2016.02.21 (Sun)

カンフー魂

「偽ファイブマン」が一般人を襲っても、唯一人ファイブマンを信じる少女・恵が居ました。
14-42-1.jpg

私が憧れてるファイブイエローがこんな事する訳が無いわ。
この人達は偽物よ、本当のファイブマンなんかじゃない!!


レミお姉さんは「進修武道館」で 「ファイブイエローみたいに成りたい」 彼女と出会い…
14-42-2.jpg

ファイブイエローは負けないわよ! 大いに励まされます。

「誰もヒーローを信じない」事が悔しかった子供達が居た、第42話「カンフー魂」を紹介します。

「風刺」は子供が本気で傷つく事がある 件について。

にほんブログ村 テレビブログへ人気ブログランキングへ

More・・・

ヒーローの偽物の起源は分かりませんが、その目的の一つは「本物の評判を失墜させる」。
大衆は簡単に騙され、よく確かめもせず何度も助けてくれたヒーローを疑い、罵り始めます。

無責任な大衆を風刺する  意図で滑稽に描かれる事も多く…

大人は楽しめますが、風刺が分からない子供は時に本気で傷ついてしまう事があります。


戦隊では「ゴレンジャー」第33話の「鉄ヒメ仮面&黒十字コマンド部隊」が初の偽ヒーロー。
1-33-1m.jpg
5色のマントで「五人揃ってゴレンジャーだ!」と名乗っただけの「似せる気が無い偽物」w
…なのに翌日の新聞は「ゴレンジャーの悪事」と書き立てました。 大衆はゴレンジャーを
簡単に疑ったのに、誰一人としてノコノコ新聞を買いに来た鉄ヒメ仮面を疑いませんでした。
管理人が再放送で観た時は、風刺がまだ分からない歳でしたが、爆笑した記憶があります。

一方「桜多 吾作(おうた ごさく)」版「マジンガーZ」を読んだ時は、本気で怒りを感じました。
兜甲児留年
「兜 甲児」(高校2年)がDr.ヘルの手先と戦い過ぎた為に出席日数が足りなくなった事を

教師達が先頭に立って 「留年記念パーティ」 で彼を嘲笑したのです。 

勿論「風刺」ですが、当時の管理人にはそれが分からず「悔しかった」ので印象に残りました。


ガロア(前)艦長は第34話で「掃除係」に降格。 「バルガイヤー」は影武者「メドー」により…
14-42-3.jpg

私に1,000個目の星として捧げよ! 幹部達を欺いてます。

「初代艦長シュバリエ」は「メドー」に褒美をもらって引退してましたが、第28話で復帰。
第47話(ラス前)で「バルガイヤー」は彼を "最高極上の死のエキス" として吸収しました。
14-42-4.jpg

ニーハオ! シュバリエはカッコから入る伊達男。 「変身エネルギー」を奪って… 

「銀河戦隊ギンガマン」(「星獣戦隊」とは関係無し)を「偽ファイブマン」に変身させる作戦。
14-42-5.jpg

ギンガマンがファイブイエローに変身するなんて! マフラー有り。

兄弟4人は変身後に吸収されました。 変身途中でなくても可能で、本物は変身不能になる。
14-42-6.jpg
「偽ファイブピンク」に襲われる数美お姉さん、いつも「白」でした。 「偽物=マフラー有り」は…

 
「仮面ライダー」(71~3、全98話)第91~4話に登場した「ショッカーライダー」の影響でしょう。
新1号(マフラー赤)と同型の改造人間で№1(黄)。 93話から登場した№2(白)、№3(緑)、
№4(青)、№5(紫)、№6(桃)の6体となり、ある意味「(偽)戦隊」のルーツ的になりました。

新1号・新2号の新技「ライダー車輪」に倒されたシーンは、管理人も初見では「?」でした。
構造、スペック的には偽物とは言い難いけど「鍛錬をしてない」のでそのスピードとパワーに
振り回され、また「信頼関係が無い」ので互いに激突して自滅した、と言う事で納得です!


「偽ファイブマン」は機関銃で暴れ始めました。 外側は「本物」で「マフラー」に気付く由も無く、
市民達はファイブマンを非難します。 変身不能の状態でレミお姉さんは飛び出しました。  
14-42-7.jpg

ファイブマンは、ファイブマンは私なのよ!

勇と恵は現場に駆け付け、勇は野菜を投げつけてファイブマンを非難しました。 偽物達は…
14-42-8.jpg

ファイブマンの馬鹿野郎、人で無し! 嘲笑するばかり。

お兄ちゃん、こいつらファイブマンじゃないわ!

偽物達はドキリとしますが本物が 何故助けに来ないのかな? と切り返す。 

14-42-9.jpg

私は信じてる本当のファイブマンを、 本当の

ファイブイエローを!
 恵は毅然として信じ続けました。 その姿に… 

こんなにファイブマンを信じてる子が居る、ファイブイエローを
信じてる子が居る 頑張らなくては!
 レミお姉さんは激励されます。 

歴代戦隊ヒロインでも特に主役回が多い「ファイブイエロー」の集大成と言える大立ち回り!
14-42-10.jpg

行くわよ、トォーッ! 偽物達の正体を暴いて本物の名誉を挽回しました。

ヒルアゲハギンは右腕を突き出す動作が読まれ、2度は変身エネルギーを吸えませんが…
14-42-11.jpg

超次元ソードが奪われたわ 武器を奪う、レアな事をしました。

「ヒーローの偽物」が出現すると大衆は「本物を非難する」 "風刺" を大人は楽しめますが…

子供は「自分は信じてるのに何故?」と傷つきます。 その悔しさを具現化したのが「恵」です。

このお話は「中川翔子」さんが本名「中川しようこ」名義で出演された事が知られてますが…
14-42-12.jpg

強くて、明るくて、元気で、それに美人で!

当時「5歳」なので「恵」を演じた子役(「鈴木秋海」という方)とは明らかに違います。 
おそらく「偽ファイブマン」に襲われて逃げ惑う子供の一人で、一瞬でも映ってるか不明です。
でわ

P.S.
昭和末期から平成初期の時期はアニメ同様、戦隊も「ポスト団塊Jr.」世代獲得に動き、
当時の「やや高い年齢層」には「ファイブマン」に対して否定的な意見が多かったです。  

しかし、当時5~6歳だった声優「沖 佳苗」さん(キュアピーチ)は「ファイブイエロー」に憧れ…

「ファイブマン」を最も好きな作品として挙げてらっしゃいます(75分もあるので視聴注意)。
"次の世代に引き継ぐ" 役割を果たした作品、と言えます。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 特撮ヒーロー - ジャンル : テレビ・ラジオ

20:00  |  14.地球

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |