2016.06.05 (Sun)

誇りのイエロー

ゴーイエロー・巽ダイモン(大門)は巽家の男兄弟では一番歳下で地味な役回りが多いです。
23-10-1.jpg

今の僕の役目はどんなにカッコ悪くたって君を守り抜く事だ

第10話「誇りのイエロー」、第27話「イエロー戦線離脱」、第36話「奥義!竜巻落とし」を…
23-27-36.jpg

紹介します。 「病と闘う園児のヒーロー」の新聞記事も掲載します。

にほんブログ村 テレビブログへ人気ブログランキングへ

More・・・

歴史の記事を書いていて今更ながら感じた事は「短命な人物が多い」です。
日本で平均寿命が50歳を越えたのは昭和22年(1,947)なので、70年ほど前までは
「人生50年」でした。 多くの病魔を克服した「医学の進歩」が大きく貢献してます。
その幸せに気付くべきですが、今尚「突然病魔に襲われる」事は誰にでも起こり得ます。

ダイモンを演じた柴田賢志さんは「ゴーゴーファイブ」撮影終了間際に「脳腫瘍」が発覚!
ゴーイエロー
治療の為04年に芸能活動を休止、07年に芸能界を引退されました。 現在は「保育士」を
目指し 「再び子供達のヒーローになる事」 が次の目標だそうです。 


巽家は江戸時代以来の火消しの家系、5兄妹は "人の命を守る" 職業に就いてました。
23-10-2.jpg

それ僕が先に目を付けてたのに!  ダイモンは「努力家」ポジション。

「牛乳」が好物で「雪印牛乳」ばかり飲みます。 系列の「雪印食品」が「チャンジマン」から

「ガオレンジャー」まで17年間キャラクター食品のソーセージ・ウインナーを扱った関連です。

「雪印牛肉偽装事件」(01)で解散し「ハリケンジャー」以降は「プリマハム」に移管しました。

父・モンドは、子供達を勝手に「離職」(法的に無効)させて、ゴーゴーファイブにしました。
23-10-3.jpg

「優しさ」がお前の持ち味だ  「司令官」兼「精神的アドバイザー」。

サイドカー型マシン「コマンドアタッカー」の「アタッカークラッシュ」でバイク対決を制しました。

第10話は初の主役回で巽家に産まれた "誇り" を感じさせますが、第27話では対照的に
「ブイマシンガン」の流れ弾が隠れてた子供・克哉に当ってしまう、非常に重いお話でした。
23-27-1a.jpg

見えてたのに。。。  巽家に産まれた "運命" から逃げようとします。

「刑事ドラマ」では "銃を持つ怖さ" がよく描かれました。 「ゴーゴーブレス」を手放します。
23-27-2a.jpg

自分で立つしか…  僕はそんなに強くない!!

「そっとしておく」そんなんで良いのかよ マトイ兄ぃは心を鬼にします。
23-27-3a.jpg

僕にはもう戦う「資格」なんか…   「資格」?

馬鹿野郎、そんなモン誰も持ってねぇんだよ!


あるのは「責任」だけだ! 今戦わなかったら立ち上がれない弟への言葉。
23-27-4b.jpg

俺は励まさねぇぞ、慰めるつもりもねぇ。 自分

の責任は自分で取れ、立ち上がって来い!!


そうしたら俺達は幾らでも支えてやる! 本作一と評される名場面です。

コメントで指摘されるかも知れないので先に言えば柴田さんは5人の中で最も年長でした。


「雪印集団食中毒事件」 (00)に触れないワケには行かないので先に済まします。
近畿を中心に14,780人の被害者が発生した戦後最大の集団食中毒事件で社長は引責辞任。

グループ全体の経営が悪化し、更に「BSE(牛海綿状脳症)問題」が追い打ちを掛けました。

前述の「雪印牛肉偽装事件」(01)は "外国産牛肉を国内産と偽る" という "補助金詐欺"。
取引先の "内部告発" で発覚し "不買運動" が発生するなど日本の食品業界を根底から
揺るがしました。  その後「雪印乳業」は11年に「雪印メグミルク」へ吸収合併されました。

20年、1,015回で打ち切られた一社提供「料理バンザイ!」(82~02)で放送されたCM。
「山一證券、北海道拓殖銀行の倒産」(97)ともあわせ、戦後のバブル経済まで絶対的に
信奉されてきた「一流企業」ブランドに対する信頼が崩れ落ちた事を象徴する事件でした。


第36話でダイモンは元警察学校先生「番田一徹」を越えました。 所謂「師匠越え」のお話。
23-36-1.jpg

師匠! 「格闘技サイマ獣スパルタン」に「真空竜巻落とし」を授けてしまいます。

ダイモンはスパルタンに「キン肉ドライバー?」を掛けられますが、不屈の闘志で立ち上がる。
23-36-2.jpg

ハィーッ! う~ん、パワー全開ィ!! 牛乳パワー。

現在20歳以下の方々は「雪印乳業」の "青いパッケージ" を知らないんですね。
23-36-3.jpg

「牛乳竜巻落とし」!!! 越えたのか? 頭から落とした方が…

変身出来る状況で敢えて変身せず怪人に立ち向かうお話はいくつかありますが、どれも
勝ち切ってはいません。 「変身する事を楽しみで観てる」児童も多いので仕方無いです。

柴田さんは「救急戦隊ゴーゴーファイブ 激突!新たなる超戦士」(99)、「VSギンガマン」(00)、
「VSタイムレンジャー」、「百獣戦隊ガオレンジャーVSスーパー戦隊」(01)と "4作連続" で
スーパー戦隊Vシネマに出演された唯一の俳優です。 特に4作目では "技の戦士代表" で
ガオブルー・鮫津海に「自分の心の弱さに負けない」事と「牛乳竜巻落とし」を伝授しました。

<強引に追加>「牛乳竜巻落とし」が使われたカオスなプリキュアMAD。 違う「ミント」も登場w

柴田さんは自身のブログで「2,016年1月末まで就労継続支援A型(雇用型)事業所
「株式会社まちふく」に勤務後、横浜市内の幼稚園のスタッフに就職した」と明かされました。
でわ

P.S.
近年「平均寿命」が飛躍的に伸びた要因は「医学の進歩」と「産業の発達」が挙げられます。
豊かになった事、栄養状態が良くなった事が大きいのです。 …しかし以前からあったのかも
知れませんが、90年代末のデフレ元年から "食品偽装事件" が頻発しました。
「輸送業界」がずっと厳しいと聞きますし現在 "燃費偽装事件" が騒がれてます。
長く続いたデフレによって日本の「(命の)安全」が大きく脅かされてるのかも知れません。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 特撮ヒーロー - ジャンル : テレビ・ラジオ

15:00  |  23.救急

Comment

誇りのイエローや奥義!竜巻落としを担当したのは
プリキュアだとドキドキ!プリキュアで構成を務めた山口亮太さんですが
少年物や熱血物を売りとしている山口さんの作風に
ダイモンのキャラがあってたって感じですかね

それと牛乳竜巻き落としは山口亮太さんも参加していた
Gガンダムのようなノリだったことを本人も認めていましたね
kivaxtuto |  2016.06.06(月) 18:21 | URL |  【編集】

山口亮太さんは近年は「ドキドキ!プリキュア」(13~4)の
シリーズ構成もされてますね。 「タイムレンジャー」では
Case File 45「終末!TR」が特に印象的でした。

「イエロー戦線離脱」の脚本は小林靖子さんでした。
雪印の社長「寝てない!」と好対照になったと思います。
山一證券は「社員は悪くない!」と訴えてました。

次回の記事は「声優」関係で以前からまとめてみたかった事です。
でわ
珍来 |  2016.06.06(月) 22:27 | URL |  【編集】

確かにダイモンは力持ちの男イエローでしたね。
マイベイ |  2016.06.13(月) 00:57 | URL |  【編集】

大食漢の力持ちで相撲が得意。
射撃の名手だそうです。
ギンガブルーの関係で「技の戦士」になったかも知れません。
でわ
珍来 |  2016.06.13(月) 01:15 | URL |  【編集】

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
 |  2016.06.17(金) 18:35 |  |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |