2016.10.16 (Sun)

ギャンギャン!お見合い問答無用

ゲキイエロー・ラン(大地主の一人娘)の母「伶子」役で「美保 純」さんがゲスト出演されました。
31-37-1.jpg

私まだ結婚なんて…  問答無用!!!弩迫力の母。

31-37-2.jpg

宇崎家の決定事項です。初めて戦隊ヒロインがお見合いしたお話。

31-37-3.jpg

この母を倒してから行きなさい!! どう説得したんだろ?

「戦隊のタブー」について、修行その37「ギャンギャン!お見合い問答無用」を紹介します。
にほんブログ村 テレビブログへ人気ブログランキングへ

More・・・

「お見合い」 を管理人はした事がありません。 周囲でもそういう話は聞かないです。
「後継」がどうしても欲しい「名家」(旧家)でもない限り、昔ながらの見合いはしないのでは。

近年は「結婚相談所」などが主催する「集団見合い」的なモノが主流になってるようです。
「男性の場合、安定した収入が求められ…」あります。 管理人の同僚は皆ありますが、
7割超結婚してません。 …個人的に「養ってくれ」的な女性にはワザワザ会いたくもない

「養ってあげる!」 的な女性には興味があるので是非お会いしたい。


「鳥人戦隊ジェットマン」(91~2)第7話「竜の結婚!?」で「レッドホーク」天堂 竜が初の…
15-7-1p.jpg
「お見合いをした戦隊ヒーロー」になりました。 祖母・絹代が上京して縁談を持って来ます。

80年代ドラマでは「お見合いをブチ壊すお話」はよくありましたが、90年代で既に古臭い感じ。
15-7-2p.jpg

あんな危ないマネは2度とさせん! 「正義の味方」を…

「本気でやめさせる」つもりと思いきや、大量の縁談を持って来た、というオチ。 戦隊では…


「戦いをやめさせようとする肉親」 は30年以上も登場しませんでした。
説得が非常に困難で "正義の味方は可哀想" になってしまうから登場させなかったのです。

<追加>2例目は…
「救急戦隊ゴーゴーファイブ」(99~00)第37話「美女とサイマ獣」の「ゴーレッド」巽マトイ。
相手は「乾家」の一人娘・つぐみ(演:石橋けいさん(「シュシュトリアン」(93)の月子))でした。

23-37-1pp.jpg

いざと言う時の覚悟は出来てるつもりです。


事情が分かってるので是非「巽家」の嫁になって「追加戦士」になって欲しかったのですが、
ゲスト出演なのでムリヤリ終わらせた感がアリアリ。 次が「変身メンバー」では3例目です。


「ワザと相手に嫌われる事をするが、却って相手に好かれる」は見合い話の定跡の一つ。 
31-37-4.jpg

何て… ステキなんだ~っ えぇ~っ

「4股掛けてる」ウソは母にすぐバレる。 ゲキレッド・漢堂ジャンを演じた「鈴木裕樹」さんの…
31-37-5.jpg

俺とケッコンコーン♪ 演技力は高く「野生児」を見事に演じ切りました。

しかし「心が幼いレッド」に違和感を感じた「男性層」は多かったようです。 「男児層」でも
「大人が子供みたいな言動」に抵抗を感じた子は多かったのではないか、と思われます。
「樹海で虎に育てられたから」と割り切れない人も多かった。 …方向性の問題ですね。

漫画やアニメなら抵抗無く見られます。 例えば「ドラゴンボール」の「孫悟空」は全然OK。
しかし、実写は、戦隊ではそうは行かない。 「野生児レッド」 は賛否両論でした。

回想シーン。 ランちゃんは「マスター・シャーフー」との出会いで「獣拳」の道を選びました。
…その時のお話もやって欲しいけど、彼女の身の上が語られたのは唯一このお話だけ。
31-37-6.jpg

私も誰かの為に生きてみたいと思ったのです 

伶子は「薙刀」(腕力不足を技量でカバー出来るので古来より女性の武芸とされた)を嗜み、
一般人としては非常に強いようですが、今のランちゃんには「強さ」的には全く怖くない相手。
…まぁ自分の方が圧倒的に強くなっても「母に手を上げる」なんて(フツウ)出来ませんよね。

目の前で「スーパーゲキイエロー」に変身すると、伶子はワケが分からなくて当然怯えます。
31-37-7.jpg

母は行きません  問答無用!!! ちゃんと説明を…

激獣レオパルド拳の使い手「真咲美希」(演:伊藤かずえ)さんがフォローしましたが…
31-37-8.jpg

大変な… 大切で大事な事をしています。

あんなに大人しくて引っ込み思案だったあの子

が信じられない!
  …これで説得されるのは「モノ分かり良過ぎ」でしょう。

母は娘が人々の為に "命懸けの戦い" をしてる事を知ったのに、やめさせようとしません。
31-37-9.jpg

貴女の好きな道を思う存分行きなさい!

第37話になって「こんな危険な事はやめなさい!」と "正論" を吐かれても困りますが。

その後の作品で「戦いをやめさせようとする肉親」がゲスト出演とセミレギュラーになった
事があったので今後の記事で触れます。 「戦隊として正しかったかどうか」は不明です。

「男だけになっちゃう」という理由でランちゃんの見合いを潰そうとしたヒーロー達は正直…
31-37-10.jpg

男だけ! これはかなりむさ苦しい  カッコ良くなかった。

本作は敵側のリオメレの恋愛が「主」で正側がコメディー「従」でした。 これもどうかと。。。
でわ

P.S.
美保純さんは20歳で「日活ロマンポルノ」(71~88)の「制服処女のいたみ」(81)でデビュー。
「ピンクのカーテン」(82)などで「ブルーリボン賞・新人賞」「日本アカデミー賞・新人俳優賞」

と演技力を評価されて大ブレイクして、日清食品「焼そばUFO」でテレビCM出演されました。

当時、日活ロマンポルノでデビューした女優がCM出演することは珍しかったそうです。

管理人は85年にデビューした「斉藤由貴」さんのファンになり、初めてアイドルに興味を持ち
芸能人の名前を覚えるようになりました。 NHK朝ドラ「はね駒」(86)が観たいという理由で…
(ジュリー・沢田研二さんくらいは知ってましたが84年まで芸能人の名前を覚える気ゼロでした)

我が家では「ビデオデッキ」を購入しました。 この作品に美保さんがレギュラー出演され

ポルノ女優が朝ドラに出るな! という意見もありました。

その前後の「管理人の思い出話」と「このブログの基準」について次回の記事で書きます。

美保さんは映画「男はつらいよ 柴又より愛をこめて」(85)や映画「キネマの天地」(86)の
演技が高く評価されて「日本アカデミー賞・助演女優賞」(87)に輝いた実力派女優です。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 特撮ヒーロー - ジャンル : テレビ・ラジオ

11:00  |  31.獣拳

Comment

ゲキレンジャーは……

 ゲキレンジャーは、管理人の言う通り「敵味方の主従が逆転している」のはいただけませんが、ストーリーはかなり書き込まれていて好きだった所もありました。

 この回が放送された頃は、「ランのお見合いの話(この回)」「レツの鏡の話」「真咲美希の親子の話」と、各々の戦隊メンバーの「家族」に焦点を当てた話を次々と流しています。これら家族の話を畳みかけて、最後に「天涯孤独で、父親ダンの激気魂・スウグと戦わなければならない」ジャンの話に持っていったのは、実に心憎いと思いました。
にっしー |  2016.10.17(月) 01:27 | URL |  【編集】

お久しぶりです、にっしーさん

「子供は正側、大人は敵側を観て下さい」という思惑で
「敵側が主、正側が従」になってましたが、ストーリは緻密でした。

娘の為に「ギャンギャン」だった伶子がホワホワになって
母を知らないジャンを男3人が抱き締めるオチは良かったのですが、
「男だけになっちゃう」という理由で、ヒロインのお見合いを
潰そうとするヒーロー達は「カッコ良いとは言えない」でしょうね。

次のお話はレツを演じた高木万平さんの双子の弟・心平さんが
出演されてました。 それにジャンの父・ダンは大葉健二さん
でしたね。 かずえファン大満足の回もありました。

見所いっぱい、評価出来る所もいっぱい、それなのに
肝心な所を外してる感じがする、個人的にゲキはそういう作品ですね。
でわ
珍来 |  2016.10.17(月) 23:32 | URL |  【編集】

確かにジャンのような野生児レッドは特撮にはあいませんでしたね私の中でも。
マイベイ |  2016.11.18(金) 00:21 | URL |  【編集】

「樹海で虎に育てられたから」当然と
受け容れらえる方も居れば「絶対不可」な方も居ました。
アニメならOKだけど実写では難しいです。

ただ演じられた鈴木さんは一切ブレる事無く
好演されてた、としか言い様がありません。
でわ
珍来 |  2016.11.20(日) 10:44 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |