認証)以外に作動する条件が有る、と色々考えましたw

次作「科学戦隊ダイナマン」でも春田さんは「ダイナブラック・星川 竜」を演じた為

ブラックのイメージを確立したミスター・ブラック

と呼ばれました。 やはり管理人は「ダイナピンク・立花 レイ」と共に応援してたので、
「キョウリュウジャー」(13~4)ブレイブ43には本当に驚きました! その話はいずれ。

次回は割り込み記事「40th戦隊と新プリキュアのタイトルが "王道" 過ぎる」事について。

でわ

P.S.
"黒田アクション編" でも特に第42話が印象に残っているのは、園児達が守られてばかり
ではなかったからです。 勇気を持って吊り橋を渡った後は、黒田さんと先生を助ける為…
151025-17.jpg
自発的に力を合わせて岩を押しました。 更に最後まで諦めずに爆発の中を走っています!
151025-18.jpg
…今観ると「やり過ぎだろ」と正直思いますが「自分より小さい子供達が…」と感動しました。
特撮の子役は好きじゃなかったけど、ヒーローの役に立ってる子役は例外でした。

「ヒーローはどこまでやるべきか?」「ヒーローが助けられる人間の限界」的な事を論じましたが

「助けられる側は何もしなくて良い」 事はないハズです!

己に非が有る場合は何らかの罪滅ぼしをして、無い場合も自力で精一杯戦うべきでしょう。

「助けてもらって当り前」 なんてヤツは理屈抜きで好きになれない。

…そういうのでも助けなきゃいけないんですから、ヒーローは本当にタイヘンですね。

アメリカはきっと「何でこんなヤツ助けなきゃ」な思いをイヤと言うほどしてて、その中には
日本も含まれたでしょう。 …これから日本も同じような思いをしなきゃいけないのかな。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 特撮ヒーロー - ジャンル : テレビ・ラジオ

02:00  |  06.大

Comment

戦隊初のブラックはゴーグルブラックです。

戦隊3作目のバトルフィーバーJのバトルケニアは緑と黒の混同で完全な黒の戦士とは言い難い点がありました、聖闘士星矢のドラゴン紫龍も番組後期は緑と黒の混同でした、本格的に黒が戦隊メンバーに採用されたのが戦隊6作目の大戦隊ゴーグルファイブのゴーグルブラックですね、ブラックを演じた春田純一さんは次回作の科学戦隊ダイナマンでもブラックを演じましたので春田さんがブラックのイメージを確立しました、ブラック2代目の電撃戦隊チェンジマンのチェンジグリフォンを演じた河合宏さんは春田さんが確立したブラックのイメージを損なわない様に演じていましたので相当なプレッシャーがあったそうです、春田さんは今年で61歳になります、最近の写真を拝見しましたが若い外見を維持出来ている様に思えました、春田さんが所属していたジャパンアクションクラブの同期で同年代の大葉健二さんは2012年01月公開の海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバンを視聴してみて春田さんよりフケたなと思いましたね。
あさばよしゆき |  2015.10.25(日) 02:41 | URL |  【編集】

「チェンジマン」と言えば…

ドラゴンは春田さんを起用する案もあったそうです。
当時30歳だから全然別の作品になっただろうな、と思います。

近年「キョウリュウジャー」に出演されて嬉しかったのですが、
ブレイブ43の展開は全く読めなかったですね。

それから「40th戦隊」のタイトルが例年通り判明しました。 
キャストが分かる年初まで書くこと無い、と思っていたのですが
「新プリキュア」のタイトルでも同様の傾向があったので、
採り上げてみたいと思います。
でわ
珍来 |  2015.10.25(日) 14:21 | URL |  【編集】

春田さんと河合さん

ちょうどYouTubeの公式配信の「超人機メタルダー」が、河合さん&春田さんのWブラック共演回でした(他にも大葉さんや渡さんなどJACのスター目白押しだったのでさっきまで気づきませんでしたがw)。

ゴーグルファイブやダイナマンの頃と現在の春田さんを比べるとかなり変わった感があるのですが、メタルダーのように80年代後半頃の春田さんと今を見比べても殆ど違いが分からないんですよね。そこの数年間で一気に渋みを増してはいるんですが。
まあ、髪型のせいもあるかもしれませんw

それにしても、春田さんも河合さんもそれぞれいい味を出していたと思います。どちらもほどほどに情けないんですが、いざというときは眼力もあってすごくカッコいいんですよね。
そのぶん後のブラック達が結城凱の登場までいまいち目立てていなかったのが残念なところではあります。キャラづけの問題もありますが演技力が足りてなかったのかな…という感じもしますね。多少他のメンバーとキャラが被っても、上手い人はキャラ立ちしているように見せることができていると思いますし。

ともかく疾風や最近だとイアンのような「お茶目でキザだけど、やる時はやるサブリーダー」的なブラックが大好きなので、来年のジュウオウジャーでそんなブラックが登場することを願っております。
たーたん |  2015.10.26(月) 02:47 | URL |  【編集】

ミスターブラック

どちらかと言えば同じブラックでも
ダイナブラックの方が好きなキャラでしたが、
自分もまたこの2作品ではブラックとピンク派で
ゴーグルロボには思い入れがありませんね。
同じMojoさんがテーマソングを歌っていても
5人全員が乗るダイナロボの方が印象的です。

その後悪役でジャスピオンの宿敵、
漆黒のスーツに身を包んだマッドギャランの
人間体を演じ、まさにミスターブラックと言う
称号が相応しい方ですが、今もドラマや舞台で
ご活躍されているのは嬉しいですね。
特撮最前線 |  2015.10.26(月) 08:45 | URL |  【編集】

貴重な情報ありがとうございます、たーたん さん

「ジャック電撃応援団」を先程視聴しました。
ギャバン、ブラック、シャリバン、イエローフォー、ダイアナに
変身したら、敵組織が壊滅して番組が終わってしまいそうですw
私は「メタルダー」(87~8)を観てませんでしたが、
この第25話(87.10/4)から"ニチアサ"「9時台後半」に枠変更して、
更に「ジバン」(89~90)の第9話(89.4/2)から
現在の「ゴースト」まで枠を守ってるんですね。

「ゴーグルV」と「ダイナマン」は個人的に
正直言って "ブラックとピンクしか観てなかった" です。
その後 "追加戦士" を除いて特に目立ったブラックは…
(サブ)リーダーの人は「コンドル」以外もワリと目立ってますね。

「キョウリュウジャー」はキャラが多いのに終盤までそれぞれ見せ場があり、
メインライター・三条陸さんの力量に驚くばかりです。 
最近の記事で触れた第5期「鬼太郎」の伏線の数々も延長されれば、
きっと回収されたのでしょう、本当に勿体無くて残念です。
でわ
珍来 |  2015.10.26(月) 23:33 | URL |  【編集】

お久しぶりです、特撮最前線 さん

ゴーグルブラックも記事で触れた通り素晴らしいんですが、
ダイナブラックは、敵女幹部の衣装を持ってきて(窃盗?)
ピンクに着せたという "ヒーローにあるまじき事"
をしたので、私も星川竜の方が好きですw
まぁ、5人乗ってたという点で「ダイナロボ」の方が好きです。
個人的に、以前記事で触れた「アクロバンチ」から、
ロボよりもキャラ重視の「巨大ロボアニメ」もOKになりました。

「ジャスピオン」は観てないんですが、悪役… というか
敵司令官・マッドギャランの人間態とスーツアクターを
担当され、そちらも「黒」に拘っていたとか、観てみたいです。
でわ
珍来 |  2015.10.26(月) 23:49 | URL |  【編集】

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
 |  2015.10.27(火) 00:54 |  |  【編集】

ダイナブラックと言えば

悪の華の衣装を盗む…。
そういうオイタもありました。
その後のシーンはあまりにも刺激的で
水着もさることながらああいうシーンも
ハイキックやパンチラなど、
アクションが無くても姿だけでエロい、
なんて言ってる今時のファンからすれば
硬くなるどころの騒ぎじゃないでしょうね。

ちなみに悪の華の衣装はだいたいタイツ型ですが
キメラみたくドラクエ等のRPGでも見かけるような
素肌に装着したビキニアーマー型の衣装は
他にはギンガのシェリンダぐらいでしょうか?

最近では顔出し女幹部すら絶滅危惧に瀕してますが
グラビアで鳴らしたメレやエスケイプ辺りにも
あんなビキニアーマー着て欲しかったなあ
なんて思ったりしてます。

毎度ながらエロに脱線しましたが
やっぱりダイナマンでお気に入りの二人が
大いに関わると言えばキメラのエロい、
もとい呪いの服の話は抜きに出来ないもので…。
特撮最前線 |  2015.10.27(火) 10:27 | URL |  【編集】

なぜあんなw

悪の華の衣装を盗む、そこまでは出来心でしょうが
ピンクに着せる発想は "天才" としか思えませんw

呪いを受けて悶え苦しむピンクを助ける為には
「服を脱がす」しかありませんが、博士も加わって男5人で
脱がそうとした所は「ヒーローのやる事か!?」的でしたw
硬くなるどころか痛くなりましたねw

更にキメラ様の着替えを覗こうとして「敵とは言え失礼よ!」
とピンクに叱責されて "ヒーローの権威" は地に堕ちましたww
いやいや、それでも星川さん大好きですよ。

そう言えば「生足」の戦隊ヒロインは多いけど悪のヒロインでは
少ないですね。 キメラ様とシェリンダ様以外に居たかな。。。

近年は「顔出し幹部」でも「怪人態」になる事が多いですね。
しかし "散り際" は「人間態」に戻る事がまだ主流だと思います。
でわ
珍来 |  2015.10.27(火) 23:05 | URL |  【編集】

春田氏の魅力がふんだんに

おはようございます。

「ゴーグルファイブ」は現在も俳優として活動している春田純一氏の本格デビュー作と言っていいですが、26話・29話・42話と春田氏の生身のスタントシーン満載で見応えは大ありです。

同時期の「ギャバン」の大葉健二氏に負けじ劣らずの演技「ゴーグルファイブ」がギャバンと互角の勝負を繰り広げた理由は春田氏の演技力もあったと思います。さすがはJACと言うべき。大葉氏は野性味溢れるスタイルだけど、春田氏は理論派的な要素も兼ね揃えてるところがあります。

これも昭和特撮あるあるだが、生身のスタントは当たり前。今の特撮では危険なシーンは役者本人にやらせない傾向が強いんでしょうか? そこら辺が寂しくなった感がします。
アジシオ次郎 |  2017.06.06(火) 10:29 | URL |  【編集】

黒田アクション編は…

当時ワケも分からず観てましたが漠然と「スゴイ!」と感じました。
「大葉氏は野性味、春田氏は理論派」は何となく分かる気がします。

スタント… となると近年はあまりないでしょうね。
いや「キョウリュウジャー」だったかな。
非常に高い所に実際に昇って名乗った、と聞きます。
昭和の頃は当たり前だったかも知れません。
でわ
珍来 |  2017.06.06(火) 21:56 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |