2016.09.11 (Sun)

襲来!!1999

4人を颯爽と助けた謎の赤い戦士は「一体貴方は誰なの?」と問われ答えます。
19-1-1.jpg

超力戦隊オーレンジャー所属  隊長:オーレッド! 

西暦1999年・東京、ある日の正午に巨大戦艦「バラクティカ」が襲来、人々は恐怖しました。
19-1-2.jpg
「戦隊史上最高の第1話」 と言われる第1話「襲来!!1999」を紹介します。

1995年(平成7年)3月20日午前8時に起きた 「忌まわしい大事件」

について。 今まで触れる事を避けてましたが 「それではいけない!」 と感じました。
にほんブログ村 テレビブログへ人気ブログランキングへ

More・・・

今年の成人式で新成人(95年4月2日~96年4月1日生)に「オウム事件を知ってる?」と質問し
「知らない」「全然分からない」と答えた映像を集めたVTRを観て、出演者達が
「これだから "ゆとり" はw」 と嘲笑する非常に不愉快な番組を観てしまった事があります。

「ゆとり教育を許した自分達を…」は置いといて、全世界に衝撃を与えた口にするのも憚られる
忌まわしい大事件なので、後の世代に伝える事を避けていた、は紛れも無い事実でしょう。
…管理人の筆力では到底解説し切れないので、表面的に触れる、である事を御容赦下さい。


「松本サリン事件」(94.6/27~8)は「戦争状態にない国で科学兵器クラスの毒物が一般市民に
対して無差別に使用された世界初の事例」であり「冤罪未遂事件」「報道被害事件」でした。

オウム「3大事件」の一つ。 「観返すのが辛い、怖い」方はムリに御覧にならないで下さい。

93年までは「バブル崩壊」に楽観的な見解がありましたが、94年になると重大さが認識され

「阪神・淡路大震災」 (95.1/17) により95年は重苦しい雰囲気に包まれ
「この年から日本は悪くなった」「安全神話が崩壊した」とされる "禁忌の年" になりました。


「オーレンジャー」は「スーパー戦隊シリーズ20周年記念作品」として鳴り物入りで開始!
「U.A」(United Air Force. 国際空軍)の「司令官」役は「レッドマスク ・タケル」海津 亮介さん。
19-1-3.jpg

遂に東京が襲撃を受けた! 第1話だけの出演なのが惜しい。

「特別部隊」に決定した4名は「サンダーウィング」2機で到着予定ですが「敵」と遭遇&交戦。
19-1-4.jpg

地球を貴様らに渡してたまるか! メンバーは「職業軍人」。

ぶっ潰してやる! サブ視聴者「男性層」は歓喜し、大いに期待しました。

戦闘機「タコンパス」(歩行形態にも変形)3機中1機を撃墜しますが、2機とも撃墜されます。
UA大尉「星野 吾郎」は特別部隊の名を明かし「隊長」として「部下」達の救援を買って出る!
19-1-5.jpg

彼らは既にオーレンジャーのメンバーですから

4人は初回からアクション&スタントの連続! シリーズで最も撮影が過酷な第1話かも。
19-1-6.jpg

冗談じゃないぞ! 話が全く通じない敵、ハードな作風を期待させます。

日本アルプスの地下にある「オーレンジャー基地」にやって来た吾郎はサングラスを取る!
19-1-7.jpg
演じる「宍戸 勝(現:マサル)」さんは183cmのガタイ。 厳しく危機感に満ちた表情で出撃!!

逃れたように見えた4人は「歴代最強の戦闘員」と言われる「バーロ兵」軍団に襲われます。
19-1-8.jpg

後ろ、後ろ~!! おりゃーっ!! インパクトがありました。

「三浦 尚之」参謀長役は「アオレンジャー」宮内 洋さん。 終盤で「バーロ兵」を素手で倒す。
19-1-9.jpg

敵は月面に基地を造ってる事が分かった

「マシン帝国バラノイア」の「皇帝バッカスフンド」(声:大平 透(16.4/12満86歳没)さん)は
第40話で「皇子ブルドント」を「皇帝カイザーブルドント」として復活させ機能停止しました。
19-1-10.jpg

マシンは永久に死なない  矛盾してますが「敵の世代交代」は

当初からの予定と思われます。 そうじゃなかったら「皇子」なんて出す必要がないです。
「ギャグ化」も当初からの予定? しかし終盤で敵の方だけはシリアスさを取り戻しました。

吾郎は「レッドジェッター」で降り立ち「タコンパス」1機を撃破して初回でレッドだけ変身します。
19-1-11.jpg

超力変身! 「第1話だけに限れば歴代で最もカッコ良いレッド」と囁かれます。

「バラドリル」を「タコンパス」と同士撃ちさせ「スターライザー」でトドメ! 「バーロ兵」の槍で…
19-1-12.jpg

俺達も戦うぞ! オーッ 4人も最後のタコンパスを撃破。

OPでも隊長が単独で4人が2人ずつ分割で紹介など「レッド」が主人公が徹底されてます。

当時の「男性層」には「期待するなと言う方がムリ」なほどのハードな展開が予想されました。
19-2-a.jpg
第1話は3/3、第2話「集結!!超力戦隊」は3/10放送。 その10日後の20日に忌まわしい…

「地下鉄サリン事件」  が発生しました。 同時多発テロ事件で戦後…

最大級の無差別殺人事件。 3月22日に、警視庁は「オウム真理教」に対する強制捜査を

実施しました。 …比較的ソフトな映像を選びましたが「辛い、怖い」方は観ないで下さい。

①「オウム事件」で「ギャグ路線」転向を余儀なくされた

と語られる事が多いですが ②当初からの予定 という関係者の証言もあります。

第1話のテンションを1年続けられるか? 制作費的にもマンパワー的にも、と考えれば②は
信憑性が高いと言えます。 しかし、現在40歳前後の世代はどうしても①を信じたいでしょう。 

「本当のオーレンジャーが観たかった」 と夢見る事が出来るからです。

オーレンジャーの平均視聴率は4.5%と奮いませんでした。 これは裏の「オウム報道」の
影響でしょう。 しかし売上は151億円を記録し、メイン視聴者「男児層」に支持されました。
もし「本当のオーレンジャー」が放送されたら、サブに大絶賛されたとしても、メインの
支持を得られず売上は奮わなかったでしょう。 …そう考えれば、やはり②の方が。。。
「オウム事件」は関係なく、放送されたのが「本当のオーレンジャー」ではないでしょうか?

「オーレンジャーがオウム事件と共に語られる」 事が多い理由は

「②はつまらないから①を信じたい」 心理に依るモノが大きいのかも。
でわ

P.S.
「坂本堤弁護士一家殺害事件」(89.11/4)は「神奈川県警察」が「事件性無し」として、
捜査を行わず。 95年9月に実行犯の一人が自供して犯行が明るみにでました。

オウム「3大事件」の一つ。 「TBSビデオ問題」(89.10/26)が発端になった可能性が高く、
「報道倫理」「マスメディアの信頼回復」が叫ばれました。  …管理人が95年から
10年ほど "テレビ離れ" した要因の一つは「オウム報道にイヤ気が差した」事ですね。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 特撮ヒーロー - ジャンル : テレビ・ラジオ

08:30  |  19.超力

Comment

まだオウム事件が起きる前に作られた話で既に「コメディ」や
「戦争中なのにこんなことしてる場合?」って的な要素はあったと思います

企画段階の「古代戦隊ナゾレンジャー」のファンタジー要素を
中途半端に引き継いでしまったのですかね~
kivaxtuto |  2016.09.11(日) 11:13 | URL |  【編集】

そうですね…

第3話から敵の侵略のスケールが小さくなってますが、
「ゲリラ的作戦」と解釈する事が出来ます。
第4話 「怪奇!! 鉄人パパ」は3/24放送ですが、
既に怪しくなってますw 路線変更は間に合わないでしょう。

イベントなどで「オウム事件の影響で…」と話すと
参加者達は「残念、悲しい事だ」と納得して大満足するでしょうが、
「第1話のテンションで1年出来るワケないじゃない。
大体、男児層が置き去りになるからスポンサーが許さない。
ギャグ路線は最初からの予定」と身も蓋も無い事を話すと
「これじゃない。。。」とガッカリ&ションボリするでしょうね。

実際の所、私としては②が真相ではないか、と思ってます。
でわ
珍来 |  2016.09.11(日) 12:44 | URL |  【編集】

個人的には第1話も好きではなかったのですが…

特にキャラの魅力と言う点で個性にテンプレ的なモノを感じてしまい、
今イチハマれませんでした。
女性陣の「ギャーギャーうるさい女!!」とかも印象最悪でしたし。

数年前に個人的にスーパー戦隊のランキングを作った事が有りましたが
(未発表ですが)その暫定版でもオーレンはファイブマンと最下位を争う
有様でした。

まぁ2話以降殆ど出てこないサンダーウイングや敵方のタコンパス等は
割と良かったと思いますが、問題はやはりキャラクターの方にあり、
三浦参謀長もレスキューポリスシリーズの正木本部長に比べると
かなり地味でした。

ちなみにランキングを作る際に「前作補正」や「アニバーサリー補正」
と言った要素も加味してたのですが、それも後半で盛り返した
「カクレンジャー」によりかなり残念な事に…

あと、路線変更でハードでシリアスな展開が台無しになったと言えば
むしろその前年にやってたメタルヒーローの「ブルースワット」の方が
印象深いです。敵は小規模でも第1話で味方側の組織が壊滅してましたし
リアルな装備の実弾兵器で格好良かったのに後半で超越的な存在が
出てきてからは敵もショボくなってしまい…
結構好きだったので似たような雰囲気のゴーバスターズもゴーカイの
後番にしては比較的高評価なのですよ。

ちなみにオウム事件の影響を直接受けたのはオーレンジャーと同年の
「重甲ビーファイター」の方かも知れません。とはいっても昆虫の
精霊の長の名前が「導師グル」だったため呼び方が変わった位の物
でしたが。
堀川廉 |  2016.09.12(月) 00:12 | URL |  【編集】

隊長という

ポジションでレッドがメンバーと上下関係があるわからせる
というのは昔の戦隊を意識してってことなんですかね

昔の戦隊は上下関係を出すためかメンバーのリーダーで
年齢もメンバーでも年長者になりがちなレッドが
メンバーからさん付けされるケースが度々見られました
(まぁオーレンジャーと違いサブリーダー辺りはレッドを呼び捨てにしたり
サブリーダーもメンバーから敬称をつけられたりしてましたが)
フラッシュマンからリーダーでもみんなから呼び捨てにされる
ケースも出てきましたが
kivaxtuto |  2016.09.12(月) 13:29 | URL |  【編集】

戦隊の節目の時には国家規模の大事件が起きますね・・・。

40年に渡る戦隊の歴史で節目となる作品の時に限って大災害や大事件が起きてますね、戦隊10周年記念の『超獣戦隊ライブマン』の時には昭和天皇崩御、戦隊20周年記念の『超力戦隊オーレンジャー』の時は阪神淡路大震災と地下鉄サリン事件、戦隊25作目記念の『百獣戦隊ガオレンジャー』の時はアメリカ同時多発テロ、戦隊35作目記念の『海賊戦隊ゴーカイジャー』の時は東日本大震災、そして今年の戦隊40作目記念の『動物戦隊ジュウオウジャー』では熊本地震と偶然とは言い難い国家規模の大事件や大災害が起きています、戦隊としては大きな喜びになるはずが現実は悲惨な出来事が起きて来ましたので喜びになれない部分もありました、『オーレンジャー』が放映された1995年にのちに社会現象となる『新世紀エヴァンゲリオン』が放映開始となりましたので1995年は暗い出来事ばかりでは無かったですね・・・。
あさばよしゆき |  2016.09.12(月) 15:22 | URL |  【編集】

戦隊4000回

 オーレンジャーで平成のゴレンジャーとして意識したんでしょうが?確かにゴーゴーVやゴーカイジャーにも意識していましたし平成のゴレンジャーにはオーレンジャーに近いと思います。オウム事件の影響なければもっと評価したかもしれません。昨日はジュウオウでの「戦隊2000回」記念が放送しましたけど。戦隊が40年を続くなんで長寿番組へ成長した凄いことです。アカレンジャーやスーパーライブロボなど数々要素として登場した物を見て記憶に残ります。
隠れ戦隊ファン |  2016.09.12(月) 18:22 | URL |  【編集】

お久しぶりです、堀川廉 さん

あのやり取りでWヒロインの印象が強くなったんですが。
まだ変身出来ない4人は必死でサバイバル、隊長は初陣で
敵の力も分からない、だが絶対に負けられない …それだけの
単純明快な展開ですが「戦隊最高の第1話」には個人的に同意です。

本放送で第9話までは観ましたが、第10話「参上 泥棒だヨン」
を聞いたら、何だか辛くなって観なくなった記憶があります。

「レイアース」にも「グル」と呼ばれるキャラが居ますが、
あちらは事件の前だったのでセーフでしたね。
でわ
珍来 |  2016.09.13(火) 03:59 | URL |  【編集】

「赤が絶対的リーダー」=「昔の戦隊」は誤りですね。
近年でも「チーフ」「殿」「キャプテン(船長)」などの例が
ありますから。 リーダーではない、何となくリーダーなどと
変化を出す為に意図的に毎年変えている、ように思えます。
でわ
珍来 |  2016.09.13(火) 04:04 | URL |  【編集】

お久しぶりです、あさばよしゆき さん

3/20前後に書くべき記事でしたが、何となく出来ませんでした。
「世界が悪い方向に進んだ」「終わりの無いテロとの戦いの始まり」
と言われる「米同時多発テロ」から15年目の日、になったのは偶然です。

95年生の方にとっては「自分が産まれた年が悪く言われてる」
事はショックだと思います。 …探せば良い事もあったでしょう。

個人的に「エヴァ」は「意図的に打ち切り的トンデモ最終回にした」
形跡が感じられるので「好きでない」「評価無し」の作品です。
でわ
珍来 |  2016.09.13(火) 04:14 | URL |  【編集】

お久しぶりです、隠れ戦隊ファンさん

戦隊4,000回というと2,036年、80th戦隊辺りですか…
その頃まで「地上波の毎週30分児童向け作品」
自体が続いているのかどうか。。。

ちなみに1000回は「カーレンジャー」第20話「試乗最高の名車!!」です。

①「オウム事件の影響で路線変更があった」説に対して
②「影響はほとんどない、当初からの予定」説の方が
信憑性が高い、と記事に書きましたが、どう考えようと自由です。

「②はつまらない、面白いから①」でも個人の自由ですね。
でわ
珍来 |  2016.09.13(火) 04:25 | URL |  【編集】

「チーフ」や「殿」の場合は
下の立場の者として接するのは
サブリーダー存在立場のものだったので
少し違う(変化を加えてる)かなと思ってました
kivaxtuto |  2016.09.13(火) 12:34 | URL |  【編集】

何と答えて良いのか分かりません。
それに個人的には
「赤が絶対的リーダー」⇒「昔の戦隊だ!」
という論理に全く興味が持てません。
それってそんなに重要な事なの? って思います。
他に見るべき事がたくさんあるように感じられます。
でわ
珍来 |  2016.09.13(火) 21:46 | URL |  【編集】

戦隊シリーズの入門編作品はこれですね

確かにオーレンジャーは自分ら世代(1990年代前半生まれ)には共感できるくらいの作品です。スーパー戦隊で初心者に見てほしいおすすめの入門編的作品の1つだと思います。
後に出てくるキングレンジャーの初めて出てくる回が記憶に残っています。
佐倉ユウ |  2016.09.18(日) 20:46 | URL |  【編集】

お久しぶりです、佐倉ユウさん

90年代前半生まれの方にとっては、おそらく
「オウム事件とは全く関係無い作品」なのでしょう。
結び付けられる事を大変嫌ってる方も多いかも知れません。

売上が大変良かった事も直撃世代が共感した証拠の一つでしょう。

キングレンジャーですか、正直個人的に「ケリス様」が
3話のみの登場だった事が非常に勿体無かったです。
でわ

珍来 |  2016.09.18(日) 21:59 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |