2016.03.06 (Sun)

シェリンダの最期

シェリンダ様は第十章から第十六章、第三十一章とギンガグリーン・ハヤテを付け狙い…
22-46-1.jpg

バルバン 操舵士 シェリンダ! 遂に名乗りを挙げました。

ハヤテの婚約者・ミハルの幻を差し向けた事で、彼の怒りを爆発させ、戦いに漕ぎ着けます。
22-46-2.jpg

お前は俺が倒す! その言葉を待っていた! 

ムカつくヤツは徹底排除、第四十六章「怒りの風」と第四十九章「奇跡の山」を紹介します。
にほんブログ村 テレビブログへ人気ブログランキングへ

More・・・

「悪のヒロイン」は「王女・女王系」「愛人系」「ファザコン系」の3種に大別されると思います。
「オーレンジャー」の「マルチーワ姫」は第41話で「カイザーブルドント」と挙式・戴冠式して…
19-41-1a.jpg
「皇妃マルチーワ」になりました。 人類から見て「悪」と言うだけで「マシン帝国バラノイア」では
"愛される女王" 「正義のヒロイン」でした。 また「バラノイア」は「ゴレンジャー」第42話以来の
"顔出し幹部が居ない敵組織" でした(第44話でマルチーワの人間態「愛」が登場)。

「カーレンジャー」でチーフプロデューサーに昇格した「高寺 成紀」氏が "顔出し女性幹部"
を復活させました! 「美女ゾンネント」を演じた「七瀬 理香」さんは「水谷リカ」名義で
AV女優として活動されてたので 「子供向け番組に…」 と物議を醸しました。
20-45-4.jpg
「宇宙暴走族ボーゾック」は "ならず者集団" 。 ゾンネット様はファンベル星の王女で
お姫様暮らしが嫌で家出。 第45話で「総長ガイナモ」と結婚させられそうになりました。
「子供向け番組」では「愛人」にしか見えなくても「何の事?」とトボけてる事が多いですw

「メガレンジャー」の「シボレナ」を演じた「城 麻美」さんもAV女優、演技力は高かったです。
静香→シボレナ
「鮫島博士」(Dr.ヒネラー)は愛娘・静香を人体実験で死なせてます。 第50話(ラス前)で
シボレナ様はヒネラーに感謝と別れの言葉を告げて 「父上」 と呼んで爆散しました。

「子供向け番組に…」についての管理人の意見は「良いんじゃないのw」です。 「男児」に
ワザワザ説明する "バカな大人" が居るとは思えないからです。 思春期に入る前なら
スルーだろうし、思春期に入れば男児は何らかの切っ掛けで性に目覚めるモノです。

それだったら「男性層」にアピールする為に「セクシー女優」を起用するのもアリでしょう。
「女性層」のクレーム覚悟で。 「顔出し幹部」が少なくなり「着ぐるみ幹部」が主流になったのは
制作費の問題と「米国版」(セクシー女性幹部は完全NG)に対する配慮が主な理由でしょうか。

「ギンガマン」で「操舵士シェリンダ」を演じた「水谷ケイ」さんはAV女優ではありません。

「ヌードモデル」デビューですが、映画「農家の嫁 あなたに逢いたくて」(14)で主演されてます。


「宇宙海賊バルバン」の懸賞金(単位:ゴールド)は「船長ゼイハブ」1万5千、4行動隊長の
「サンバッシュ」7千、「ブドー」8千、「イリエス」7千5百、「バットバス」8千に対し、シェリンダ様は
6千5百で戦力的に下。 「樽学者ブクラテス」2千は姪のイリエスとブドーを陥れた事が発覚。
「黒騎士・ヒュウガ」にアースを捨てさせ「ナイトアックス」でゼイハブへの復讐を目論んでます。
22-46-3.jpg

たまには外の空気を吸いたいだけだ 組織№2なのは…

「船長の愛人だから」が最もシックリ来る理由ですが、劇中でそれらしい描写はありません。
「操舵士の地位が高い」はムリでしょう。 とにかく「セクシー女性幹部」が観られる事に感謝!

第四十二章で「魔獣ダイタニクス」は爆散し、その破片で誕生した「地球魔獣」が戦いの焦点。
22-46-4.jpg

お前に構ってる暇は無い、どけ! ハヤテの言う通り。

貴様、私が相手をしてやろうと言うのに! 

シェリンダ様はプライドが非常に高く、それを傷付けた者を絶対に許しません。 その為なら…
22-46-5.jpg

イヤでもこの私と戦わせてみせる! 手段を選ばない。

「ミハル(の幻)」を演じた「田中 規子」さんは「有言実行三姉妹シュシュトリアン」(93)の
「山吹 雪子」役で知られる方。 ハヤテはやむを得ず(最小限の?)「風のアース」を使います。 
22-46-6.jpg

お前のアースは命を大切に思う温かさに溢れていた

シェリンダ様はハヤテの "大切なモノ" を穢しましたが、彼女にとってそんなモノは無価値。
22-46-7.jpg

多少の償いはしてもらわねばな  己のプライドが全て、です。

胸元まで下がる髪が邪魔ですが、胸の谷間を見え隠れさせる為ですね。 左胸の傷も…

ドアップにする必然性の為です。 ここで決着が付かずに水入りになる事は少し残念!

第四十七章で「闇商人ビズネラ」が戦死。 第四十八章「モークの最期」でギンガマンは…
22-49-1.jpg
アースが使えなくなり「転生」(変身)不能になる大ピンチ! 「知恵の樹モーク」が汚染物質を
吸収して枯れ果てました。 涙無くしては観られない最期です(最終決戦後「種」から復活)。 

仲間の為には全く動かないシェリンダ様は、ブクラテスの所在を掴み、その粛清に燃えます!
22-49-2.jpg

逃がさん! その行動原理は「ムカつくヤツは徹底排除」で "真の悪女" かも。

多くの悪の幹部が怠って墓穴を掘る「死体を確認する」を徹底します。 尤も今回は自分で…
22-49-3.jpg

ブクラテス、死んだか…  トドメを刺せなくて残念、と思ってるのかも。

「おたけび山」の戦いに乱入して、己のプライドを最優先! ハヤテはそのプライドを逆用し…
22-49-4.jpg

今日こそお前をひざまずかせる! 敢えて挑発しました。 

致命傷を負って倒れる際も「胸の谷間」を強調し、最後の力を振り絞って立ち上がり…
22-49-5.jpg

疾風一陣、ティヤ! あぁぁぁ… あぁっ。。。 

「だっちゅーの」 (98年の「新語・流行語大賞」)のポーズで更に谷間を強調しました。
22-49-6.jpg

まだだ… まだ私は戦える。 死ね、あぁっ!

ハヤテは最後の一撃を敢えて受け、彼女は 「私の勝ちだ」 と言い残し果てました。

勿論「自分を倒す力はもう無い」と見切ったんでしょうが、 彼は 「敬意を払った」 ようです。

ゼイハブは最後の行動隊長バットバスが地球魔獣に喰われた報に動揺。 シェリンダ様の
戦死には更に動揺。 味方にも敵にも嫌われてる "真の悪女" でしたが、ゼイハブは本当に… 
22-49-7.jpg

何? うぅぅ、ぅぅぅぅ… シェリンダ! 悲しんでました。

ゼイハブには「ナイトアックス」は通じず「ダブル炎のたてがみ」からの流れで倒されたので、
ブクラテスのした事は「最終決戦までヒュウガ&リョウマを別行動させて盛り上げる為」でした。
でわ

P.S.
「その名はシェリンダ 」(歌:シェリンダ様(水谷ケイさん))。 放送当時「演技力」「運動神経」を…

指摘される事が多かったんですが、今の感覚だと「何て贅沢を言ってるんだ!?」ですね。
戦隊屈指のセクシーさ、悪辣さ、暴力性を誇る悪のヒロインをよくぞ演じて下さいました。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 特撮ヒーロー - ジャンル : テレビ・ラジオ

18:00  |  22.星獣

Comment

水谷ケイさん

ご無沙汰してます。

この当時はヒロインも悪の華もほぼ同年代で
アイドル冬の時代だった一方で90年代半ばは
同年代の特撮ヒロインに魅了され、
後半は地球の代わりに我が男としての
機能を征服され、大変お世話になった方々が
これでもかと登場されたある意味熱い時代でした。

水谷さんはほぼ同年代で同じく全盛期だった
その手の深夜番組でも他の女幹部と共に
規制ギリギリのところで文字通り
身体を張って大活躍されたのは印象深く、
AV女優では無かったのも勿論存じてます。

その後、あの及川さんがまさかの登場となりますが
やはりこの方ほどの露出や悪の華としての
憎たらしさやイキっぷり、じゃなくて
ヤられっぷりが拝めなかったのは
時代の流れと言うか、及川さん自身役者に向けて
動き始めていた頃でチョイと残念でしたね。
特撮最前線 |  2016.03.07(月) 20:28 | URL |  【編集】

そうですね…

ゴーオン放送当時「3年連続でAV女優を起用した事があった」
と事実に反する騒ぎ方をした記事を複数見かけました。
その時の記憶が残ってたので、本文でも敢えて触れてみました。

高寺さんは「ギンガマン」後「仮面ライダークウガ」(00~1)を
担当されてます。 戦隊の立て直しをした後で「平成仮面ライダー」
の礎を築いた、と言えます。 これは長くなるので本文では割愛しました。

高寺さんのインタビューで「戦隊でセクシー女優を起用した理由」について
「子供の頃に観た作品には、悪の組織に必ず "エロいお姉さん" が居たから」
的な趣旨の回答をされてました。 …いつの間にかマスコミはそういうのを
「何とかして叩こう」みたいな姿勢を見せるようになりました。

シンケン以降の顔出し女性幹部はエスケイプ様だけですが、
「ここまでやってくれるの!?」と思えるくらい満足出来ました。
でわ
珍来 |  2016.03.07(月) 23:16 | URL |  【編集】

放送当時はこんな格好なのでラストバトルは着ぐるみの怪人に化けると思ってました。
左の乳房を切られたり、ラストも谷間を見せつけるかのような倒れ方だったり、スタッフも水谷さんも確信犯でしょうね

唯一悔やまれるのは巨大化しなかったこと。シェリンダの性格を考えるとパルバンエキスを飲んでもおかしくなかったのですがね。
巨大娘好きとしてはシェリンダの巨大化は是非みたかったです。
コヒー |  2016.03.08(火) 15:39 | URL |  【編集】

こんばんわ、コヒーさん

近年の顔出し悪の幹部は「怪人態」になって
最期を迎える傾向が強くなってますね。 米国の
「どんな悪人でも人間の死亡はNG、人間でない事を強調すればOK」
を受けているのかも知れません。

シェリンダ様の「だっちゅーの」ポーズは前屈みで剣を重そうに
持つ事に必然性があるので、狙ったワケではないかも知れません。
最期の爆散シーンよりも優先して採り上げてしまいました。

高寺氏は73年(10~1歳の頃)に、小学館の雑誌が開催した
「ウルトラの母の想像図コンテスト」で優秀賞2名の1人に選ばれた
そうです。 また「マジンガーZ」の大ファンだったとか。
それなのに、ゾンネント様、シボレナ様、シェリンダ様の誰か一人でも
「顔出し女性幹部を巨大化させよう」という発想をされなかったんですね。
でわ
珍来 |  2016.03.08(火) 23:07 | URL |  【編集】

改めて見てみるとシェリンダってセクシーな恰好な反面、「女」の部分はあまり協調されていなかった気がしますね。もちろん深読みすれば船長との関係やハヤテとの関係も色々あったかもしれませんが、性格が男というか救いようのない「悪女」でもありましたね。

ちなみにあるイベントで第49章の台本を拝見したことがあったのですが、シェリンダの最期は展開が全然違っていました。台本ではハヤテが挑発する場面は一切ありませんでした。「お前を膝まづかせる!」と宣言したシェリンダでしたが、ハヤテに身体の下から斬り上げられて、それと同時に髪飾りが宙に舞い、ボロボロの状態で膝まづいてしまい無念のまま爆死・・・とかなり淡白な描写でした(おそらく現場で展開が変更されたのだと思います。しかし、水谷さんはこれにも納得してなかった様子です。)

あと、セクシー幹部は高寺氏の希望とのことですが、シェリンダの口元の左下にホクロがあるのはこだわりだったのかな?と思いました。(水谷さんにはホクロがない)
ギジロク |  2016.03.10(木) 00:17 | URL |  【編集】

ガオレンジャーのツエツエはオニヒメや装甲ツエツエなど
人間態じゃなくなっていた時期がありましたね
(どちらも最終的に元に戻りましたが)
彼女は1度ラセツへ尽くしたことが報われなかった最期を迎えましたね
一方で相棒のヤバイバとは強い絆があり
ヤバイバの手で復活した時には互いに喜び合っていましたね
kivaxtuto |  2016.03.10(木) 18:07 | URL |  【編集】

こんばんわ、ギジロクさん

次回の記事で私が初めて「真(ほんもの)の悪女」
と思った女性(実在の歴史上の人物)について書きます。

49話の台本ですか、それだったら本編の方が良いですね。
「だっちゅうの」は現場の判断なのか、私の深読みw なのか。

シェリンダ様にホクロがあった事、しかも「付けボクロ」なのは
先程確認しましたが、初めて知りました。
南野陽子さんは右下だし、誰の影響か分かりません。
高寺氏の希望… なんでしょうか。
でわ
珍来 |  2016.03.10(木) 23:03 | URL |  【編集】

お久しぶりです、kivaxtuto さん

あれは舞台のスケジュールの影響らしいです。
デュークオルグ・ツエツエ様はハイネスデュークに
生殺与奪を握られた存在ですが「創造主」ではないから
「父」「娘」の関係ではなく「ファザコン系」ではありませんね。
当然「王女・女王系」でも勿論「愛人系」でもない。。。

「悪のヒロイン」第4のタイプとして「中間管理職系」が抜けてましたw
考えてみれば「中間管理職系」の悪のヒロインは多数派と言えます。
…正直他の3タイプと比べると情けないww
でわ
珍来 |  2016.03.10(木) 23:14 | URL |  【編集】

シェリンダの最期は、まるでストーカーのごとく一途に思っていた男と結ばれてエクスタシーを感じて絶頂してイク、みたいな場面にも見えました。
セクシー系女優である水谷さんが演じたからこそ、そういった表情や声が滲み出たのかもしれないかな?
小脇 |  2016.03.11(金) 23:29 | URL |  【編集】

初めまして、小脇さん

コメントありがとうございます。
そういう「深読み」をしたくなる展開ですよね。
「やりたい事はやってしまう」高寺氏の意図的な演出によるモノか、
水谷さんから意図しなくても勝手に滲み出てくるモノw かは分かりません。

これから出かけるので他のコメントへのレスは日曜になります。
でわ
珍来 |  2016.03.12(土) 08:14 | URL |  【編集】

高寺さんがおっしゃる通り、
確かにエロい女幹部は必要ですよね。

昭和だとキメラに始まり、ネフェル、キリカ 。
平成になってからは今回のアダルト系トリオに加え、
風のシズカ、ケガレシア、メレ、エスケイプ。
それに高寺さんが手掛けたクウガでは
バラのタトゥーの女を始めとした
セクシーな人間体の方々。

子供の頃は恐い御姉様でしょうが
アニメで言えばヤッターマン2号より
ドロンジョ様の方が好きだったように
ヒロインはダメでも悪の華ならポロリのような
エロは許されると勝手に解釈した部分もあり、
大きくなるにつれてヒロイン以上に
そっち系の対象となった気がします。
特撮最前線 |  2016.03.12(土) 12:19 | URL |  【編集】

珍来様:
お久しぶりです。シェリンダの記事を作ってくださってとても嬉しくコメントさせていただきます。
中間管理職系の女幹部はガチで戦死してくれることが多いのでお気に入りが多いです。もうハイレグ姿の幹部が戦死してくれることはなさそうなのが本当に残念です。
放送当時最後はハヤテに恋愛感情持つのかなと思っていましたが、そうならなくてよかったです。今際に執念で一撃浴びせ戦士として散るものの、乳揺らして喘ぎながら向かって行く姿がまさに女というところがツボでした。最期ちょっとイッたぽいですし。
ギジロク様のコメントに「ハヤテに身体の下から斬り上げられて」とありましたが、そのシーンも見てみたかったです。ローアングルから真っ二つも素敵ではないでしょうか。
それでは。
奈々氏 |  2016.03.13(日) 16:03 | URL |  【編集】

こんばんわ、特撮最前線さん

「悪のヒロインの最期リスト」でもまとめたいですね。
勿論生き延びた方も多いですが、それも解説すると面白そう。
「王女」「愛人」「娘」と「中間管理職」w に分類するのも良いですね。

「ヤッターマン2号」は一度だけ服を剥かれて全裸になる回があって、
読売新聞の「放送塔」(読者投稿欄)で非難されてるのを観ました。
「再放送の番組に批判書くなよ」と思った記憶があります。
でわ
珍来 |  2016.03.14(月) 00:00 | URL |  【編集】

検索しましたが…

「nanashi」さんなら10年にコメントを頂いてます。
"中間管理職系の女幹部はガチで戦死してくれる"
「ゴーグルV」の「マズルカ」を思い出しました。
「ヘドリアン女王」は別として「姫」は「ダイナマン」の「キメラ様」から。
「愛人」「妹」もそれ以降なので「中間管理職」こそ原点ですね。

あくまで「乳」に拘ってくれた事がシェリンダ様の良い所です。
味方に対しても「善」が全く無く「悪」に徹してくれた事も好みですね。

脇の下から斬り上げは画になりますが、股の下からはどうかと。
でわ
珍来 |  2016.03.14(月) 00:10 | URL |  【編集】

本来ならば1年間ギンガグリーンとの関係を引っ張ってきたので、終盤のドタバタした展開のサイドストーリーじゃなく1話丸々使って戦いを描いて欲しかったですね。それこそグリーンを貶める為だけが目的となってしまい暴走してしまう(エスケイプのラストみたいな)展開とか。
シェリンダもバルバンエキスを飲むと確信して視聴してたのですがね(泣)流石にあの格好で巨大化も無茶なので、ビズネラみたいに強化怪人になると思ってました。

改めて水谷ケイさんのキャスティングが見事だったなと思いました。もちろんそのナイスバディを惜しげもなく露出してくれたのは当然ですが、顔つきが典型的な「悪女顔」なところが大きいです。ギルガメではイジリー岡田からよくニューハーフと弄られていてましたが(笑)
あと紫のアイラインが個人的にツボでした。
nec |  2016.03.14(月) 16:09 | URL |  【編集】

シェリンダはどうしても乳ばかり注目されがちですが、個人的は下半身の方が過激だとおもます。
そもそも今までヘソ出しの女幹部というのもいなかったと思いますし、あのハイレグパンツで蹴り技をやるのは危なすぎます。
実はある児童向け絵本のシェリンダの写真で、パンツから毛がはみ出しているやつがあったくらいですからね(笑)
因みに映像にはあまり映ってませんが、後ろはパンツが食い込んでTバックだったらしいです!
カレー |  2016.03.14(月) 20:58 | URL |  【編集】

こんばんわ、necさん

終盤までシェリンダ様には登場願いたいので難しい所です。

「悪女顔」は褒め言葉ではないでしょうが、ストレートで的確な表現です。
「紫のアイライン」はよくぞ踏み込んだ「グッジョブ!」と思えます。
でわ
珍来 |  2016.03.14(月) 22:29 | URL |  【編集】

こんばんわ、カレーさん

この記事は上半身を重視しました。
他の記事には下半身のアップ画像もあります。

その写真でしたら、何かの記事で貼りましたよ。
戦隊で最初の(ノーマル衣装で)「ヘソ出し女性幹部」って誰だろう。。。
シェリンダ様で良いのか自信がありません。
でわ
珍来 |  2016.03.14(月) 22:50 | URL |  【編集】

この時期は「寄せて上げるオッパイ」がブームでしたから、戦隊シリーズの特徴である時代のトレンドを上手く取り入れた事例かもしれませんね。

シェリンダはハヤテとライバル関係になりましたが、個人的には女の戦いが見てみたかったです。歴代のシリーズを見てもヒロインと女幹部の因縁対決ってあまりないかなと思います。思いつくのはメガイエロー対シボレナくらいかなと。
コヒー |  2016.03.15(火) 11:21 | URL |  【編集】

「寄せて上げるオッパイ」がブーム…
その時期はあまりテレビ観てなかったので、正直ピンと来ません。

戦隊の正悪ヒロインで何度も戦って最終決戦までした例は
「ダイナマン」の「ダイナピンク」「キメラ王女(女王)」くらいかな。
メガイエロー対シボレナは1~2回しか戦わなかったような。。。
そのくらいの頻度なら他にいくつもありますね。
でわ
珍来 |  2016.03.16(水) 00:08 | URL |  【編集】

当時は爆乳のイメージがありましたが、今見るとわりと普通な感じが....
エスケイプの乳揺れ走りのインパクトありましたし、もっとセクシーな女幹部だったイメージですが、わりとかっこいいタイプの女幹部だったのかなと記事を見て思いました。
ドンキ |  2016.03.17(木) 14:10 | URL |  【編集】

初めまして、ドンキさん

コメントありがとうございます。
衣装がエロくても、実際エロい場面があった
戦隊の悪のヒロインはほとんど居ませんね。


裸で水浴びしたキメラ王女、リゲルオーラを浴びた後で
「逝った」表情をしたアハメス様くらいでしょうか。
でわ
珍来 |  2016.03.17(木) 23:29 | URL |  【編集】

その名はシェリンダ
今聴くとこんなにカッコイイ曲だったんだと新鮮でした。
同じ時期に特撮に出演した加藤夏希さんがヒロイン集のDVD内でシェリンダについてセクシーで巨乳でいいなぁと水谷ケイさんに話していました。女の子からみるとまた違った印象なのかもしれませんね。
牛 |  2016.03.30(水) 00:31 | URL |  【編集】

加藤夏希さんは公称…
身長168cm、体重45kg、スリーサイズは83-58-85
背はもっとあるような… 巨乳ではない事は確かですね。

女性層は「一片の善も無い悪」を清々しいと思うらしいですよ。
漫画「女帝エカテリーナ」の感想を色々読んでいたら、
「ここまで来ると逆に憧れる」的な記述が多かったです。
でわ
珍来 |  2016.03.30(水) 19:08 | URL |  【編集】

シェリンダ役の水谷さんは、本作でアクションに挑戦したおかげで、初回と終盤では胸やお腹が引き締まり、足腰も筋肉質になったらしいです。
そのため衣装が微妙に変化していったらしく、よく見るとパンツの生地が変わってたり、胸もさらに寄せてあげてたらしいです。
ミドリ |  2016.03.31(木) 20:07 | URL |  【編集】

いつもコメントありがとうございます。

正直微妙な変化なので気付きませんでした。
でわ
珍来 |  2016.04.01(金) 19:31 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |